急場をしのぐ資金を調達するためにカードローンを利用する人は多いでしょう。その際に気になるのは金利、利息、毎月の返済ではないでしょうか。この記事では福岡銀行のカードローンにスポットを当てて、カードローンの詳細や仕組み、実際の返済プランなどを解説します。

カードローンの利息計算方法は?

福岡,ローン,返済
(画像=PIXTA)

まずはカードローンの利息について解説します。カードローンを扱っている金融機関は多数ありますが、利息に関してはどの金融機関も同様で、「実質年率」という計算方法を用いています。福岡銀行のカードローンも同じです。カードローンの利息について考えるに当たり、まずは実質年率の計算方法を知っておきましょう。

・実質年率金利の計算方法

実質年率は、1年間で元金の何%が利息となるかを計算する方法です。仮に実質年率12%で12万円を1年間借りた場合、1年間で1万4400円の利息がつくことになります。ただし利息は年に1度しか付与されるわけではありません。利息は毎日つくので、計算は単純ではありません。

毎日の利息を計算するにはどうすればよいのでしょうか。これは単純に年間の利息を365日で割ることで計算できます。上の例の場合、1万4400円の365分の1が1日分の利息なので、1日の利息は約39円になります。

さらに、翌日の利息を計算する場合、元金は借りた12万円に前日の利息39円を足した12万39円ということになります。これが実質年率の基本的な利息の計算方法です。

福岡銀行のカードローンを含む金融機関のカードローンはすべて、毎月1度返済する約束になっているので、利息の計算は月に1度です。これを念頭に置いて、利息の計算方法を式に表すと以下のようになります。

元金(円)×利率(%)÷365(日)×30(日)=1ヵ月の利息(円)

この式に上の例を当てはめると、1ヵ月の利息は約1135円となり、毎月最低1135円の支払いで利息分は返済できることになります。

・福岡銀行FFGカードローンと大手カードローンの利息比較

では福岡銀行FFGカードローンの利息はどの程度になるでしょうか。テレビCMなどでもおなじみのカードローンと比較してみましょう。借入金は50万円以下で比較します。

カードローン 金利(実質年率)
福岡銀行FFGカードローン 14.5%
レイクALSA 4.5~18.0%
アイフル 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
SMBCモビット 3.0~18.0%
※プロミスは新規契約者対象の金利

借入金額が50万円以下の場合、最大金利が適用されるのが一般的です。そう考えると、福岡銀行のカードローンは金利が低いと言えるでしょう。

ただし初めての借り入れの場合、レイクALSAなら最大180日、プロミスなら最大30日間利息0円となるため、一時的にお金が必要ということであれば消費者金融カードローンの方がおすすめです。

5万円以内なら最大180日間利息0円

最大30日間利息0円 原則24時間借り入れ可能

・クレジットカードのリボ払いとの比較

他社のカードローンよりも金利が抑えめとはいえ、実質年率14.5%の福岡銀行FFGカードローン。この金利は高いのでしょうか、低いのでしょうか?一般的なクレジットカードのリボ払いと比較してみましょう。

一般的なクレジットカードの代表として、JCBカードのリボ払い手数料を調べてみると、実質年率15%となっています。つまりクレジットカードのリボ払いで買い物をするより、福岡銀行のカードローンで一時的に借り入れて現金払いで購入したほうがお得ということになります。

福岡銀行のカードローンはどんなサービス?

ここで福岡銀行カードローンの概要や特徴を紹介しておきましょう。

・福岡銀行のカードローン概要

福岡銀行カードローンの概要をまとめて紹介します。

融資金額 10~1000万円
資金使途 問わず
返済方法 「口座引き落とし」もしくは「直接入金」
保証人・担保 不要
貸し付け条件① 20~69歳で、毎月の低収入がある人

 (パート・アルバイト・年金収入でも可)
貸し付け条件② 居住地および勤務地が九州地方、

 もしくは山口県の人
貸し付け条件③ 福岡銀行指定の保証会社と契約できる人

<福岡銀行カードローンの金利(実質年率)>

貸付限度額 金利
10~100万円 14.5%
100万円超200万円 12.0%
200万円超300万円 10.0%
300万円超400万円 8.0%
400万円超500万円 7.0%
500万円超600万円 6.0%
600万円超700万円 5.0%
700万円超800万円 4.0%
800万円超~1000万円 3.0%

福岡銀行のカードローンを利用できるのは、九州地方に住んでいるもしくは勤務している人、そして山口県に居住もしくは勤務されている人のみです。ただしほかの都道府県に住んでいる人でも、福岡銀行に口座を持っている人は申し込みが可能です。担保や保証人は不要ですが、福岡銀行が指定する保証会社と契約し、保証を受けられる人のみ融資が受けられます。

