出張などで航空機を良く使う人や海外旅行のためにマイルをためている人にとって、マイルが良くた まるクレジットカードは魅力的でしょう。そういう人にとって、気軽に日ごろから使うことができて、マイルを有利にためられるクレジットカードが理想的なのではないでしょうか?

そこでおすすめなのがJALカード 普通カード。充実の旅行保険も付帯し旅行好きにはぴったりです。ここでは、JALカード 普通カードの基本情報とあわせて知っておきたいメリット・デメリットを解説していきます。

JALカード 普通カードの基本情報

(画像=PIXTA,ZUU online)

まずは基本情報を見ていきましょう。

JALカード 普通カードとは

「JALカード 普通カード」は、日本航空が発行するクレジットカードです。飛行機への搭乗とショッピング利用の両方でJALマイルがたまります。カード年会費は、入会から1年間は無料、翌年からは2200円。国際ブランドは、VISA、Master、DC、JCBのほかアメリカン・エキスプレス(年会費6600円)も選ぶことができます。なかでも後述するように、VISAを選択することで多くのメリットを享受することが出来ます。

申し込み対象は、高校生を除く18歳以上の日本に生活基盤のある人で日本国内での支払い可能なことが条件です。海外旅行・国内旅行の傷害保険(傷害死亡・傷害後遺障害)は、最高1000万円。さらに海外旅行時の救援者費用が年間限度額100万円で付帯しています。通常時のショッピングのマイル還元は200円(税込み)ごとに1マイルです。

「ショッピングマイル・プレミアム」に入会すると100円ごとに1マイルで、還元率を1%までアップできます。

JALカード 普通カードの主な特徴

「JALカード 普通カード」の大きな特徴は、カード利用でJALマイルが直接たまること。もちろん飛行機への搭乗でもマイルが付きます。入会後初めての搭乗時には「入会搭乗ボーナス」として1000マイル、毎年初めて搭乗するときにも「毎年初回搭乗ボーナス」1000マイルが付きます。さらに搭乗ごとのボーナスとして、フライトマイルの10%が加算され、使うだけでなく乗るたびにマイルがどんどんたまる仕組みが提供されています。

最高1000万円の海外旅行保険は自動付帯となっているため、かけ忘れの心配がありません。その他にも機内販売商品が10%オフ、国内空港の店舗や免税店などでの買い物が割引されるなど旅行の際のお楽しみが盛りだくさんです。

またJALパックの旅行プラン、ホテルニッコー・JALシティでの宿泊にも割引特典が適用されるので旅のさまざまなシーンでお得感を味わうことができます。

JALカード 普通カードはどのような人におすすめか

「JALカード 普通カード」がイチ押しなのは、ずばり「JALの飛行機をよく使う」「JALマイルをためている」といった人です。

先述したように「JALカード 普通カード」は、飛行機に搭乗するたびにマイルがたまります。そのため「JALを使った出張が多い」「趣味の旅行ではJALを愛用している」など年間を通じて飛行機への搭乗が多い人ほど「JALカード 普通カード」のメリットを感じやすいでしょう。

またJALカード会員だけが利用できる「JALビジネスきっぷ」は、当日の購入や予約変更ができてマイルが100%たまるお得なチケットです。同一区間であれば往復でも同一方向2回でも利用できるため、イレギュラーな出張にも柔軟に対応できます。「JALカード 普通カード」で飛行機に乗れば便利でお得にマイルがためられるでしょう。

「JALのマイルをためているけれどそこまで飛行機に乗る機会がない」という人でも「JALカード 普通カード」であればどんどんマイルをためることができます。日常のショッピングや食事などでクレジットカードを利用すれば自然にマイルが付与されていくため、飛行機に搭乗しなくてもマイルをためることができます。生活の中でしっかりマイルをためておき年に一度の海外旅行を楽しむときに一気に使うという選択肢も良いかもしれません。

