株,証券会社,口座開設
(写真=PIXTA)

株をやる、ということは言わずもがな株式の売買、つまり投資を行うということである。

ただ、これから株を始めようと思っていても、何から始めたらいいかわからないという方も多いだろう。株式投資を行うためには、まず証券会社で専用の口座を開設する必要がある。とはいえ、証券会社の数は多く、どの証券会社で口座を開設すればいいのかわからないという方も多いのではないだろうか。

そこで、今回は、口座の開設方法から証券会社の選び方などに焦点を当て、解説していく。

目次

  1. 株を始めるには?まずは口座の開設を
  2. 証券会社の選び方は
    1. 総合証券かネット証券か
  3. 特定口座と一般口座の違いとは?
  4. 株式投資するなら複数口座を持つべき理由
  5. 株の口座を開いて、意識を変えよう
  6. 実際に株式投資を始めてみる
※当サイトのランキングは弊社が独自に行なった証券会社のイメージ調査の結果と対象となる証券会社の公式サイトの掲載情報を総合的に判断し、順位をつけています。
ランキングの根拠についてはこちら
この記事に登場する専門家

おすすめネット証券ランキング

証券会社 手数料
(税込)
投資
信託
IPO 外国株
10
万円
50
万円
100
万円
証券口座1位1位
SBI証券
最大207,500円
キャッシュバック


0円

2,680本

85社

9ヶ国
証券口座2位2位
楽天証券
ポイント山分け
キャンペーン

0円

2,701本

38社

6ヶ国
証券口座3位3位LINE証券
176円

484円

869円

30本
×
取扱なし
×
取扱なし
4位松井証券
0円

0円

1100円

1,256本

18社
×
取扱なし
5位マネックス証券
110円

495円

1100円

1,202本

50社

2ヶ国
証券会社 手数料


おすすめポイント
10
万円
100
万円
初心者におすすめネット証券1位1位SBI証券
無料
※1
手数料、IPO、外国株 全てトップクラス
初心者におすすめネット証券2位2位楽天証券
無料
※2
× 楽天ならではのポイント制度が充実
初心者におすすめネット証券3位3位LINE証券
176円
※3

869円
※3
LINEアプリから株の売買ができる
4位松井証券
無料

1100円
× 手厚いサポートで初心者でも安心
5位マネックス証券
110円

1100円
米国株取扱数No.1、IPOの実績も◎
※データはSBI証券楽天証券松井証券マネックス証券LINE証券各公式ページより引用
 

株を始めるには?まずは口座の開設を

口座の開設自体は誰でも無料で行うことができる。インターネットからの口座開設が可能な証券会社がほとんどであり、必要事項を入力し、フォームを送信すれば開設の手続きができる。

口座開設の流れは、

(1)店舗、もしくはインターネットや電話で口座開設申込書を請求する

(2)申込書に必要事項を記入・署名・捺印の上、必要書類を添えて提出する(インターネットや電話で請求した場合は、書類を返送する)

(3)審査を経て、口座開設完了

となります。

引用元:口座開設の時に必要な書類等は?|投資の時間|日本証券業協会

その際に、「本人確認書類」「マイナンバー通知書」が必要となるので、手元に準備しておこう。それらの書類は、画像でのアップロードやメールでの送信が可能な場合もあるので、面倒な郵送手続きなどは不要である。

情報確認、本人確認が済むと、IDや仮パスワードなどの情報が郵送で送られてくる。それにより、口座開設が完了する。口座に入金を行うことで、取引が可能となる。

証券会社の選び方は

では次に、数ある証券会社の中からどの会社を選び口座開設をしたらいいか、具体的に証券会社の違いを比較していこう。

総合証券かネット証券か

実店舗のある総合証券会社か、ネット証券会社かという分類がある。大きな違いとしては、サポート体制と手数料にある。

総合証券の場合

野村證券や大和証券などの店舗型の総合証券会社の場合、いわゆる証券マンに投資についての相談をすることができる。資金に対して、最適な投資方法のアドバイスをもらえたり、相場の状況などを説明してくれることもあるだろう。

