SBI証券 松井証券
(画像=NETMONEY編集部)
  1. SBI証券と松井証券のスペック比較表
    1. 国内現物株
    2. 現物株以外の取扱商品など
  2. SBI証券の口コミ・評判
    1. SBI証券の良い口コミ・評判
    2. SBI証券の悪い口コミ・評判
  3. 松井証券の口コミ・評判
    1. 松井証券の良い口コミ・評判
    2. 松井証券の悪い口コミ・評判
  4. SBI証券のおすすめポイント
    1. IPO取扱実績No.1
    2. 取扱手数料が安くプランも豊富
    3. 金融商品のラインナップが豊富
  5. 松井証券のおすすめポイント
    1. 手数料が安い
    2. サポートが手厚い
    3. 老舗のネット証券だから安心
  6. SBI証券と松井証券を徹底比較
    1. 取引手数料を比較
    2. ツールを比較
  7. 初心者が選ぶならどっちがおすすめ?
  8. SBI証券の口座開設方法
    1. STEP1 メールアドレスの登録
    2. STEP2 認証コードの入力
    3. STEP3 お客様情報の設定
    4. STEP4 規約の確認
    5. STEP5 入力内容の確認
    6. STEP6 口座開設方法の選択
    7. STEP7 口座開設申し込みの完了
  9. SBI証券では三井住友カードで積立投資をすると最大2%還元!
    1. Vポイントが貯まる
    2. つみたてNISAにも対応
    3. SBI証券Vポイントサービスでお得に投資
  10. 証券会社を選ぶ際は、手数料以外の点もチェックしよう
  11. SBI証券と松井証券に関するよくある質問

SBI証券と松井証券のスペック比較表

株式や投資信託など投資を始める際は、証券会社に口座を開設します。しかし「どの証券会社がベストなのか分かりにくい」という方も多いのではないでしょうか。

そこでこれから口座を開きたい人のためにSBI証券と松井証券を紹介します。両社の特徴やメリット・デメリットを確認し、使いやすい証券会社はどちらかを考えてみましょう。

SBI証券と松井証券の特徴を紹介します。

国内現物株

まずは、国内現物株の取引手数料です。

  SBI証券
(スタンダードプラン)
松井証券
(26歳以上)
松井証券
(25歳以下)
5万円まで 55円 0円 無料
10万円まで 99円 0円
20万円まで 115円 0円
50万円まで 275円 0円
100万円まで 535円 1100円
※表記はすべて税込み

SBI証券では、スタンダードプランの場合1注文の約定ごとに手数料がかかりますが、松井証券では1日の合計約定額で手数料が決まります。そのため松井証券では1日に何度取引しても約定代金が50万円以下であれば手数料は0円です。また松井証券は25歳以下の人であれば現物株取引の取引手数料が完全無料となっています。

※SBI証券でも1日の約定代金の合計金額に応じて手数料がかかる「アクティブプラン」の場合は100万円まで無料です。

現物株以外の取扱商品など

では、国内現物株以外の取扱商品について確認してみましょう。

  SBI証券 松井証券
投資信託取扱数 2640本
※2021年8月現在
1505本
※2021年8月現在
外国株 米国株、中国株・韓国株など9ヵ国 国内市場に上場していない外国株の取り扱いはなし
単元未満株 取り扱いあり 取り扱いなし
IPO取扱銘柄数
(2020年実績)
85社 18社

SBI証券と違って 松井証券では海外市場の外国株は取引できません。投資信託取扱数も大きく異なりますので要確認ポイントといえます。また特にチェックしておきたいのは、IPO(新規上場株)の取扱銘柄数の違いではないでしょうか。両社で4倍以上の違いがあります。

\2021年3月通期のIPO取扱銘柄数No.1!/

次章以降でSBI証券と松井証券の評判やメリット・デメリットもチェックしてみましょう。

SBI証券の口コミ・評判

SBI証券の評判

SBI証券で口座を開設した人の声を集めました。利用者はどのように感じているのでしょうか。

SBI証券の良い口コミ・評判

SBI証券の良い口コミ・評判には、以下のようなものがありました。

スズキイチロウ|60代男性

★★★★☆

2022/05/26

 