JALカード 普通カードのメリット

ここではJALカード 普通カードのメリットを紹介します。

旅行好きには利用価値が高い

「JALカード 普通カード」は、日本を代表する航空会社が発行しているカードだけに、旅行好きにとっては至れり尽くせり、とても利用価値が高いクレジットカードです。旅行プランを組む段階から移動中はもちろん、買い物、宿泊、すべてのシーンで「JALカード 普通カード」が活躍してくれます。しかも「JALカード 普通カード」ならば、旅行中にクレジットカードを使うたび、また次の旅行につながるマイルを生み出します。

定期的に旅行に出かけたい人にとっては、夢をつなぐクレジットカードといえるでしょう。

マイルがたまりやすい

マイルのたまりやすさは「JALカード 普通カード」の大きなメリットの一つです。「JALカード 普通カード」ならば10万円の買い物で500マイルたまります。生活に欠かせない食料品や日用品、日々発生する支払いを「JALカード 普通カード」に集約すれば、1年でかなりのマイルをためることができるでしょう。出張などで飛行機に乗る機会が多い人であれば搭乗ボーナスも加算されるので、さらに多額のマイルをためられます。

また、ワンワールドアライアンス加盟航空会社や提携航空会社のフライトでもマイルがたまりますので、JAL以外でよく使う航空会社が含まれていればさらにマイルがためやすくなります。

マイルがたまるクレジットカードは、他にもありますが「JALカード 普通カード」ほど、分かりやすくたまっていくカードは珍しいのではないでしょうか。

国内外の旅行保険が付帯

JALカード付帯保険は、国内・海外旅行ともに最高1000万円の補償が自動付帯しています。うれしいのは「JALカード 普通カード」で支払っていなくても他の航空会社を利用していても適用となること。旅行に出かけるときの手続きが必要ないため、わずらわしさがありません。もちろん旅行回数に制限もありません。国内旅行中でも、交通機関での事故やツアー参加中のアクシデントでケガを負った場合に補償されます。

家族カードの発行も可能

「JALカード 普通カード」では、年会費1100円で家族会員カードが発行できます。対象となるのは、本会員と生計を同一にする配偶者か両親、高校生を除く18歳以上の子どもです。ただし本会員が学生の場合には、家族会員の申し込みができません。

家族カードでも搭乗時のボーナスマイルとカード付帯保険は、本会員と同等のサービスが適用となります。マイルのたまりやすさは本会員と変わらず、旅行好きの一家であればそれぞれに特典を享受できる点は大きなメリットです。

空港ラウンジの利用が可能

国内主要空港とホノルルの「ダニエル・K・イノウエ国際空港」には、すべてのJAL アメリカン・エキスプレス・カード会員が利用できる「JAL アメリカン・エキスプレス・カード専用ラウンジ」があり、アメリカン・エキスプレスブランドのJALカード 普通カードを持っていれば利用できます。アメックスブランドの年会費は6600円と、他のVISAやMastercard、JCBを選んだ場合のカードよりも少し高いですが、ステイタスカードの魅力が味わえます。

搭乗前にゆったりとしたひとときを楽しむことができ、旅の時間を一層豊かにしてくれるでしょう。

VISAブランドでJALカード 普通カードを制作するメリット

上記に加えて、JALカード 普通カードをVISAブランドで作ることで以下のようなメリットを享受することが出来ます。

VISAのタッチ決済が使える

新たにVISAでJALカード 普通カードを作ると、「VISAタッチ決済」機能付きのカードを手に入れることができます。この機能がついていれば、レジで支払いをする際に「VISAのタッチ決済で」と伝えて、端末にタッチするだけでOK。タッチ決済であれば、サインや暗証番号入力といった接触を減らし、スピーディに決済できます。クレジットカードの中ではVISAブランド限定のサービスです。