ただし、傾向として取引手数料は高く設定されていたり、証券マンが販売したい商品を勧められるといったこともある。もちろん、投資したものは自己責任となるので、参考程度に活用するといいだろう。手数料は高くても、誰かに相談しながら株を始めたいという方は、実店舗型をおすすめする。

ネット証券の場合

一方、ネット証券と呼ばれる証券会社には基本的に、実店舗が存在しない。相談を行うことはできないが、実店舗型の証券会社に比べ取引手数料が格安であり、取引額によっては手数料が無料だ。

また、ネット証券会社の中にもSBI証券や松井証券のように、相談を行うことが可能で、実店舗型と変わらないサービス内容で勝負をしている会社もある。

近年では、インターネットで取引はできるネットの証券会社で口座開設している人が増えている。株式会社ZUUが2021年4月に証券口座保有者500人に行った調査では、証券会社との主な取引方法は、「証券会社の店頭」や「電話」と回答した人が計9%、「PCやスマートフォンなどのインターネット取引」と回答した人が87%という結果だった。(調査期間:株式会社ZUU/実査機関:クロスマーケティング)

また、取り扱っている商品や利益に応じて手数料が変わってくる証券会社もある。どれくらいの資産を、何に、どのような目的で投資を行うのか明確にしておくと、証券口座選びの際の基準にすることができるだろう。

証券会社 手数料 少額投資 おすすめポイント
10万円 50万円 100万円
初心者におすすめネット証券1位1位SBI証券
無料
※1
手数料、IPO、外国株
全てトップクラス
初心者におすすめネット証券2位2位楽天証券
無料
※2
× 楽天ならではの
ポイント制度が充実
初心者におすすめネット証券3位3位LINE証券
176円
※3

484円
※3

869円
※3
LINEアプリから
株の売買ができる
4位松井証券
無料

1100円
× 手厚いサポートで
初心者でも安心
5位マネックス証券
110円

495円

1100円
米国株取扱数No.1
IPOの実績も◎
  1. ※2020年11月現在
  2. ※1. アクティブプランの場合
  3. ※2. いちにち定額コースの場合
  4. ※3. 買付は無料、売却のみ手数料がかかる。
  5. ※データはSBI証券楽天証券松井証券マネックス証券LINE証券各公式ページより引用
証券会社 手数料


おすすめポイント
10
万円
100
万円
初心者におすすめネット証券1位1位SBI証券
無料
※1
手数料、IPO、外国株 全てトップクラス
初心者におすすめネット証券2位2位楽天証券
無料
※2
× 楽天ならではのポイント制度が充実
初心者におすすめネット証券3位3位LINE証券
176円
※3

869円
※3
LINEアプリから株の売買ができる
4位松井証券
無料

1100円
× 手厚いサポートで初心者でも安心
5位マネックス証券
110円

1100円
米国株取扱数No.1、IPOの実績も◎
  1. ※2020年11月現在
  2. ※1. アクティブプランの場合
  3. ※2. いちにち定額コースの場合
  4. ※3. 買付は無料、売却のみ手数料がかかる。
  5. ※データはSBI証券楽天証券松井証券マネックス証券LINE証券各公式ページより引用
専門家のコメント

特定口座と一般口座の違いとは?

はじめに口座の開設方法について解説した。実は、証券口座には特定口座と呼ばれるものと、一般口座と呼ばれるものが存在する。さらに特定口座には、源泉徴収ありとなしを選択することになるため、実質3つのうちから選択することになるのだ。

特定口座とは、年間取引報告書というものを証券会社が作成してくれる口座のことを言う。さらに、源泉徴収の有無はどれくらいの利益を見込んでいるかによって使い分ける必要がある。

特定口座を開設すると、証券会社や金融機関は、特定口座内における上場株式などの議渡損益を管理し、年間の損益を計算した「特定口座年間取引報告書」をお客様と所轄の税務署へ交付します。