SBI証券はネット証券の中でもわりと株式の売買手数料がお得な証券会社だと思います。自分の株式取引パターンによって支払う手数料の方法を選択できて良いと思います。一日の売買取引回数が少ないのであれば、取引回数単位での手数料徴収方式を選択するのが良いです。また、一日に何度も売買取引を行なうのであれば、一日の売買取引合計金額に応じた手数料徴収方式を選択することができます。その日の自分の取引パターンに応じて手数料支払方式を変更できるのでとても便利です。

てぃみ|30代女性

★★★★★

2022/05/26

 

マーケットや個別株の情報が豊富で、専門家のコラムも充実している。なかなか自分では外国株式の情報を得にくいので、投資先の選定にとても役立つ。取引もウェブ上で簡単にでき、特に米国株は手数料も安いと思う。最近は、ドコモポイントと連携できたり、外国株式の資産状況がひと目でわかるようになったりと少しずつ改良されてますます使い勝手が良くなった。

kuroneko|50代女性

★★★★★

2022/05/26

 

取り扱い商品が豊富で、手数料の低い商品も多く、投資を始めやすい証券会社だと思います。積立も、一日100円から設定でき、変更も簡単にできます。IPOの取り扱い銘柄も多く、例え当選しなくても、一回の応募につき1ポイントのIPOポイントがたまり、それを利用すると当選確率がアップするというメリットがあります。

手数料の安さ以外にも取引ツールの使いやすさをメリットとして挙げる人が多くいました。

\初心者から経験者まで満足の取引ツール!/

SBI証券の悪い口コミ・評判

SBI証券の悪い口コミ・評判も確認しておきましょう。

KK|20代男性

★★☆☆☆

2022/05/26

 

SBIは兼ねてより使用しているのとポジションを保有している関係で現在も継続して使用しております。 毎週末のメンテナンスをするのは仕方がないとは思うのですが、メンテナンス頻度の割には不具合多発の改善を強く望みます。 特にザラ場や寄り付き5分前の不具合でポジションを解消できなかったり、指値が引っかかったりする場合もあるので最悪です。

まちゃお|30代女性

★★☆☆☆

2022/05/26

 

IPOへ当選したいため、数年IPO申し込みを継続しています。有名ですが、IPOに申し込みし、外れるとIPOポイントが貯まり、次回IPOに申し込む際に貯まったポイントを利用すると当選確率が上がるというものです。 ここ最近はIPO参加者が多く、ポイントを集めてもなかなか当選しないという声をよく耳にしますが、いつか当たりますように。という気持ちを込めて毎回応募しています。 他の証券会社にはないポイント制度がウリだと感じています。

SBI証券

悪い点としてサイトの使いにくさやIPO当選確率の低さが挙げられていました。また「証券用語の解説がない」など初心者向けサポートが不十分という声も聞かれます。

松井証券の口コミ・評判

松井証券の評判

松井証券の口コミや評判を確認しましょう。

松井証券の良い口コミ・評判

松井証券の良い口コミ・評判を集めてみました。

シン・チャート|60代男性

★★★★★

2022/05/26

 

私は株初心者ですが、手数料が安い松井証券を利用しています。当初、エントリーや手仕舞いの仕方、逆指値の方法など頭では理解していましたが、実際やってみるとわからないことばかりでした。松井証券の動画はとても丁寧で理解しやすいです。それでもわからないときは電話で尋ねています。親身になって私のくだらない質問にも丁寧に分かりやすく答えてくれます。

ここあ|30代男性

★★★★☆

2022/05/26

 

松井証券は1日の約定代金合計が50万円以下なら、取引手数料が無料となり、初心者が株式取引を行いやすい環境です。また、困った時のサポートへの電話がつながりやすく、かつその対応が丁寧であったことが好印象です。IPOでは全体の3~4割程度で幹事を務めています。また、IPOの抽選申込み時に抽選資金の入金が不要であり、当選後の入金で良いことから、とりあえず申込みだけしておくということも可能であり、抽選参加のハードルは低いです。

ポンタ|40代女性

★★★★☆

2022/05/26

 

松井証券での株式の売買をはじめて10年近くになりますが、今までトラブルもなく利用させてもらっています。 1日50万円までの現物株取引に関して手数料無料であることと、ポイントがたまった際にDポイントに交換できるようになったところがありがたく思います。 操作も比較的簡単で、情報もしっかり見られるので、株式の初心者でもあまり心配せず利用できるかと思います。 単位未満株の取引きが売りのみにしか対応できないことが、デメリットのような気がします。

