イエウールという不動産一括査定サイトをご存じでしょうか?売却したい不動産の情報を入力すると不動産会社に一括で査定を依頼できる不動産一括査定サイトの中でも大手のサイトです。提携している不動産会社は大手企業から地域密着型の不動産会社まで多種多様で、利用者数は1,000万人超とユーザーからの支持も得ているのが特徴です。

しかしこのイエウールには「勧誘の電話がしつこい」など苦情のクチコミも実はかなり寄せられているのです。イエウールで不動産査定をしてもらった方のクチコミやサービスを利用する時の注意点などを調査してまとめてみました。不動産売却を考えている方は必見です。

イエウールの評判パート1:悪い口コミ・評判を調査

(画像=PIXTA)
 

ここでは口コミで得られたイエウールの悪い口コミや評判を集めてみました。

キャンセルの電話をどこにすればいいのかわからない!

『イエウールはキャンセルの電話番号をどこにも記載していません。 軽い気持ちで、ほんとに一瞬で不動産の査定額が出ると勘違いして利用してしまった人は、きちんとイエウールにキャンセルの電話をしましょう。 イエウールと、連絡をしてきた不動産会社は別です。不動産会社にだけキャンセルを伝えても、イエウールにも電話をしないと個人情報が残ってしまいます。 「イエウール キャンセル」などで検索すれば出てきます。 ほんとはキャンセルの連絡先を公式HPに載せるべきなんですけどね。圧倒的に勘違いする人ばかりなんですから・・・』 (引用:みん評)

『不動産会社からの売却勧誘がしつこくて参ってしまいました。結局とある不動産会社に売却しましたが、何か急かされているようであまり気分が良くなかったです。』(引用:みん評)

確かにイエウールは緊急連絡先としての電話番号が掲載されていません。
ご高齢の方も不動産売却のために利用されているのではないかと考えると、電話番号の記載は必須なのではないかと思います。改善を期待しています。

うるさいほど連絡が来たケースも!

『売却の勧誘がしつこかったです。金銭面で困っていたことがあり、自宅を売却しようと考えていました。不動産一括査定サイトの中でも不動産提携企業数が非常に多く、ユーザーも多いという評判だったので利用してみることにしました。簡単なステップで手続きが済むので、利便性が高いサイトだとは感じました。
ところがイエウールで査定依頼した後、不動産会社からの売却勧誘がしつこくて参ってしまいました。結局とある不動産会社に売却しましたが、何か急かされているようであまり気分が良くなかったです。』(引用:みん評)

不動産会社にしてみればイエウールに情報提供料を支払っている分、元は取りたいのでしょう。

しかし、連絡に関する事項は守ってもらいたいものですね。

査定が高くても結局はこの売値!?

『何社かから評価査定出してもらって高いところに依頼する。 売れる保証は、ない。 高く売れますは、誇大広告。 結局は、値引き依頼。 イエウールは、情報を流した業者から売れても売れなくても情報料として一律一件一万円の手数料を取るだけ!』 (引用:みん評)』

ここで査定の意味についておさらいです。
そもそも一括査定はどうしてした方が良いのか。それは自分の物件を売却するための適正価格を知るためと、適正価格で売ってくれる不動産会社を探すためです。
高額査定が出ればその会社に依頼したくなる気持ちはわかります。しかし、その査定の根拠を説明できない会社は営業力に不安が残ります。もしかして売主の契約が欲しいがためにわざと適正価格よりも高い査定を出していたのかもしれません。
しかし、適正価格を見極めて販売価格を決定しなければ物件は売れ残ります。売れ残った物件は値下して売ることも検討しなければいけないため、最初の査定より値下げされてしまうという現象が起こります。
イエウールを利用して一括査定しても、不動産会社選びを慎重にしないとこのような結果に終わることもあるかもしれませんね。

田舎の物件なので連絡があまりこなかった

正直、机上査定なので、電話は来ないと思っていましたが、来ました。 しかも、机上査定であらかじめ申し込んだのに… それと立地の問題なのか、うちの実家の住所では対応業者は1社のみでした。 できれば複数の業者の見積もりが欲しかったな… 田舎なのでしかたありません。 (引用:あんみつ子の暮らしプラス)』

不動産一括査定サイトの中には、田舎の方の物件に弱い不動産会社もあるのです。イエウールは地域密着型の不動産会社とも提携をしていることをうたっているのですが、ここまで対応業者がないと不安になってしまいますね

机上査定を依頼したのに電話もあった

『『自宅の売却を検討中のため、こちらの査定サイトに申込み。おおよその査定金額を知りたいだけだったので、まずは訪問査定ではなく、机上査定で大丈夫ですというコメントをしたのだが、本日一社電話がかかってきて、家の中を見たいと(笑)メールで結果が来ると思っていたのでびっくりした。 査定サイトの入力自体はわかりやすく、提携業者数も多いので便利。ただ、電話での押しが強いので、本気で売却を検討している向けという印象を持った。』 (引用:みん評)

