カードローンは、急にお金が必要になったときなどに便利なサービスです。しかしカードローンを利用した後は、当然利息をつけて返済しなければなりません。基本的にカードローンは、借入残高に応じて決められた一定額(元利金)を毎月返済していく仕組みです。少しずつ返済できることは、家計への負担が少ないメリットがありますが、なかには「早く返してしまいたい」と思う人もいるかもしれません。

そこで利用したいのが「繰上げ返済」です。この記事では、カードローンの繰上げ返済の仕組みやメリットを説明するとともに、繰上げ返済する際に注意すべきポイントなどについて解説していきます。

編集部おすすめ
 
acom
金利(実質年率) 融資スピード 無利息期間
年3.0~18.0% 最短20分* 30日間**

アコムはとにかく融資スピードが魅力。申し込みから借り入れまで最短20分*!WEB完結手続きも可能です!

\はじめてなら30日間利息0円**/

* お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
** 契約がはじめての方。契約日の翌日から適用。

カードローンの繰上げ返済とは

(画像=PIXTA)
 

基本的にカードローンの返済方法は、「毎月決まった日」に「決まった金額(約定返済金額)」を返済していく約定返済です。毎月の返済日や約定返済金額は、カードローン会社によって異なります。

この約定返済とは別に、任意のタイミングで借入残高の全部または一部を返済することも可能です。契約で決められているよりも前に返済するため「繰上げ返済」と呼ばれています。

なお繰上げ返済の方法は、「カードローン会社が指定する口座に振り込む」「ATMによる返金」「口座振替」などが一般的です。

カードローンの繰上げ返済を行うメリット

繰上げ返済のメリットとして、主に以下の2つがあります。約定返済と組み合わせて上手に利用することが大切です。

返済負担を軽減できる

約定返済金額には、元金返済分と利息分が含まれています。例えば毎月1万円ずつ返済している場合でも、支払った1万円のうち利息分を除いた金額が元金返済に充てられているのです。

一方で繰上げ返済は、任意で払った返済額のすべてを元金の返済に充てることができます。例えば5万円を繰上げ返済する場合、5万円はすべて元金の返済に充てられ借入残高が5万円分減るといった具合です。

カードローンの利息は、元金に対して借入利率を乗じて計算されるため、元金が減れば支払う利息を減らすことができます。結果的に完済までの総支払い金額を軽減させることができる点は、大きなメリットです。

借入期間を短縮できる

カードローンの約定返済金額は、約定返済時の借入残高に応じてカードローン会社が一定額を定める「残高スライド型元利金定額返済方式」を採用している傾向です。そのため基本的に返済が進むにつれて約定返済金額も小さくなっていきます。上述したように繰上げ返済を行うと元金に充当できるため、約定返済だけを行っているよりも元金の減り方が早くなることはメリットです。

結果的に元金を減らすことができるため、借入期間を短縮できます。完済が早まることで精神的にも負担が軽くなるでしょう。

カードローンの繰上げ返済を行ううえでの注意

繰上げ返済をすることで返済負担を軽減できるメリットがある一方で、以下のような3つの注意点もあります。実際に繰上げ返済をする前にしっかりと確認しておきましょう。

手数料がかかる場合もあるので要確認

カードローン会社によっては、繰上げ返済する際に手数料がかかる場合もあるため、注意が必要です。繰上げ返済の方法としてカードローン会社が指定する銀行口座に振り込みする場合、振込手数料がかかります。せっかく繰上げ返済をして金利負担が減少しても手数料がかかると、そのメリットが相殺されたり、逆に負担が大きくなってしまったりする可能性もあります。

手数料がかかる場合は少額の繰上げ返済をこまめに行うのではなく、ある程度まとまってから繰上げ返済するなどの工夫が必要です。こまめに繰上げ返済をしようと考えている場合は、カードローンを契約する前の段階で繰上げ返済がかからないカードローン会社を選ぶようにしましょう。

繰上げ返済をしても約定返済日には返済しなくてはいけない

繰上げ返済で完済してしまう場合は別ですが、一部を繰上げ返済する場合、毎月の約定返済は別途行う必要があります。なぜなら冒頭で説明したとおり、約定返済は毎月決まった日に決まった金額を返済するルールだからです。繰上げ返済を行い、借入残高が減ったことで今までよりも約定返済金額が減る可能性はあります。

しかし約定返済日はそのまま変わることはないため、引き続き返済が必要です。繰上げ返済をするタイミングによっては、1ヵ月のうちに繰上げ返済と約定返済の2回返済することになるケースもあります。特に繰上げ返済をした後に約定返済日が到来する場合は、「今月はすでに返済が終わっている」と勘違いして口座に返済金を入金し忘れてしまうケースもあるかもしれません。

約定返済日に返済ができないと、結果的に遅延損害金を支払うことになったり、個人信用情報に延滞情報が記録されて他の借り入れに支障をきたしたりする可能性もあります。繰上げ返済を行う場合は、「約定返済と繰上げ返済は別」ということを忘れずに口座残高もきちんと確認しておきましょう。