手数料の安さやスマホアプリの使いやすさについての評判が良いようです。また電話・メールなど相談窓口のサポートが手厚い点が気に入っているという声が多くありました。

\株主優待名人の桐谷さんも利用!/

松井証券の悪い口コミ・評判

松井証券の悪い口コミもご紹介します。

やまちゃん|30代男性

★★★☆☆

2022/05/26

 

老舗のネット証券で、手数料の安さが魅力だった証券会社で、手数料の安さに惹かれて口座を作りました。しかし、昨今、SBI証券や楽天証券、マネックス証券といった大手ネット証券と手数料では差がなくなり、魅力がなくなっています。取引画面や取引ツールも他社がITを駆使して最先端を提供してくれているのに比べて見劣りします。

松井証券

松井証券は「後発の大手ネット証券と手数料の差がない」という意見がありました。また口座開設時には、保有する銀行口座と松井証券が連動しているかを確認する必要がありそうです。

SBI証券のおすすめポイント

SBI証券のおすすめポイントについて以下の3点を確認してみましょう。

SBI証券のおすすめポイント

  • IPO取扱実績No.1
  • 取引手数料が安くプランも豊富
  • 金融商品のラインナップが豊富

IPO取扱実績No.1

投資用語で「IPO」といえば企業が上場する際、証券会社(幹事証券会社と呼ばれています)を通じて株を不特定多数の投資家に渡すことを指します。投資家側は公募で決定した金額を支払い、株式を手に入れることが可能です。IPOで手に入れた株は、上場後に売却することもできます。IPO株は、公募価格よりも初値が高くなること多いため、投資家から人気です。

SBI証券は、IPOの取扱いが非常に多い証券会社として知られています。2020年のIPO取扱実績は、85件です。同年の新規上場会社のうち約91.4%と、たくさんの銘柄を扱いました。

\IPO実績は業界トップクラス!/

取引手数料が安くプランも豊富

SBI証券は、株式取引手数料の安さを求める投資家からも良い評判が聞かれます。スタンダードプランかつ5万円以下の場合は55円 、10万円以下でも99円 という安さです。1約定ごとに手数料がかかるため、取引が少ない人、少額の取引をする人ならば、手数料負担はほとんどかからないといってもよいでしょう。

またスタンダードプラン以外にも1日の約定代金合計額で手数料が決まるアクティブプランなら、約定代金100万円以下の手数料が無料なのでこちらもおすすめです。アクティブプランの取引手数料は、以下の通り。

約定代金 手数料
50万円以下 0円
100万円以下 0円
200万円以下 1238円
300万円まで 1691円
以降100万円増加ごとに +295円

アクティブプランは1日に何度も取引する人や、1日の約定代金が100万円以下の人にはとてもお得なプランです。なお手数料プランの変更はWebサイトからいつでも行えます。

SBI証券

金融商品のラインナップが豊富

株式投資だけでなく他の金融商品にも興味がある人にもSBI証券はおすすめです。投資信託の取扱数は約2600本、外国株も9カ国の株式が取引できます。また1株単位から購入できる単位未満株(S株)もあるため、単位株を取引するほどの資金が準備できない場合でも気軽に株式を購入できるでしょう。

株式を売買する時の最低売買株数(1単元)を会社が自由に決めることができる制度のこと。

引用元:単元株制度|投資の時間|日本証券業協会

\単位未満株制度で少額から取引!/

松井証券のおすすめポイント

松井証券のおすすめポイントはどの点でしょうか。以下の3点を紹介します。

松井証券のおすすめポイント

  • 手数料が安い
  • サポートが手厚い
  • 老舗のネット証券だから安心

手数料が安い

手数料の安さを求める人におすすめなのが松井証券です。1日の約定代金合計額が50万円以下であれば取引手数料は0円、100万円までならば1100円となっています。株価の低い銘柄を1日に何度も取引する人に向いている証券会社といえるでしょう。さらに25歳以下(未成年含む)の契約者が取引する場合は手数料が無料です。

\25歳以下は手数料無料!/

サポートが手厚い

サポート体制が整っていることも松井証券のアピールポイントとなっています。よくある質問については、Web上で簡単に確認できるほか、サービス全般についての案内、投資信託についての相談、株についての相談など、分野ごとに電話相談窓口を分けているのが特徴です。そのため知りたいことをすぐに確認できる体制が整っているといえるでしょう。