こちらの方の場合は、机上査定をお願いしていたのに電話でも訪問査定のおさそい連絡がきたというものです。
査定を依頼するにあたってイエウールから入力する情報は、どこの不動産会社でも必須の最低限の情報です。
もう少し詳しい情報が欲しいとか、入力情報が明らかに間違っていたという場合は、情報の確認のためイエウール から電話がかかってくることもあります。
しかし、机上査定の段階で「家を見たい」は少々急すぎるので「まだ売却の検討をしている段階なのでとりあえずは机上査定でお願いしたい」という意思を伝えて断ってもOKです。

何の連絡もなく1週間たった

『見積もり依頼しましたが、1週間経つが何の連絡も来ません。どうなってるのか?怪しいサイトです。 勝手に売られそうになった、との書き込みも見かけましたので注意してください。 何で1週間経つのに連絡来ないのでしょうか可笑しいですね。』 (引用:不動産売却プラザ)』

このケースは確かに不安になりますね。
ちゃんと情報は査定依頼している不動産会社に届いたのか?入力内容が間違っていたのでは?等色々考えてしまい、不信感も生じてきますね。
このように何の連絡もない場合の理由と対策については、後の項目で解説していきます。

イエウールの評判パート2:良い口コミ・評判を調査

次は逆にイエウールに対する良い口コミや評判について調査しました。

たくさんの不動産会社から売却査定が出て満足!

『実家を売りに出そうか親に相談された時に、参考に売却価格を知るために利用しました。 webで情報を入力すれば大体の価格が、一括で複数の会社に査定してもらえます。 連絡が来た中で一番条件の良かった会社に連絡して実際に家に来てもらい正確な査定をしてもらったところ、水回りの評価が低く当初より200万ほど下がりました。そこは残念でした。 結局実家を売るのは見送りましたが、とても便利だったのでまた機会があれば利用したいです。』 (引用:みん評)

『イエウールは、登録している不動産業者が多く、いろいろな担当者からの意見が聞けて良かったです。』<20代/女性/事務職/M.Sさん>(引用:編集部アンケート調査)

これぞ不動産一括査定サイトを使う事の醍醐味と言ったところでしょうか。イエウールなどの一括査定サイトでの査定額はあくまでデータから算出した「概算」の見積もりなので、訪問査定でより精度の高い査定をしてもらうと査定額が下がったり逆に上がったりすることもよくあるのです。

簡単に見積もりを取れた

『『実家を売ることになり、どこにお願いするか悩んでいる中でイエウールを知り、無料で一括査定ができたので試してみることにしました。 ウェブサイトから簡単に利用でき、一度に6社から査定してもらえるのはありがたかったです。どの程度の金額になるのかは、不動産屋による違いもあるのだと知ることができ、対応の迅速さや丁寧なのかということまで比較できたので良かったなと思っています。 一括査定を利用していなかったら、損をしていたんじゃないかなと思うし、無事に実家を手放すことができました。』 (引用:みん評)

そう、一括査定サービスに依頼するとどうしても「査定額」にばかり目が行ってしまうという方も多いでしょうが、実は査定をすることで不動産会社の対応もみることができるのです。家が高く売れるかどうかは不動産会社の営業力とさじ加減が大きいので、営業力を測れる最大の機会だと思ってそちらの方も比較検討してみてはいかがでしょうか。

連絡がスピーディに来て良かった

『街の不動産屋さんを6社回ると2、3週間かかるのに対して一括査定はわずか1日だけだったのですごく時間の短縮になりました。 なるべく早く売却をして引っ越し資金にする予定だったので、返事が早かった点も嬉しかったです。 実際に査定結果とほぼ変わらない値段で買い手を見つけたので騙されている感じもなくよかったと思っています。』 (引用:不動産売却プラザ)

『イエウールで査定をさせて頂きました。 対応がとても早かったです。 』<30代/男性/会社員/Rさん>(引用:編集部アンケート調査)

対応が早いというのは不動産会社選びの重要ポイントであることが分かる口コミですね。査定額と変わらない金額で売却できるという事は適正価格で査定を出せる会社だったという事なので、不動産会社選びにイエウールが大きく貢献したことが窺がえます。

相続や離婚に向けての自宅売却に

『離婚に伴う自宅の売却でお世話になりました。 調停中ということもあり、出来るだけ早く問題を解決したかった為、プロの意見を参考にしました。 希望額以上の値段で売却できたので、財産分与の方向で話しがまとまりました。 ただでさえトラブル絡みになる離婚なので、スムーズに進んで助かりました。』 (引用:みん評)

このような出来るだけ早く売却したいケースに不動産一括査定サイトは有効な手段ですね。査定結果が出たらすぐに訪問査定に移行するとスピーディーに売却できるのでおすすめです。