VISAタッチ決済が利用できる店舗は拡がっているため、今後も便利に使えるでしょう。

ボーナスマイルが豊富

JALカード 普通カードは条件を満たすことで、合計10,000マイルが手に入る可能性があります。VISAでJALカード 普通カードを作ると、先ほどの説明の通り入会で1,000マイル、初搭乗時にも1,000マイル獲得できます。通常の2倍マイルが貯まるショッピングマイル・プレミアムに同時入会することでも500マイル獲得可能です。

それ以外にも、VISAのタッチ決済を利用すると最大2,000マイル手に入ります。国内の利用で1,000マイル、海外の利用で1,000マイルであり、指定された期間内にタッチ決済を1回以上利用するだけなので、獲得しやすいでしょう。他にも、登録型リボ「楽Pay」に登録することで500マイル、3カ月以内に10万円以上JALカードを利用すると、最大5,000マイルが手に入る可能性があります。

JALカード 普通カードのデメリット

メリットの多いJALカード 普通カードですが、デメリットはあるのでしょうか。

基本還元率が低め

「JALカード 普通カード」の基本の還元率は、0.5%です。人気のクレジットカードには、基本還元率1%というものも少なくありません。「JALカード 普通カード」でも利用の状況やボーナスポイントなどを合わせると、通常よりも高い還元率となる場合もあります。しかしごく普通のクレジットカードとしての使い方をするのであれば、還元率0.5%ではあまりうまみが感じられないかもしれません。

マイルは36ヵ月で無効となる

「JALカード 普通カード」でためられるマイルには、有効期限があるため、注意が必要です。飛行機の搭乗によって加算されたマイルは、搭乗日から36ヵ月で無効となります。そのため有効期限をこまめにチェックしていないと「マイルをせっせとためていたのに失効してしまった」といった悲しい思いをする可能性もあるでしょう。

最新の有効マイル数は「JALマイレージバンク」の画面で確認が可能です。こちらからは、有効期限を迎えるマイル数もリアルタイムで見ることもできます。マイルが無効化する前にムダにしてしまわないように、クーポンや各種商品と交換するなどの対処が必要です。

JALカード 普通カードの口コミ・評判

JALカード 普通カードの評判はどうなのでしょうか。良いもの・悪いもの両方見ていきます。

良い口コミ・評判

良い口コミにはマイルに関するものが多いようです。

アイコン

・JALカード 普通カードはマイルがたまるのが早いのでおすすめ
・フライトだけでなく、買い物した時もマイルがたまって効率がいい

アイコン

・使いやすくてお得
・旅行保険が自動付帯されているので安心

マイルがたまりやすいだけではなく、保険など何かと便利なようです。

悪い口コミ・評判

悪い口コミはどうでしょうか。

アイコン

・飛行機に乗る回数が多いなら、CLUB-Aカードやゴールドカードの方が良いかも
・利用限度額を増額したいときにいちいち申請が必要で面倒

アイコン

・会員サイトが使いにくい

アイコン

・飛行機に乗る回数が多いなら、CLUB-Aカードやゴールドカードの方が良いかも
・利用限度額を増額したいときにいちいち申請が必要で面倒
・会員サイトが使いにくい

細かい点において、使い勝手が悪いと感じる人もいるようですね。

飛行機での移動が多い人におすすめのカード!

「JALカード 普通カード」は、旅行が趣味の人や飛行機での移動が多い仕事の人にとって、非常に魅力のあるクレジットカードです。搭乗のたびにマイルが加算されるほか、各種ボーナスマイル付与もあります。日常的な商品やサービスへの支払いでもマイルがもらえるため、旅行に向けてマイルをためている人にも楽しみが増えるでしょう。

ただし「JALカード 普通カード」のマイルには利用日から36ヵ月という有効期限があります。また他のクレジットカードのポイント制と比較して飛び抜けて還元率が良いというわけではありません。「JALカード 普通カード」の申し込みにあたっては、メリットのみではなくデメリットについても良く理解しておくことが大切です。