契約者のパソコン画面を共有しながら相談に乗ってもらえる「リモートサポート」もあるため、パソコン操作に慣れない人でも安心です。

松井証券

老舗のネット証券だから安心

松井証券は、1918年創業の歴史のある独立系証券会社です。「設立したばかりで信用できる会社が分からない」ということもありません。ネット取引も1998年からスタートしているため、ノウハウも蓄積されており安心して利用できます。

SBI証券と松井証券を徹底比較

SBI証券と松井証券を比較していきます。特に気になる取引手数料と取引ツールについて見ていきましょう。

取引手数料を比較

先述した通りSBI証券(スタンダードプラン)の取引手数料は、5万円以下で55円、10万円以下で99円です。この点だけ見ると50万円以下の手数料が0円の松井証券のほうがお得に感じるかもしれません。しかし松井証券の51万円超100万円以下の手数料は1100円となっており、535円のSBI証券より高くなってしまいます。また、SBI証券でもアクティブプランを選べば100万円以下は手数料無料。少額の取引ならこちらがお得です。

松井証券の場合、1日の約定代金の合計で手数料が決定するため、1日に何度も取引をする人の場合、手数料が想定外に高くなる可能性がある点に注意してください。ただし25歳以下の契約者の取引手数料はすべて無料です。若年層の投資家であれば松井証券を選ぶといいでしょう。

\2種類の取引プランから選べる!/

ツールを比較

取引ツールの使いやすさも確認すべき点です。SBI証券はスマホ取引ツールが充実。株アプリだけでなく「積立アプリ」「米国株アプリ」など取引商品ごとのアプリを用意しています。また株式向けサイト、投資信託向けサイトなどもあり、スムーズに取引が可能。なお株式分析ツール「HYPER SBI」では、マーケットの情報収集だけでなく、スピード注文もできます。デイトレーダーにもおすすめのツールといえるでしょう。

松井証券は、パソコン取引ツールが充実しているのがポイント。高機能発注ツール「ネットストック・ハイスピード」は、株式投資を積極的に行いたい人におすすめです。登録した銘柄の株価情報をリアルタイムで確認できる「株価ボード」は無料で利用できるため、取引初心者からデイトレーダーまで活用できます。

\パソコン取引ツールが充実!/

初心者が選ぶならどっちがおすすめ?

初心者が口座開設する場合は、SBI証券と松井証券のどちらがいいのでしょうか。取引ツールは 両社とも充実しているため、株式取引のみを行う場合は、どちらでもかまわないでしょう。ただ1回の約定代金はケースにより若干異なってくるので、自分の投資スタイルに合わせて選びましょう。

なお投資信託や外国株など、国内の現物株以外の金融商品取引を検討しているなら、取扱商品が多いSBI証券を選択してはいかがでしょうか。

\初心者におすすめ!/

SBI証券の口座開設方法

STEP1 メールアドレスの登録

メールアドレスを入力し、仮登録をします。

口座開設申込方法
引用元:SBI証券

STEP2 認証コードの入力

登録したメールアドレス宛に届いた認証コードを入力します。

口座開設申込方法
引用元:SBI証券

STEP3 お客様情報の設定

氏名・住所・生年月日といった基本情報を入力します。

口座開設申込方法
引用元:SBI証券

\初心者におすすめ!/

STEP4 規約の確認

各規約のPDFを確認し、同意のチェックボックスにチェックを入れます。

口座開設申込方法
引用元:SBI証券

STEP5 入力内容の確認

入力した内容を確認します。

口座開設申込方法
引用元:SBI証券

\証券口座開設数720万突破!/

STEP6 口座開設方法の選択

口座開設の方法を選択します。本人確認書類の提出をWEB上で行う「ネットで口座開設」、提出を郵送で行う「郵送で口座開設」があります。

口座開設申込方法
引用元:SBI証券

STEP7 口座開設申し込みの完了

申し込み完了後、メールに次のステップが記載されているので忘れずに確認しましょう。
「ネットで口座開設」を選択した場合は、メールに添付されているURLから専用ページにアクセスし、本人確認書類の提出をしましょう。

口座開設申込方法
引用元:SBI証券

\初心者におすすめ!/

SBI証券では三井住友カードで積立投資をすると最大2%還元!