提携している不動産会社が多くて驚いた

『実家の土地の売却の査定をしたいと思いイエウールを利用しました。印象としてはサイトで簡単に査定できて、同時に6社までできました。質問や問い合わせに関しても、迅速な対応でした。 また他のサイトに比べて連携している不動産会社が多くて驚きました。大手から地元の小さい不動産会社まであり、関心しました。査定はばらつきがあり、素人ではなかなか適正価格がわからないので、なるべく多くの会社と比べることをお勧めします。』 (引用:みん評)

査定金額にばらつきがあるのは想定内です。そこから査定額の根拠をきいたり相場を調べて見比べているうちに適正額が見えてきます。イエウールの様な多種多様な不動産会社と提携しているサイトの一括査定の方が、ばらつきのある分適正価格を見極めやすいのかもしれません。

詳しい資料が届いた

『査定結果は、レターパックライトで届きました。 査定結果の他に、家の売却ガイドや会社情報なども入っていました。 紙一枚ではなく、15ページ前後のきちんとした冊子が2冊 この情報量なら、メールではなく郵送で来たことに納得です。 また、「査定結果が届きましたか?」の電話が後日来ましたが、「家を売りませんか」という圧力は全くありませんでした。 結論として、悪徳業者ではなく、良心的な業者だったということができます。』 (引用:あんみつ子の暮らしプラス)

真剣に売却を考えている方にとっては紙の資料が届くというのは、こちらの本気度を理解してもらえたようで安心できますね。営業の方の圧力を感じさせない連絡も好感が持てます。ただ、ちょっと自宅の査定額が知りたかったというだけの方には多少重いかもしれません。このようなエピソードからもイエウールは本気で売却を考えている人向けのサイトだと言えるでしょう。

イエウールの評判まとめ

ここまでのイエウールの評判をまとめてみました。

悪い口コミ・評判まとめ

  • 公式サイトにキャンセルや緊急のための電話番号の記載がない。
  • 査定価格が高くても、売れずに値下がりする事もある。
  • 1週間経っても連絡が来ない。
  • 過剰な売却の勧誘が耳障りでわすらわしく感じる可能性も。
  • 机上査定を希望したのに、家の中を見たいという訪問査定の電話がかかってきた。
  • エリアによっては紹介会社が1社しかないなど極端に少ない。

良い口コミ・評判まとめ

  • 入力は簡素で、提携業者数も多く利便性もよい
  • レスポンスが早く対応がスムーズ。
  • 早く売りたかった離婚での売却物件が順調に売れて助かった。
  • イエウールで一括査定を利用していなかったら、マイナスがだったかも。
  • web入力するだけでおおよその価格が複数社に一括査定してもらえて使い勝手が良い。
  • 大手から地元の小さい不動産会社まで幅広く紹介してもらえる。
  • 詳しい資料が届き、良心的な業者を見つけることができた。

イエウール の提携会社数を他のサイトと比較してみた

イエウールは提携会社数が多いことで有名ですが、ここで他の大手不動産一括査定サイトと提携会社数を比べてみました。

主な一括査定サービスの登録社数
イエウール:全国1,900社以上
HOME4U:厳選した1,800社
LIFULL HOME’S:3,276社
イエイ:厳選1,700社
すまいValue:大手6社900店舗

この中ではさすがに不動産ポータルサイトを運営しているLIFULL HOME’Sには及びませんが、余裕の1,900万社で上位に食い込んでいますね。ここにどんな物件にも強いイエウールの秘密が隠されているのでしょうか。

イエウールを活用するためのおすすめポイント4つ

ここではイエウールを最大限に活用するためのおすすめポイントを解説していきます

不動産マンション売却は一括査定で見積もりを

不動産マンションを売却する場合、不動産会社を最初から1社に絞って交渉してしまうと、適正価格を知らずに損をしてしまう可能性もあります。

ここはイエウールの様な不動産一括査定サイトを利用して複数社の査定を依頼してみましょう。イエウールの提携している不動産会社は全国1,900社以上あり、その中にはマンションの売買に強い企業も存在します。自分のマンションを高く売ってもらいたいなら高値で査定をしてきた会社と交渉して査定額の根拠に納得が行ったら訪問査定に進んでみましょう。

キャンセルする際は査定を依頼した各不動産へ連絡

イエウールで一括査定サービスを利用すると、送信した情報はすぐに不動産会社に送られるシステムになっています。ですので、キャンセルをしたい場合は不動産会社に個別に電話をしないと不動産会社は査定見積もりを始めてしまいます。

不動産会社に個別に連絡を入れるのは手間がかかりますが、相手にも無駄な労力をかけないようにしっかりと連絡しましょう。余談ですが、「キャンセルしたい時はイエウールの電話番号03-5114-1939へ連絡しましょう」といった記事をよく見かけますが、現在公式サイトに記載されている電話番号ではありません。(イエウールには前項で述べた通りサイトに電話番号の記載がありません。)極めて不透明な番号なので、絶対電話しないようにしましょう。

こんな時はすぐに査定の結果が出ないこともある!?