引用元:特定口座|投資の時間|日本証券業協会

株の売買による利益は、譲渡所得と言う。会社員の場合でも、譲渡所得が20万円を超えた場合には確定申告をする必要がある

源泉徴収ありの特定口座にした場合、毎月の給与から税金が天引きされるように譲渡所得から税金があらかじめ引かれることになるため、確定申告の手続きが不要になる。ただし、譲渡所得が20万円に満たない場合には多く税金を支払ってしまうというケースも起こりうる。

少額の取引のみの場合には、源泉徴収なしの特定口座を検討してもいいだろう。もし、譲渡所得が20万円を超えた場合には、年間取引報告書を使い、確定申告をすれば良い。

一方、一般口座はこのような年間取引報告書の作成を自分でする必要がある口座である。自身で損益を管理し、確定申告を行う必要がある。

株式投資するなら複数口座を持つべき理由

もちろん、口座が一つあれば株式の取引は可能である。しかし、株式投資を行っている人の多くは複数の口座を所有している。それには理由がある。証券会社ごとのサービスの違いがあるのだ。

例えば、口座を持っているだけでオンラインセミナーを受講することが可能であったり、分析ツールを提供してくれる証券会社もある。つまり、複数口座を開設することで、これらのメリットを受けることができるのだ。

取引頻度などにもより、どの口座をメインに据えるかは異なるが、取引用の口座と、そうした無料サービスや情報を提供してくれる口座を開設してみるのも一つの手である。

証券口座を複数持つことについてもっと知りたいならこの記事を読むといいだろう。

株の口座を開いて、意識を変えよう

インターネットの普及により、株式投資は誰でもできる身近な存在となった。口座開設は誰でも簡単にできるので、興味がある方はまず、株式投資用の口座を作ってみてはいかがだろうか。

口座を持つことで投資に対する意識が芽生え、日々のニュースなども、今までとは違う視点で見ることができるようになるかもしれない。(ZUU online 編集部)

証券会社イメージ調査の概要

ZUU online編集部では当ページの作成にあたり、各証券会社のイメージに関して株式会社ZUUが独自調査を行い、客観的な統計データによる執筆を行っております。

・実施期間:2021年4月

・調査の概要:各証券会社のイメージに関するアンケートの収集

・調査対象:証券会社で口座を有する国内の20歳以上の男女

・有効回答件数:500件

・実査機関:株式会社クロス・マーケテイング

証券会社での主な取引方法はなんですか

全体 回答数
PCでのインターネット取引 271 54.2
スマートフォンやタブレットなどの
インターネット取引
165 33.0
証券会社の店頭での注文 23 4.6
電話での注文 21 4.6
金融仲介業者を
介しての注文
23 4.6
その他 15 3.0

実際に株式投資を始めてみる

■口座開設数1位、IPO取扱数1位、投信本数1位、外国株取扱国数1位
>> SBI証券の口座開設はこちら

■口座開設数2位、外国株や投資信託に強く、マーケットスピードも使える
>> 楽天証券の口座開設はこちら

■米国株の取扱に強く、IPO取扱数2位、ミニ株も取引できる、手数料も安い
>> マネックス証券の口座開設はこちら

■三菱UFJフィナンシャル・グループで安心、ミニ株も取引できる
>> au カブコム証券の口座開設はこちら

■業界最安水準の手数料が売り
>> ライブスター証券(新:SBIネオトレード証券)の口座開設はこちら

■どの約定金額でも手数料最安レベル
>> GMOクリック証券の口座開設はこちら

■株主優待名人の桐谷さんも開設、少額取引の手数料が0円
>> 松井証券の口座開設はこちら

■IPO当選確率を上げるならおすすめ、ツールも魅力的
>> 岡三オンライン証券の口座開設はこちら

DMM.com証券
引用元:DMM.com証券

■手数料が業界最安値水準な上に取引でポイントがたまるDMM.com証券
>> DMM.com証券の口座開設はこちら

コメントしている専門家