生活を圧迫しないよう繰り上げ返済は計画的に行う

カードローンを利用している人の中には、「一時的に借り入れしただけなので早く完済したい」と考える人もいるかもしれません。そのような場合に繰上げ返済は有効です。しかし生活費や使途が決まっているお金まで繰上げ返済に充当してしまうと、後々生活を圧迫することになりかねません。必要なときに必要資金が足りなくなってしまい、結局再度カードローンを利用してしまうのでは本末転倒です。

毎月必要な支出や近い将来必要な資金を使ってしまうことのないように、繰上げ返済を行う際は、計画的に行いましょう。

カードローンの繰上げ返済を行う適切なタイミング

では、どのようなタイミングで繰上げ返済をすればいいのでしょうか。まず考えられるのがボーナスなどの臨時収入が入ったときです。「ボーナスは貯金する」という人もいるかもしれません。しかし例えば消費者金融のカードローンの金利は借入金額によっても違ってきます。10%前後というものも多く、定期預金利率が0.02%だとすると約500倍の違いです。

使わない予定のお金であれば定期預金に預けておくよりも、繰上げ返済をして借入残高を減らし支払う利息額を少なくするほうが家計にはプラスになるでしょう。ただし前述したようにあくまでも近い将来資金の必要性がないことを確認して繰上げ返済することが大切です。自分の収支や資金の必要性などによって適切なタイミングを計りましょう。

カードローンの繰上げ返済はいつ活用するのがいい?

余裕資金が出るタイミングは、ボーナスなどの収入が入ったときだけでなく、出ていくお金が減るときにも生じます。例えばカードローンの返済が進み、毎月の約定返済金額が減るようなときです。今まで1万5,000円だった約定返済が翌月から1万1,000円に減るような場合は、1ヵ月の支出が4,000円減ることになります。この減った4,000円をそのまま繰上げ返済に回していけば、家計支出も今までと変わらないため、負担に感じることも少ないでしょう。

カードローン会社によっては、繰上げ返済の時期(日)と金額を指定すれば、口座振替をしてくれるところもあります。約定返済日と同じ日に(約定返済額と合わせて)これまでと同じ額を振り替えてもらえるように設定しておくことも選択肢の一つです。

上の例で言えば、繰上げ返済の振替日を約定返済日と同じ日に設定し、繰上げ返済金額を4,000円と指定します。こうすることで同一日にこれまでどおり1万5,000円(約定金額1万1,000円+繰上げ返済4,000円)が振替でき、口座残高も管理しやすいでしょう。ただしこのような方法は、一般的にWebサイトの会員専用ページやアプリなどからそのつど指定入力しなければなりません。

約定返済に合わせて繰上げ返済をする場合は、毎月手続きが必要な点は忘れないようにしましょう。あわせて繰上げ返済手数料がかからないことを確認することも大切です。

カードローンの繰上げ返済に関するQ&A

最後にカードローンの繰上げ返済に関して良くある疑問についてQ&A形式でまとめて紹介します。

Q:繰上げ返済以外におすすめの返済方法はある?

繰上げ返済をすることで、「返済負担を軽減」することができます。しかしこれが主目的であれば繰上げ返済ではなく、カードローンの借り換えを検討するのもいいでしょう。今利用しているカードローンの金利よりも低い金利のカードローンに借り換えをすることで、現在よりも返済や金利負担を軽減できる可能性があります。

しかし繰上げ返済の目的が「借入期間を短縮したい」という場合は、借り換えることで借入期間がどのように変わるかシミュレーションして確認することが必要です。借り換えることで既存のローンはなくなりますが、新たに借り入れたカードローンの返済が始まります。契約内容によっては、借入期間が長くなる可能性もあるため注意が必要です。

またカードローンの借り換えは、別のカードローンを新たに申し込むことになります。新たに審査が行われますが、申込時の状況によっては審査に通過しない可能性もあるでしょう。目的に合わせるだけでなく、これらのリスクがあることも理解したうえで繰上げ返済か借り換えを選ぶことが大切です。

Q:繰上げ返済と臨時返済は同じ意味?

カードローン会社によっては「繰上げ返済」のことを「臨時返済」「追加返済」などと呼んでいるところもあります。「臨時で」「追加で」任意に返済していくことにより返済期間が短縮する、つまり繰り上がることから「約定返済」に対して「繰上げ返済」といわれます。言葉は異なりますが意味や基本的な仕組みは同じです。

それでも繰上げ返済の具体的な方法(口座振替、ATM返金、振込など)は、カードローン会社によって異なります。利用しているカードローン会社に確認してみましょう。

カードローンの繰上げ返済まとめ

カードローンは、毎月決められた金額を返済していく「約定返済」に加えて、任意で「繰上げ返済」をすることも可能です。繰上げ返済した金額は、そのまま元金返済分に充てられるため、元金の返済が進み、支払う利息を軽減できたり、借入期間が短縮できたりするメリットがあります。資金に余裕がある際は、上手に繰上げ返済を取り入れてみてはいかがでしょうか。