前項の良い評判の中には詳しい資料が届いて驚いた方の声もありましたが、イエウール経由で査定を依頼された不動産会社の方はなるべく精度の高い査定をしようと時間をかけることもあります。イエウールからの一括査定はボタン一つで完了しますが、依頼を請けた不動産会社は人力で査定をしていることを忘れないよう、最低1週間は待ってみましょう。

それでも10日以上査定結果が届かない場合は1.入力した電話番号やメールアドレスが間違っている、2.不動産会社からのメールが受信拒否の対象になっている。もしくは迷惑メールフォルダに入っている。3.業務が立て込んでいるなどの原因が考えられるので、イエウールのサイトからと祝わせてみるのをおすすめします。

査定の価格はあくまで概算!その根拠を知ろう

口コミには高く売れてよかったという方も、査定額は高かったのになかなか売れなかったという両極端な方がいました。この現象はなぜ起きるのでしょうか。答えは査定してもらった際に査定額だけに注目しているからです。

一般的に言うと査定してもらって一眼高い額をつけたところに頼むのがセオリーではないのか?と疑問に思う方も多いかもしれませんが、これこそが不動産会社の営業戦略かもしれないのです。不自然に高かったり安かったりする会社には一度、査定額の根拠を聞いてみましょう。もし根拠が曖昧だったり、納得のいく答えをもらえなければその不動産加社は切っても大丈夫です。ちゃんと根拠を示せる会社には訪問査定をお願いしましょう。

イエウールはこんなところがすごい!

ここではイエウールのすごいところを集めてみました。一括査定サイトとしてのイエウールってどうなの?と疑問に思っている方は必見です。

一括査定サービスのメリットとデメリット

エウールにはいい口コミも悪い口コミもあって、利用しようと思っている方のなかには悪い口コミが気になって利用を躊躇しているという方もいるのではいでしょうか。イエウールは不動産一括査定サイトとしては完成されているサイトの部類に入るのでおすすめです。一括査定サイトを使うメリットとしては

一括査定サービスの特徴とメリット
・手間をかけずに複数の会社に一斉査定依頼できる
・webサービスのためスマホからいつでもどこでも利用可能
・1社1社訪問して同じことを繰り返す手間を省ける
・査定額の比較検討がわかりやすい
・複数の不動産会社にコンタクトできる

などがありますが、電話勧誘が強引な度のクチコミに見られたデメリットも存在します。

利用者数なんと1000万人以上!一括査定サイトとしては国内最大級

イエウールの最大の特徴は、その利用者の多さにあります。利用者が不動産一括査定サイトの中でもトップクラスの1,000万人を超えていて、多くの人に利用される人気サイトであることがわかります。

そして驚くべきは、そこまでのサイトへと成長したスピードが早いということ。イエウールは2014年に運営を開始しており、比較的新しいサイトといえます。運営開始からわずか数年で利用者数No.1にまでになった運営力が魅力です。

提携会社、地域のカバー率、利用者数でも3冠を達成しています!

2020年7月時点での東京商工リサーチの調べによると、イエウールはエリアカバー率・月間利用者数ともに、調査対象9社中1位となっていて、さらに提携社数を1,900社以上に伸ばしてきました。

”出典:東京商工リサーチ「不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」”

イエウールは全国規模で展開している大手不動産会社も多く登録されていて、三井住友トラスト不動産・みずほ不動産販売・住友林業ホームサービス・近鉄不動産・大京穴吹不動産・CENTURY21・積水ハウスなどと提携しています。このような大企業と提携していながら地域密着型の不動産会社にもパイプがあるのでランキング1位の理由もうなづけますね。

悪徳不動産会社とは提携しない!サイト運営者として最大限に排除!

イエウールには利用者からのクレームの多い不動産会社に対して、イエウール側から契約を解除できるシステムを導入しています。つまり、優良な不動産会社のみがイエウールと提携できるということで、サイトの信頼性と透明性を高めています。

提携している不動産会社について詳しく知れる

エウールには関連サイトのおうちの語り部というサイトがあり、ここではイエウールと提携している不動産会社ごとの評判を調べられます。実際に物件を売却したユーザーから実に5,000件を超えるリアルな口コミが寄せられているため、それが不動産会社選びに大変役立ちます。

売却した不動産の種類や住所、売却までの期間、売却理由といった取引の詳しい情報とともに不動産会社の雰囲気を知ることができるのでおススメです。閲覧は無料で、ユーザー登録も不要。誰でも閲覧可能なので売却したい不動産会社の情報を集められること間違いなしです。

サービス利用者・ユーザーの声を反映した統計情報や記事も充実

不動産取引に関するコラムがたくさん掲載されている、はじめての不動産売却お役立ちメディア『イエウール』もこのサイトの魅力と言えるでしょう。コラムの監修には複数人の専門家が監修しており、不動産の知識が一切ない人にも読んで知識が身につく内容になっています。