SBI証券では、積立投資の支払いに三井住友カードを設定してクレカ積立をすることができます。毎月自動で取引を行えるという便利さだけでなく、様々な魅力があります。

Vポイントが貯まる

三井住友カードを利用すると毎月の積立額に応じて、0.5~2.0%のVポイントを貯めることができます。

三井住友カード (NL)

例えば、年会費永年無料の三井住友カード (NL)ではポイント付与率が0.5%です。月3万円積み立てた場合、毎月150ポイント、年間で1,800ポイントを貯めることができます。

\年会費永年無料!/

貯めたVポイントは、ネットショッピングや店頭にて1ポイント=1円で使うことができます。またVポイントを使ったポイント投資は、2022年春~夏にサービスが開始する予定です。

\今なら最大29,000Vポイントがもらえる!/

つみたてNISAにも対応

つみたてNISAでの積立投資の支払いに三井住友カードを使うことも可能です。

つみたてNISAでは毎年40万円の非課税投資枠があり、月々最大33,333円の支払いを三井住友カードで払うことで、通常の積立投資と同様にVポイントを貯めることができます。

SBI証券Vポイントサービスでお得に投資

積立投資以外でも、三井住友カードを仲介しているSBI証券の口座限定で、様々な取引においてVポイントをもらえます。

SBI証券Vポイントサービス

口座開設
一律100ポイント
国内株式
スタンダードプランおよびPTS取引の月間合計手数料の3.0%Vポイント
投資信託
対象の投資信託の月間平均保有額が1,000万円未満→年率0.1%のポイント
1,000万円以上→年率2.0%のポイント
金・プラチナ・銀取引
スポット取引および積立買付の月間合計手数料の1.0%のVポイント

年会費永年無料三井住友カード (NL)はSBI証券の口座開設と一緒に発行するとお得になるのでおすすめです。

\年会費永年無料!/

また、すでに三井住友カードをお持ちで、Vポイントサービスに登録したい方はこちらから登録が可能です。

\ネット証券口座開設数No.1!/

SBI証券が向いている人・向いていない人

SBI証券が向いている人

SBI証券が向いている人

SBI証券が向いている人は投資を始めて間もない投資初心者の方です。取引手数料が安く、取扱い銘柄が豊富なため上級者として成長するまでしっかりと使い続けることができます。

SBI証券が向いていない人

SBI証券が向いていない人

SBI証券が向いていない人は新規上場株式を購入したい方です。SBI証券の利用者が非常に多いため他の証券会社よりIPO抽選の当選確率が低くなってしまいます。

松井証券が向いている人・向いていない人

松井証券が向いている人

松井証券が向いている人

松井証券が向いている人は取引コストを抑えたい方です。初期の段階から他のネット証券よりも手数料が安く設定されており、50万円まで手数料が無料であるため、コストを気にせず投資できます。

松井証券が向いていない人

松井証券が向いていない人

松井証券が向いていない人は投資信託を行いたい方です。他のネット証券会社が投資信託を2,500本程度扱っているのに対し、松井証券で取り扱う本数は2021年8月3日時点で1,507本と他社と比べて、投資信託の取扱が少ないです。

証券会社を選ぶ際は、手数料以外の点もチェックしよう

SBI証券、松井証券ともに取引手数料が安くお得に取引できる証券会社です。ただIPOの取扱数や投資信託の取扱銘柄数、取扱商品の種類は両社で異なります。株式以外の取引も検討しているなら、それらの点もよく見比べて口座開設する会社を選びましょう。

SBI証券と松井証券に関するよくある質問

SBI証券と松井証券でIPO実績が良いのは?

SBI証券の方が高実績を誇っています。SBI証券はIPOの主幹事となることが多いため他社よりも割り当てられる株数も多くなることがあります。
しかし、IPOは複数の証券会社で応募することにより、当選確率をあげることが一般的です。IPO投資をしたい方は、両方とも開設することをおすすめします。

SBI証券にはどんな取引ツールがある?

取引には「SBI証券 株アプリ」がよく使われるようです。お手持ちのスマートフォンにダウンロードすることで、気軽に株価を確認、情報収集ができます。他にも、PC用ツールや米国株専用アプリなども利用できます。

松井証券の一番の強みは?

25歳以下の若年層は手数料が無料なことが挙げられます。今後の資産形成のために投資を始めたい学生、社会人の方は松井証券のこのサービスを利用すると良いでしょう。