INTERVIEW

Wantedly

横井一隆
2018年入社
メディアプラットフォーム事業部

「知的好奇心がお金になる」生活が理想

株式会社ZUUに入る前

今回紹介するのは、新卒2年目の、横井さんです。前例のないことに取り組むのが好きだという言葉の通り、四半期ごとに全く違うビジネスに携わり成果をあげる横井さん。「知的好奇心がお金になる」生活が理想だと話す彼の学生時代や就活の軸、仕事のやりがいについて話を聞きました。


―横井さんは大学時代はどんなことに熱中していたんですか?

横井:東京大学在学時は大学新聞を発行しているサークルで、学術系ニュースを担当していました。受験生向けの大学情報本の編集長をしたこともあります。

―その頃からメディアビジネスに興味があったのでしょうか。

横井:そうですね、大学時代から面白そうだと感じていました。同時に「新しいことをやりたい」という気持ちもあって、その2つの軸を組み合わせると、自然とベンチャーに辿り着いたんです。

―最初からベンチャーに絞って就活をしたんですか?

横井:最初は大企業やコンサル業界も見ました。ただ、自分の母校の先輩でベンチャーキャピタリストをしている方がいて、その方の講演を聞いたりする中で、ベンチャーに進む決心が固まりました。

入社の決め手

―ZUUに入社した決め手は何だったんでしょうか。

横井:色々な経験ができるという期待感です。

メディアビジネスの企業は他にもありますが、ある程度「できあがっている」ところが多かったんです。既にできあがっているところに入社しても、つまんないなと。

規模が大きくベーシックなことを一通り経験できることに加え、企業として伸びしろが感じられるかどうかが自分にとって重要なポイントでした。ZUUではちょうど新しい事業が次々始まっているタイミングで、メディアビジネスも完全にはできあがっていないところが魅力的だと感じました。

―「新しいことをやりたい」という横井さんの仕事の軸が、ZUUでなら叶えられると思ったんですね。

横井: ZUUの社長が書いた「鬼速PDCA」を読んだことも、入社したい気持ちにつながりました。最初はぶっちゃけ引いたんですが、仕事の型として納得できる内容だと思いました。新卒だからこそ、仕事の基礎を早く身につけたくて、楽な会社より鍛えられそうな会社を選びました。

ZUUでの仕事のやりがい

―入社してからはどんな仕事に取り組んだのでしょうか?

横井:実は四半期ごとに全く違う仕事をしているんですよ。でもその環境が面白いと感じています。

最初は編集部で記事制作やSEO対策に注力し、次は有料会員を増やすための施策を考え特集を担当しました。その後、180度変わっての転職支援事業の部署で採用イベント集客を行いました。2年目の春からは不動産投資系のイベント事業の立ち上げに加わり、イベント集客の仕組み化に成功しました。今はネットワーク広告収益を伸ばす業務がメインです。

1年目から誰もが名前を知る大企業の記事制作に携わったり、2年目にしてイベント集客に一から取り組んで300名の申し込みを達成したり、苦労したことも多いけれど密度の濃い時間を過ごせたと思います。前例がない中で仕組み作りをすることが、自分にとっての大きなやりがいです。

―横井さんにとっての仕事の楽しさはどこにあるのでしょうか。

横井:知らない分野に飛び込み、ノウハウやビジネスモデルを理解して知識を習得することをキャッチアップといいますが、ZUUでの仕事は高速キャッチアップの連続です。高速キャッチアップでどうにかして成果をあげる――その過程に面白さを感じます。

また、メディアビジネス特有の複雑さも魅力です。多くのベンチャーでは、特定の課題を解決してくれる1つのサービスが成功するよう皆が協力して進めます。しかし、メディアビジネスの場合、ユーザーさんが持っている課題の幅が広いです。それゆえに適切にユーザーさんやクライアントの課題を解決することで収益をあげるには一筋縄ではいかず、逆に様々なユーザーさんが訪問してくれるからこそ利益を生み出す方法はたくさん存在します。だからこそ、色んな経験を積めるのが魅力です。

―ZUUでの仕事を通じて横井さんが実現したいことはありますか?

横井:「金融関係の情報格差を解消する」というミッションをまずは確実に実現したいです。その指標として現在の広告収益担当業務を捉えています。

記事を読んで共感・納得するからこそ、読者は広告のリンクをクリックする。メディアとしてはそれが広告収益になります。だからこそ広告収益の増加は、読者による理解の深まりと因果関係がある程度にあるはずで、ミッション達成の一つの指標になると捉えています。

―ZUUでの仕事を通じて、成長を実感することはありますか。

横井:働き始めてから、毎日の振り返りが習慣化されました。目標を設定してKPIをKDIに落とし込むことで、自分の行動を変えられます。実はKPIよりもKDIが重要だと気づいたのも、働き始めてからの大きな変化です。

―横井さんが今後ZUUで目標とすることはどんなことでしょうか。

横井:入社2年目ですが、既に編集や広告・マーケティングなど幅広い分野を経験してきました。今後はエンジニアに近い業務にも取り組みたいです。大学時代に簡単なVRゲームを作ったことはありますが、仕事で開発をするなら、かなり勉強しないと務まりません。未知の分野に挑戦すれば、それだけ自分の幅が広がります。

やろうと思えば何でもできるのが、ベンチャーの魅力です。前例のない業務に取り組み、成果をあげる中で、自然と自分が成長する。そんな今の環境が気に入っています。

―横井さんの個人の目標はありますか?

横井:将来は独立して自分の会社を作りたいです。

発信した情報が他の人に伝わって評価され、お金を生む――それがメディアビジネスです。自分の知的好奇心も満たせるし、他の人の価値観を変えることもできる。「自分の知的好奇心が勝手にお金になる」生活を想像すると、わくわくしませんか?

就活中の学生に向けたメッセージ

―最後に、就活中の学生に向けたメッセージをお願いします。

横井:「メディアという人が集まる場所を活用して、どんなビジネスを創るか?」そう聞いて好奇心がくすぐられる人は、ZUUの仕事に向いていると思います。

メディアビジネス自体業界の進む速度が速いのはもちろんのこと、ZUUでは仕事の処理自体もハイスピードで進めていかなければなりません。持ち前の負けん気で高速キャッチアップを楽しめる人をお待ちしています。