人気記事のランキングやテーマ別の絞り込み機能もあるため、過去に公開された記事も簡単に探すことができ、不動産に関する幅広い知識を身に着けたい人に有用です。

テーマは住み替え・相続・離婚・空き家・住宅ローン・土地活用の6つに分類されています。そして、イエウールでは不動産売却経験者や査定サイトの利用者へアンケートを頻繁に実施しており、そこできいたリアルな声を反映したデータなどを公開しています。

物件だけでなく土地そのものの活用サービスも開始

イエウールでは自分の持っている土地を売却せずに活用するためのサービスも展開していて、相続した土地の活用方法に悩んでいる方や、投資目的で土地を取得し活用したい方におすすめです。

また、売却予定だった土地が売れなくて固定資産税の支払いが大変という人にもおすすめです。個別の要望に適した土地活用のプランが無料で請求できます

あまり流通していない物件の種類にも対応

イエウールでは、市場で取引されている不動産ではメイン級のマンションや戸建て・土地以外でも、一棟ものの物件や店舗・倉庫・農地など流通が比較的少ない種類のレア不動産でも対応できるのが特徴です。相続などでは親から受け継いだアパートや自営業の店舗、農家であれば農地など対象になるので、非常に便利です。

査定の方法を選択することも可能

イエウールでは査定の依頼時に不動産業者による不要な訪問を受けたくない場合、「机上査定」を選ぶことができます。もちろん訪問査定も選択できるので、急ぎであれば2~3社に絞って最初から訪問査定を依頼できます。

細かい事情や物件の条件なども説明できる

イエウールの査定依頼フォームではコメント欄が用意されていて、自分の譲れない条件や細かい状況を説明することができます。住み替えなのでいつまでに売って欲しいということや、売買契約成立後に物件の売り上げでローンの繰り上げ返済をしたいなどの要望を書くことができます。そうした細かい案件に丁寧に対処してくれるところを選べるのも嬉しいメリットです。

サイトが分かりやすく使い易い

イエウールのサイトはとてもシンプル。査定依頼はTOPページの目立つところにあり、どこでもすぐに査定依頼ができます。説明がなくとも直感的に操作が分かるインターフェースで使い方を調べる必要なし。

不動産コラムなどはフッタの部分にまとめてあり売却希望のユーザーが迷わないように工夫されています。

イエウールの申し込み方法

ここではイエウールの申込手順ついて説明します。

手順その1:情報を登録しよう!

イエウールの査定依頼への入力フォームの入り口はいくつか用意されていますが、ここでは「無料診断スタート」から入力していきます。

「一戸建て」「マンション」「土地」などの選択画面があるので、売却したい物件の種類を選びます。

続いて物件情報の入力。まずはエリアを選んで進んでいきます。

都道府県を選択。そして市区町村も選択します。番地やマンション名も入力しましょう。

査定のためには正確な物件所在地は特定させる必要があります。

LINEのようなチャット風の画面が会話するように入力できます。

もう少し、築年数や間取りなど物件情報の入力が続きます。

ここからは、あなたの氏名などの個人情報の入力へと進んでいきます。ここまでの入力時間は大体5分くらいでしょうか。

物件についての詳細は大体でOKですし、LINEで会話しているようなチャット画面は気が付いたら入力が完了してるのでとてもお手軽です。

手順その2:不動産会社を選んで査定を依頼しよう!

自分の個人情報や物件情報が入力完了すれば、次は不動産会社を選びます。査定したい不動産会社にチェックを入れて一括送信を押せば手続きが完了します。ここではできるだけ6社くらいにチェックを入れて査定してもらうのがベストです

イエウールで申し込んだ査定は必ずしも契約しなければいけない訳ではない

イエウールは不動産査定を簡単にするための不動産一括査定サイトというツールにしかすぎません。特に法律で定められている訳ではないので、査定を受けてその会社の査定額や内容が気に入らなければ断わりの連絡を入れてもよいのです。ただし、査定に時間を割いてくれた不動産会社の方に感謝の意を表牛た上で丁寧にお断りすることをおすすめします。

2021年・不動産売却実績ランキング

ここからは株式会社住宅新報社が調べた不動産売買仲介実績ランキング2021年版の上位の不動産会社を紹介します。それぞれの不動産会社の強みを比較してみましょう。

【第1位】三井不動産リアルティ

手数料収入 767億円(-9.7%)
取扱件数 38,507件(-7.0%)
取扱高 1兆5,832億円(-12.4%)
店舗数 286店(4)
1件あたり平均物件価格 4,111万円(-53万円)
手数料率 4.8%
1件あたり平均手数料 199万円(+1万円) 1店舗あたり平均手数料収入 2億6,818万円

三井不動産リアルティは東京都千代田区に本社がある、取扱件数は1986年から連続して全国1位をキープしている不動産会社です。TVCMでも有名な「三井のリハウス」と言えば思い出す方も多いのではないでしょうか。数多くの物件の取引で長年培った大手ならではの売却ノウハウと全国ネットワークが強いのが特徴です。
※連結対象子会社以外のリハウス各関連会社(賃貸仲介手数料・賃貸管理収益・関連収益等)を含みます。

