コーポレート・ガバナンス

当社は、コーポレートガバナンスの基本的な考え方として、企業価値の安定的な増大と株主重視の立場に立って経営の健全性の確保と透明性を高めることが重要であると認識しております。そのために、財務健全性を追求すること、迅速かつ適切な情報開示を実施すること、取締役及び監査役がそれぞれ独立性を保ち業務執行及び監査責任を果たすことを経営の最重要方針としております。
また、コーポレート・カバナンスの効果を上げるために、内部統制システム及び管理部門の強化を推進し、徹底したコンプライアンス重視の意識の強化とその定着を全社的に推進して参ります。

コーポレートガバナンス図

取締役会

取締役会は、取締役6名(うち社外取締役3名)で構成されており、毎月1回の定例取締役会のほか、必要に応じて機動的に臨時取締役会を開催し、経営に関する基本方針について意思決定するとともに、取締役の職務執行状況の監督を行っております。また、取締役会には、監査役3名(3名全員が社外監査役)が毎回出席し、意思決定や職務執行状況の適法性等の監査を行っております。
なお、社外取締役においては、社外取締役が取締役会における議案・審議等について、異なるバックグラウンドや専門領域をベースとして高い見識及び豊富な経験をもとに、客観的・中立的立場からの意見を提言することで、取締役会の適切な意思決定及びコーポレート・ガバナンスの強化につながると考え、社外取締役を選定しております。

監査役及び監査役会

監査役は、常勤監査役1名及び非常勤監査役2名の監査役3名(3名全員が社外監査役)を選任し、その全員が取締役会に、また常勤監査役が経営会議を含む重要な会議体及び委員会等に出席して、取締役の職務執行状況や内部統制システムの整備・運用状況を調査するとともに、必要に応じて適宜意見を述べております。
また、監査役会は、原則として毎月1回開催し、監査方針を決定し、各監査役の監査結果の報告及び協議を行っております。

内部監査及びリスク管理委員会

当社は、代表取締役社長直轄の内部監査担当を設け、内部監査を実施しております。内部監査は業務の効率性や各種規程、職務権限に基づく統制、コンプライアンス重視の観点から、原則として本社、連結子会社を監査対象とし、定期的に監査を実施することとしております。また、必要に応じて監査役及び監査法人との連携を行い、内部統制の強化に努めております。
リスク管理委員会は、コンプライアンスに則った経営の推進を確保するため、代表取締役社長を委員長、常勤監査役及び関連役員・部室長を含む委員により構成され、毎月コンプライアンスの推進状況の報告や情報共有、内部通報規程に基づく業務等を行っております。

個人情報保護方針

当社は、複数のメディアプラットフォームの運営、コンサルティング事業を核とした事業活動を行っています。事業活動を通じてお客様から取得する個人情報及び当社従業者の個人情報(特定個人情報を含む、以下「個人情報」という。)は、当社にとって重要な情報であり、その個人情報を確実に保護することは、当社の重要な社会的責務と認識しております。したがって、当社は、事業活動を通じて取得する個人情報保護方針を策定し、これに従って取り扱い、個人情報保護に関して、お客様及び当社従業者への「安心」の提供及び社会的責務を果たしていきます。

反社会的勢力への対応

当社グループは、反社会的勢力との会社はいかなる場合においても、反社会的勢力との取引を行わず、金銭その他の経済的利益を提供しません。また、反社会的勢力との関係遮断にあたっては、警察当局や弁護士等とも連携して対応にあたっています。グループ各社の全役職員に対し、常に意識を高く持つための研修も定期的に実施しています。