(画像:NETMONEY編集部)

FX取引には、少ない資金でより大きな額の取引ができるレバレッジという手法があります。レバレッジはFX取引の魅力であり、うまく活用できれば、資金効率が上がり、利益を得やすくなるでしょう。

この記事では、レバレッジと保証金の関係やFX会社ごとのレバレッジを比較して解説します。

目次
  1. FXにおけるレバレッジとは
    1. 証拠金維持率の計算式
    2. 必要証拠金の計算率
  2. FXでレバレッジ設定できる会社2選
    1. 選べるレバレッジが魅力「MATSUI FX」
    2. 初心者に優しいレバレッジ「SBI FXトレード」
  3. FXレバレッジ 取引のポイント
    1. ポジションを持ちすぎない
    2. 証拠金は多めに預ける
    3. 実行レバレッジに気を付けてリスクを抑えよう
  4. FXレバレッジの倍率について
    1. FXレバレッジ1倍とは
    2. FXレバレッジは最大何倍までか
    3. 実行レバレッジに気を付けてリスクを抑えよう
  5. 条件別でFX会社を比較
  6. FXに関するよくある質問

FXにおけるレバレッジとは

FX,レバレッジ,比較
(画像:NETMONEY編集部))

FX取引では、レバレッジをかけることで、預けた資金以上の取引を行うことができます。

FX取引は、最初に取引会社へ自分のお金を証拠金として預け入れし、レバレッジをかけることで証拠金の数倍から数十倍の金額の取引ができます。

例えば、資金(証拠金)10万円にレバレッジ25倍をかけると、250万円の資金で取引が可能です。

レバレッジ1倍(レバレッジなし)の場合、米ドルやユーロの通貨ペアなら100万円以上用意が必要ですが、レバレッジをかけることで、少ない資金から始めることができます。

しかし、便利な仕組みであるレバレッジにも注意が必要です。レバレッジをかけると、利益が大きくなる分、損をした際の損失も大きくなります。

損失の拡大を防ぐための「強制ロスカット」という強制決済もあるため、レバレッジのかけすぎには注意が必要です。

まだFX取引に慣れていない段階であれば、少額でレバレッジを低く設定し、リスクを十分にコントロールできるようになってから徐々にレバレッジを引き上げていくようにしましょう。

証拠金維持率の計算式

FX証拠金維持率計算
(画像:NETMONEY編集部)

どのFX会社でも新規売買をする際に、通貨ペアごとに決められた必要証拠金を納める必要があります。

必要証拠金の金額は、通貨の売買に必要な金額とレバレッジの倍率を使った計算式で確認できます。

必要証拠金の計算式

必要証拠金の計算式
  • 売買に必要な金額÷レバレッジ
    売買に必要な金額=外国為替レート×数量(Lot)

必要証拠金の計算は「売買に必要な金額÷レバレッジ(倍)」で求めることができます。

例えば、1米ドルが100円のときに、レバレッジを25倍として1万通貨を売買する際の必要証拠金は、「100円×1万通貨÷25倍」です。

つまり、必要証拠金の金額は4万円となり、これが必要最低限の金額となります。

最低取引単位が1通貨単位である松井FXは、証拠金約5円から取引可能です。

例:ドル/円 1ドル=109円で換算した場合
1通貨単位約5円※1
もちろん1,000通貨、1万通貨でもお取引可能です。

※1 スタンダード25倍コース(レバレッジ25倍 証拠金4% 個人顧客 )の場合。
引用元:MATSUI FX

FXでレバレッジ設定できる会社2選

選べるレバレッジが魅力「MATSUI FX」

松井FXレバレッジ
引用元:MATSUI FX

松井証券が運営する MATSUI FXは、国内でも有数のFX会社です。業界最狭水準のスプレッドや充実したサポート、豊富な機能を備えた取引ツールがあります。

しかし、なんといっても「レバレッジ」という観点で注目すべきは、MATSUI FXはレバレッジ率を1倍(レバレッジなし)から25倍まで選べることです。

SBI FXトレードも積立FXで、レバレッジを選べますが、1~3倍までだったり、対応通貨ペアが限られていたりするので、レバレッジを柔軟にカスタマイズできるのはMATSUI FXの魅力です。

口コミ

30代男性FX歴:3年~4年

5

サポート体制が充実しています。もちろん24時間対応可です。サイト内のヘルプページも見やすくわかりやすいので困った時にも安心です。なにより100円からトレードがスタートできるのでとても気軽な気持ちで勉強しながら楽しく取引ができまので、個人的にはビギナーさんには強くオススメですね。

初心者に優しいレバレッジ「SBI FXトレード」

SBIFXレバレッジ
引用元:SBI FXトレード

大手ネット証券会社SBI証券が運営するFX会社です。レバレッジは1~3倍、通貨ペアによっては1~2倍から選んでかけることができます。

国内FX会社の規則ではレバレッジのMAXは25倍ですが、レバレッジを上げれば上げるほどそれだけリスクも伴います。

SBI FXトレードの積立FXで選べるレバレッジは1~3倍なので、万が一欲がでて少額で大きな利益をだそうと思ってしまっても、1~3倍からの選択であればリスクを未然に防ぐことができます。

口コミ

50代女性FX歴:半年~1年

4

私は、FX初心者でして、まだまだFXのことを勉強しながら取引しています。初心者におすすめの積立FXを選び、運用しています。SBI FXトレードでしたら、1貨幣からと少額の取引からできますので、おすすめだと思います。