第2位】住友不動産販売

手数料収入 623億円(-7.0%)
取扱件数 35,122件(-6.9%)
取扱高 1兆2,410億円(-3.6%)
店舗数 269店(-7)
1件あたり平均物件価格 3,533万円(+120万円)
手数料率 5.0%
1件あたり平均手数料 177万円(0万円)
1店舗あたり平均手数料収入 2億3,159万円

住友不動産販売、東京都新宿区に本社があり、関西圏では1位の三井のリハウスをもしのぐ勢いをみせているほど関東圏よりも関西圏で圧倒的な集客力がある不動産会社です。「住友の仲介STEP(ステップ)」というブランド名が有名です。大手の売却能力と地域密着型の売却ノウハウを併せ持った強みがあるのが特徴です。
※手数料収入に賃貸仲介手数料を含みます。

【第3位】東急リバブル

手数料収入 578億円(-7.0%)
取扱件数 25,635件(-3.0%)
取扱高 1兆2,264億円(-6.8%)
店舗数 193店(-3)
1件あたり平均物件価格 4,784万円(-193万円)
平均手数料率 4.7%
1件あたり平均手数料 225万円(?10万円)
1店舗あたり平均手数料収入 2億9,948万円

東急リバブルは、東京都渋谷区に本社があり首都圏の特に東急沿線の物件に強い会社です。専門家への無料相談や建物の無料点検などを行う「リバブル安心仲介保証」というサービスを実施していてアフターケアにも充実のサービスを展開しています。
※手数料収入に賃貸仲介手数料・賃貸関連収益等を含みます。

【第4位】野村の仲介+

手数料収入 347億円(-1.3%)
取扱件数 9,322件(-2.1%)
取扱高 8,934億円(2.4%)
店舗数 94店(+2)
1件あたり平均物件価格 9,583万円(+416万円)
手数料率 3.8%
1件あたり平均手数料 372万円(+4万円)
1店舗あたり平均手数料収入 3億6,914万円

野村の仲介+は、東京都新宿区に本社があり、近年はネット集客に力を入れており、「3Dウォークスルー動画」や「オーナーレポート」などのサービスを展開し実績を重ねつつある不動産会社です。「野村の仲介+(PLUS)」というブランド名が全国的に有名です。
※野村不動産と野村不動産アーバンネットにおける仲介の合計の数字です。

【第5位】三井住友トラスト不動産

手数料収入 174億円(-13.6%)
取扱件数 7,202件(-6.3%)
取扱高 4,124億円(-12.7%)
店舗数 72店(0)
1件あたり平均物件価格 5,726万円(-421万円)
手数料率 4.2%
1件あたり平均手数料 241万円(-21万円)
1店舗あたり平均手数料収入 2億4,166万円

三井住友トラスト不動産は、東京都千代田区に本社があり信託財産の土地活用や資産運用や相続に関するノウハウのある不動産会社です。三井住友信託銀行グループの不動産会社の中の信託系の会社で資産としての不動産の取引に強いのが特徴です。

【第6位】みずほ不動産販売

手数料収入 151億円(-5.3%)
取扱件数 3,601件(-10.9%)
取扱高 3,697億円(-9.3%)
店舗数 50店(-2)
1件あたり平均物件価格 1億266万円(+180万円)
手数料率 4.0%
1件あたり平均手数料 395万円(+24万円)
1店舗あたり平均手数料収入 3億200万円

東京都中央区に本社がありみずほフィナンシャル・グループの信託系不動産会社です。主に法人取引がメインで信託財産の売買に強く、銀行系不動産会社特有のOne MIZUHO戦略でお金の事から物件の調査、瑕疵保険やリフォームなどをワンストップで相談できるのば強みです。

【第7位】三菱UFJ不動産販売

手数料収入 147億円(-9.9%)
取扱件数 4,307件(-16.0%)
取扱高 3,533億円(-13.0%)
店舗数 42店(-2)
1件あたり平均物件価格 8,202万円(+286万円)
手数料率 4.1%
1件あたり平均手数料 341万円(+24万円)
1店舗あたり平均手数料収入 3億5,000万円

三菱UFJ不動産販売は、東京都千代田区に本社があり、信託系ならではの投資用物件にも対応可能で資産形成や投資に関する相談にも強い三菱UFJフィナンシャル・グループの信託系不動産会社です。投資に関する取引にも柔軟に対応できるのが強みです。

【第8位】オープンハウス

手数料収入 133億円(+21.9%)
取扱件数 7,232件(+27.0%)
取扱高 2,934億円(+24.1%)
店舗数 52店(+8)
1件あたり平均物件価格 4,056万円
手数料率 4.5%
1件あたり平均手数料 183万円(-8万円)
1店舗あたり平均手数料収入 2億5,576万円