・口座がなくても申し込み可能

福岡銀行のカードローンの特徴として、福岡銀行に口座がなくても融資を受けることができる点が挙げられます。一般的に銀行カードローンは、その銀行に口座を持っている人しか申し込めないことが多い中、口座の有無を問わないというのは注目すべき点でしょう。

しかしながら福岡銀行の口座がない場合は、口座引き落としによる返済はできず、返済方法はすべて直接入金という形になるので注意しましょう。

・申し込みは来店不要<

福岡銀行のカードローンはインターネットからの申し込みが可能で、契約完了から融資、返済までの手続きを銀行窓口に行くことなくすべて完了することができます。

申し込みはパソコンやスマートフォン、郵送や電話でも可能です。申し込みに必要な書類は、インターネット上でアップロードすることができ、審査結果は電話や郵送で受け取りが可能です。契約書へのサインも郵送で対応できます。

カードローンを利用する多くの場合、急ぎで現金が必要な場合が多いでしょう。中には銀行の営業時間中に銀行窓口に行くのは、時間的に難しい人もいるでしょう。その点でも福岡銀行のカードローンは使いやすいローンと言えます。

・コンビニでも返済可能

福岡銀行のカードローンは、多くのコンビニエンスストアと提携しており、全国のコンビニにあるATMから借り入れ、返済が可能です。セブン銀行、E-net銀行(ファミリーマート、ミニストップ、ヤマザキデイリー、ポプラ)、ローソン銀行に加え、ゆうちょ銀行や熊本銀行のATMも利用することができます。

福岡銀行カードローンの返済シミュレーション

ここからは実際に福岡銀行のカードローンを利用した場合、どの程度の返済額になるのかをシミュレーションします。福岡銀行の利息は、100円単位で繰り越し元金に付与されますが、シミュレーションではシンプルな計算とします。

・毎月30日間で想定 ・利息は1円単位で想定 ・毎月定額払い

この条件でシミュレーションしていきましょう。

・借入金額10万円の場合

毎月の返済金額 返済回数 返済総額
1万円 11回 10万7125円
1万5000円 7回 10万4817円
2万円 6回 10万3734円
5万円 3回 10万1823円
10万円 2回 10万1126円

借入金額が10万円の場合、毎月1万円ずつの返済でも完済まで1年かかりません。もちろん繰り上げ返済にも対応しているので、途中でボーナスなどを利用してまとめて返済すれば、表にあるよりも利息の支払いを抑えることが可能です。

・借入金額30万円の場合

毎月の返済金額 返済回数 返済総額
1万円 38回 37万3465円
1万5000円 23回 34万4732円
2万円 17回 33万2504円
5万円 7回 31万3174円
10万円 4回 30万7351円

借入金額が30万円になると、毎月1万円の返済であれば3年以上の返済期間となります。毎月の返済金額を1万5000円にすれば支払回数は2年弱。ボーナス払いも併用すると、返済としてはかなり楽になるでしょう。

30万円の借り入れの利用例としては、長期間の入院や手術を伴う病気やけが、さらに車や自宅の修理・修繕などが考えられます。また、大型の冷蔵庫やテレビなどの買い替えなども考えられるでしょう。

・借入金額50万円の場合

毎月の返済金額 返済回数 返済総額
1万円 76回 76万4801円
1万5000円 43回 64万1008円
2万円 30回 59万7183円
5万円 11回 53万5622円
10万円 5回 51万8672円

借入金額が50万円になると、毎月1万円の返済では6年以上、支払総額も元金の1.5倍以上となります。支払回数や返済総額から考えても毎月2万円ほどは返済していきたいところです。毎月2万円返済する場合、ボーナス月にある程度繰り上げ返済を行うとよいでしょう。

返済の考え方として、利息の計算方法を理解していれば、「その月の利息プラス〇万円」という返済プランも考えられます。例えば借入金額50万円で「その月の利息プラス1万円」という考え方で返済をする場合、毎月の返済は1万1000~1万6000円となり、返済回数は48回、返済総額は64万5000円ほどに抑えることができます。

自身の収入や支出とのバランスを考え、無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

まとめ

福岡銀行のカードローンは、全国的に有名な消費者金融カードローンよりも金利が安く、利用しやすいカードローンです。申し込みはインターネットからできるので、窓口を訪れる必要もありません。

急な出費で困ったときは、一般的なクレジットカードのリボ払いと比較しても金利が低い、福岡銀行のカードローンもぜひ検討してみましょう。