FXレバレッジ 取引のポイント

続いて、レバレッジを効かせた取引のポイントを解説します。

ポジションを持ちすぎない

レバレッジには資金効率を高められるメリットがありますが、注意点もあります。先ほども説明したように、レバレッジを高く設定すれば、損失のリスクも大きくなることです。

そのため多くのFX会社において、安全装置としてロスカットルールが存在し、損失が膨らむ前に取引が自動的に強制終了するようになっています。しかし基本的に、初めのうちはポジションを持ちすぎないことが重要でしょう。

証拠金は多めに預ける

レバレッジをどう使うかにもよりますが、通貨ペアによっては、最低500円ぐらいの資金から取引を開始できます。ただ、最低限必要となる証拠金ギリギリの額を預け入れている場合には、為替レートの変動ですぐに強制ロスカットとなってしまう可能性があります。余裕を持って証拠金を多めに預けておくようにしましょう。

実行レバレッジに気を付けてリスクを抑えよう

実行レバレッジがあまり高くなりすぎないように気を付けていれば、リスクを抑えることができます。FX取引で気を付けたいことは、証拠金を動かしてむやみに大きなポジションを作らないということです。

実行レバレッジとは、現在のポジションが純資産額に対して何倍になっているのかを示した数値で、運用するレバレッジのことを表します。基本的には実行レバレッジを3倍程度に抑えておけば、すぐに証拠金不足になることはないでしょう。最初のうちは3倍程度の倍率でスタートし、慣れてきたら次第に実行レバレッジを引き上げていくという方法がおすすめです。

現役FXトレーダーのコメント

FXレバレッジの倍率について

FX会社を選ぶ際には、レバレッジの倍率に注目してみましょう。海外のFX会社を利用する目的の一つに、ハイレバレッジが挙げられます。FX取引の大きな特徴であるレバレッジですが、特に海外のFX会社に見られる高いレバレッジについては、よく理解して扱う必要があります。

FXレバレッジ1倍とは

FX取引におけるレバレッジは、大きな魅力の一つであり、レバレッジをかけることが当たり前だと考えるトレーダーがほとんどでしょう。少ない証拠金で大きな利益を得られることがFXの魅力だからです。

そんな中にあって、レバレッジ1倍とは、文字どおりレバレッジをかけないという意味です。

レバレッジ1倍で取引する人は、どちらかといえば外貨預金するように長期投資で、金利を軸にスワップ金利を受け取ります。つまり高金利の通貨ペアを選び、相場が大きく動いたときに利益を得るというスタイルです。

レバレッジ1倍のメリットは、損失が少ないということです。大きな利益を得られないというデメリットはありますが、レバレッジ1倍であれば金銭的リスクは少ないでしょう。

FXレバレッジは最大何倍までか

最大レバレッジは、FX会社によって異なります。最大レバレッジが高いと利益額は大きくなるでしょう。国内FX会社のレバレッジには上限規制があり、個人口座では25倍を超えるレバレッジの利用はできません。

例えば、最大レバレッジ25倍の FX口座を利用すると、100万円分の通貨の売買を行うために必要な資金は4万円です。すなわち最大レバレッジが高いほど、少ない証拠金で済みます。また、その分損失も大きくなりますが、単純に損失も25倍になるかというと、損失の拡大を防ぐために、未決済の損失を強制的に決済してくれる「強制ロスカット」というシステムがあります。

いつ強制的にカットされてしまうかは、必要証拠金によって変わります。その必要証拠金もまた、最大レバレッジによって変わります。

条件別でFX会社を比較

FXの最低取引単位は会社によって異なり、取引単位が小さいと少額で取引することができます。

少額取引ならリスクなく、FXの実践経験を積むことができます。

そこで、初心者の方にはMATUI FXをお勧めします。

MATSUI FXは1通貨単位から取引することができるFX会社です。
手数料(スプレッド)も業界最狭水準に設定されていて、FXを始める方におすすめです。

FXに関するよくある質問

レバレッジとは何ですか?
レバレッジとは、預けた資金の何倍もの金額の取引を行える仕組みのことです。例えば、10万円に10倍のレバレッジをかければ100万円分の取引を行うことができます。ただし損失にもレバレッジがかかるため、高いレバレッジにはその分大きなリスクを負う可能性があります。
FXレバレッジは最大何倍までかけられますか?
個人口座の場合、国内FXの最大レバレッジは25倍です。
海外FXは日本のように規制がないため上限がありません。
レバレッジを利用すれば少ない資金で大きな利益を狙えますが、その分リスクも大きくなります。そのため初心者は低いレバレッジからスタートすることをお勧めします。
ロスカットとは何ですか?
ロスカットとは、損失が一定の水準まで達すると、それ以上損失が大きくなる前に取引を自動的に強制終了させる仕組みです。証拠金が少ないとすぐにロスカットになってしまう可能性があるので、多めに証拠金を用意することをお勧めします。

記事の監修者およびコメントいただいた専門家

金子賢司
監修者・金子賢司(ファイナンシャルプランナー)
立教大学法学部卒業後、東証一部上場企業に入社。その後、保険業界に転身し、ファイナンシャルプランナー(FP)として活動を開始。FPの最上級資格CFP資格を取得し、個人・法人のお金に関する相談を受けながら、北海道のテレビ番組のコメンテーターなどとしても活動している。

■保有資格:CFP、住宅ローンアドバイザー、損保マスター
Twitter:@NICE4611
HP:ファイナンシャルプランナー(FP)金子賢司
金子賢司の関連記事一覧
羊飼い(ひつじかい)
羊飼い(ひつじかい)
FXトレーダー&ブロガー。「羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。

羊飼いさんのインタビュー記事はこちら→過去にはFXで2000万円損切りもー人気ブロガー・羊飼い氏がたどり着いたFXトレード手法