オープンハウスは、東京都千代田区に本社がある「東京に、家を持とう。」というコピーが有名な不動産会社です。ちなみに、東京以外のエリアでも、「名古屋に、家を持とう。」「福岡に、家を持とう。」と地域に対応したキャッチコピーで全国展開しています。不動産の買取に強く、売却並みの価格で買取を行っているのが特徴です。

【第9位】積水ハウス不動産

手数料収入 111億円(-7.3%)
取扱件数 8,078件(-2.0%)
取扱高 2,345億円(-3.6%)
店舗数 115店(+1)
1件あたり平均物件価格 2,902万円
手数料率 4.7%
1件あたり平均手数料 137万円(-8万円)
1店舗あたり平均手数料収入 9,652万円

積水ハウス不動産は、大阪府大阪市に本社があり2020年2月1日付けで積和不動産各社を積水ハウス各社へ商号変更しています。全国に100拠点以上ある強力なネットワークを持ち、積水ハウス不動産東北、積水ハウス不動産東京、積水ハウス不動産中部、積水ハウス不動産関西、積水ハウス不動産中国四国、積水ハウス不動産九州の積水ハウスブループ会社がそれぞれのネットワークでつながり全国的どこでも売却情報を共有するとができるのが強みの会社です。

【第10位】東宝ハウスグループ

手数料収入 104億円(+22.3%)
取扱件数 6,102件(+18.5%)
取扱高 2,142億円(+20.5%)
店舗数 19店(1)
1件あたり平均物件価格 3,510万円
手数料率 4.8%
1件あたり平均手数料 170万円
1店舗あたり平均手数料収入 5億4,736万円

東宝ハウスグループは、東京都新宿区に本社があり、長年培ってきた営業力の強さとMEOをはじめとするインターネット戦略とで急速に販売実績を拡大しネット時代に強い営業が特徴です、。創業40年で関東に19社を展開し急成長している会社です。

【補足】11位~の不動産売買仲介会

会社名 手数料収入(前期比) 取扱件数 取扱高 店舗数
11 三菱地所リアルエステートサービス 73億円(−14.3%) 932件(−14.8%) 2,602億円(−42.1%) 8(0)
12 大和ハウスグループ 70億円(10.7%) 4,802件(−5.3%) 1,698億円(−8.6%) 118(55)
13 大京穴吹不動産 69億円(−12.6%) 5,509件(−12.6%) 1,584億円(−5.4%) 75(0)
14 住友林業ホームサービス 64億円(-6.1%) 4,192件(−1.7%) 1,524億円(−2.5%) 47(0)
15 大成有楽不動産販売グループ 59億円(−8.2%) 3,679件(−5.5%) 1,430億円(−12.9%) 40(0)
16 近鉄不動産 53億円(−4.0%) 4,171件(0.2%) 1,072億円(0.0%) 46(0)
17 スターツグループ 50億円(−1.1%) 2,077件(−8.2%) 1,186億円(2.6%) 102(−3)
18 東京建物不動産販売 36億円(−15.8%) 1,013件(−6.7%) 1,364億円(−5.6%) 11(0)
19 三菱地所ハウスネット 35億円(26.3%) 1,616件(13.2%) 840億円(10.1%) 35(13)
20 リストサザビーズインターナショナルリアルティ 33億円(22.7%) 1,333件(14.9%) 629億円(13.0%) 10(0)
21 長谷工リアルエステート 31億円(−23.3%) 2,006件(0.4%) 796億円(−26.5%) 39(1)
22 中央日本土地建物グループ 29億円(−21.6%) 302件(−20.5%) 907億円(−31.8%) 10(−1)
23 ポラスグループ 26億円(0.1%) 2,501件(−1.0%) 552億円(−1.1%) 56(6)
24 ナイス 20億円(7.4%) 1,263件(5.6%) 573億円(−4.0%) 16(1)
25 小田急不動産 18億円(−4.2%) 1,251件(−2.5%) 413億円(−10.5%) 18(−2)
26 伊藤忠ハウジング 18億円(−6.4%) 1,905件(−8.5%) 991億円(−5.7%) 2(0)
27 朝日住宅 11億円(−7.7%) 958件(−4.8%) 260億円(−10.1%) 9(0)
28 阪急阪神不動産 10億円(−12.7%) 666件(−15.4%) 251億円(−20.2%) 12(0)
29 京王不動産 9億円(−13.0%) 620件(−9.2%) 230億円(−6.7%) 11(0)
30 相鉄不動産販売 4億円(−19.1%) 277件(−16.1%) 79億円(−14.9%) 7(0)
31 京急不動産 3億円(−26.9%) 245件(−6.1%) 76億円(6.4%) 11(−1)
番外 センチュリー21・ジャパン 297億円(−4.2%) 26,515件(2.4%) 6,417億円(0.8%) 989(+11)
(※データは基本的に株式会社住宅新報社が調査した2020年4月~2021年3月の間の、各事業者の決算をもとにしています。決算期のズレが多少あります。)

イエウールの不動産マンション一括査定Q&A

ここではイエウールや不動産一括査定サイトに関するよくある質問に答えます。

イエウール を使ったら査定をお願いした不動産会社に売却しないと迷惑?

査定を依頼したからと言って必ずしもその会社で売却を依頼しなければならないという決まりはありません。イエウールは机上査定と言って訪問査定と違いまずはデータからおおよその査定額を出してもらうのが目的なので、査定額に納得できなければ無理にお願いする必要はありません。

ただしここになら任せられそうだという査定結果が出た会社についてはこちらからさらに訪問査定へとアプローチしてみるとよいでしょう。

どんな方がイエウールを利用するのに向いているの?

イエウールを利用するのに向いている方は、これから初めて不動産を売却しようとしている方全般です。その中でも田舎に住んでいる人や特殊物件を売りたい方、数多くの不動産会社から自分の物件に合う会社を選びたい方、出来るだけ高く物件を売りたいという方に向いているサイトです。

なぜ不動産一括査定サイトは無料で査定してくれる?

それはユーザーの情報を提供することで不動産会社からのインセンティブが入るためユーザーからは料金をもらわなくても、サイトを運営できるのです。不動産一括査定サイトで査定依頼をすると、その査定依頼をした不動産会社に一括査定サイトの運営会社からユーザーの情報提供料として料金を請求されるという仕組みになっています。

さらにユーザーの方を一切無料にしていれば、無料であることを理由に気軽に査定してみようかな?と考えるユーザーが増え情報提供料が入りやすい状況になるというメリットもあります。

イエウール はどんな会社が運営しているの?

イエウールの運営会社は、株式会社Speeeという会社です。主にデジタルコンサルティング事業とインターネットメディア事業を行っていて、不動産一括査定サイトのイエウールの他にもヌリカエというエクステリアや屋根替えの一括見積サイトも運営しています。株式会社Speeeの会社概要は次の通りです。

【イエウールの運営会社】
会社名:株式会社Speee(Speee,Inc.)
所在地:東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル5F
設立:2007年11月29日
事業内容:デジタルコンサルティング事業、インターネットメディア事業
資本金:19,015,000円 >>公式サイトはこちら

イエウール の運営会社はどんな会社なの?

イエウールを運営している株式会社Speeeは元々がモバイルSEO事業からスタートした会社で、検索エンジンに特定の単語を上位表示させるSEOのノウハウのある会社です。

それゆえにインターネットでのマーケティングが得意分野で、2014年にインターネットメディア事業である、不動産一括査定サイトのイエウールがスタートさせました。そこからイエウールを急成長させて現在に至ります。

イエウール の運営会社の評判は?

イエウールの運営会社の株式会社Speeeは、SEO事業を2007年にスタートして業界のトップシェアに成長した会社で、ユーザーからそれ相応の評価がされているということでもあり、イエウールのサービスに満足し利用者が増加しているということが伺えます。

さらに、イエウールのホームページはユーザー目線での使いやすさ、便利さを追求してサービスを提供することを意識して作られているので、査定までの動作がわかりやすくそれゆえにユーザー数も増えたのがわかります。評判は賛否両論ありますが、不動産を売却しようとしている方は利用する価値のあるサイトになっています、

匿名で不動産マンションを査定できるサービスの種類が知りたい

匿名査定で不動産マンションの査定ができる一括査定サービスのおすすめは、①すみたすの「簡単10秒査定」・②HowMa・③LIFULL HOME’Sの「匿名査定」です。これらのサイトはAI査定の他にも独自の匿名査定サービスを展開しています。

個人情報の保護にも力を入れているので安心して利用できるのもおすすめポイントです。

匿名で一括査定をした後、必ず売却を依頼しないといけないのか

必ず依頼しなければいけないという気持ちで査定を申し込むのは訪問査定などの精度の高い査定で、むしろ匿名査定は机上査定や訪問査定に比べて気軽な気持ちで査定してもらうのが目的なので、匿名査定を依頼したからと言って必ずしもその勧誘や営業電話の類は一切きません。

だからいざ売却を希望時は自分で査定を受けた会社にコンタクトを取るところから始まるのです。

匿名で査定する際にバレない注意点は?

査定をこっそりお願いしていたのに気が付いたら家族にバレバレだった!という時に考えられるのが、査定結果の通知書や契約書が自宅で郵送で届くなどした場合です。不動産会社からの重要書類を受け取りに印鑑が必要だということで不在のうちにたまたま家族が受け取ってしまってということもあるようです。

そこでなるべく査定結果の連絡はメールや個人の携帯電話の方にしてもらいましょう。不動産会社に事情を話せば重要書類は店舗で直接受け取るか、売主のいる時間帯を指定して届けてもらえるように考えてもらえます。

まとめ

イエウールについてのまとめです。

・クチコミは良いもののあれば悪いものもある。
・顧客満足度の高い不動産一括査定サイト
・迅速な対応が好評、あまり流通の無い物件にも対応。