誰でも、FX取引で損失を出すことに恐怖心を抱きます。損失をなるべく出さないように、取引の練習を可能にしてくれるのがデモトレードです。このデモモトレードを活用することで、実際のお金を使うことなく、架空の資金を使って取引を体験することができます。

FXをこれからはじめる人や、初心者の方にとってはお金を失うことなくFXの練習ができ、非常に便利だと言えるでしょう。また、実際のFXの口座開設には年齢制限がある場合も多く、誰でも作れるというわけではないのですが、デモトレードの場合は誰でも無料で利用できます。

デモトレードは実際のお金は使わないので、これからFXを始める方やまだ自分のスタイルを決めていない初心者の方などが、いろいろな取引方法を試すのに向いています。

デモトレードとはFX取引のトレーニング環境ツールのこと

fx, デモ, 投資
(画像=PIXTA)

そもそもデモトレードとは、FX取引の練習を可能にしてくれるトレーニング環境を指します。デモトレードでは架空の資金を使って取引を行うため、たとえ取引で大きな損失が出たとしても、実際に自分のお金を失うわけではありません。実際は資産がなければできないことを架空の資産で可能にしてくれるため、便利かつ安心なトレーニング環境と言えるでしょう。

デモトレードのメリットは手軽さ

デモトレードのメリット

デモトレードはFX取引の練習ができるツールですが、具体的なメリットはとにかく手軽に取引の練習できるにあります。具体的にどのようなメリットがあるのかご紹介します。

お金がかからない

1つ目にして、最大のメリットとも言えるのが、自分のお金は使わずに済むということです。

デモトレードでは架空の資金を使って、実際のFX取引に近い体験できます。

デモだから実際の取引とは違うと思われる方がいるかも知れません。しかし、ほとんどのFX会社がリアルな環境や実際のツールを用意しており、限りなく本番に近い環境でFX取引を試すことが可能です。

損失がでない

2つ目のメリットとして、損失がでない点が挙げられます。

FX取引には多種多様な取引が存在しているため、初心者のトレーダーは特に色々な取引を試すことが、利益を出すコツを掴む上で重要と言えます。

利益を上げるための取引や、逆に損益を出してしまう取引など、様々な取引を試すようにしましょう。

実際の取引と同じツールを使用できる

3つ目のメリットとして、実際の取引にも使用されているツールを先取りできる点が挙げられます。

多くのFXを取り扱う証券会社ではスムーズに取引できるよう、取引に使用するツールを独自で開発提供しています。注文方法やチャートの見やすさなど、取引ツールによってさまざまな違いがあるため、どのツールを利用するのかはトレードを快適に行う上で重要と言えます。

FX会社を選ぶポイントとして、取引ツールの使いやすさを比較することも大事です。デモトレードでは一部制限はあるものの、各社が開発提供するツールを実際に試すことができます。スムーズに利用できるツールを探すことができる点もメリットと言えるでしょう。

デモトレードのデメリットは完全に同じではない点

ここまで、デモトレードのメリットをご紹介しましたが、デメリットも存在します。このデメリットを意識しながらデモトレードを行い、FXへの正しい理解を得ることが重要です。

実際のFX取引と同じ緊張感は味わえない

デモトレードでは架空の資金を使用し、ゲームのように取引を体験できます。そのため、損失を被らずFXを体験できます。言い換えてしまえば、実際の緊張感を体験することはできません。

デモトレードでも、実際の取引と同様に資産の増減を体験できます。あくまでも、デモトレードの中の話なので、実際のFX取引でも同じ結果を出せる可能性はありません。

あくまでもFXを体験し、ツールや機能への理解を深める認識を持ち続けましょう。

実際の取引と同じツールを使えないこともある

デモトレードを用意するFX証券会社の中には、実際の取引に使用する機能やツールとは別物を用意していたり、一部機能が使用できない場合がございます。自身がどのような取引スタイルにしたいか?を明確に持ちながら、各社のデモトレード機能を利用してみましょう。

FXの会社は、各社それぞれのデモトレードを提供していますが、なかにはリアルトレードと違うツールで行う会社もあります。FXを行う上で重要なことの一つに、自分の取引スタイルに合ったツールを使って取引を行うことがあります。各社のツールはそれぞれ独自の特徴を持っているので、どこの会社のツールが自分にあっているかを知ることも必要です。

本番と同じものが使えない場合は、実際のFX取引を行い試すしかないでしょう。

損切りや利確、資金管理が上達しない可能性も考えられる

デモトレードは自分の資金が絡んでいないため、本番のような緊張感を味わうことはできず、損切や利確、また資金管理も適当になりがちです。損切とは損失を抱えている状態で保有している株式等を売却して損失を確定させること、利確とは利益を確定させるという意味で用いられる言葉の省略表現です。

デモトレードでもしっかりと危機感を持って取り組めればよいのですが、そううまくはできません。そのため、あくまでもデモトレード実際のFX取引は別物と考えておくのが良いでしょう

デモトレードで身につけておきたいことをご紹介

ここまででのご紹介で、実際のFX取引を行う前に、デモトレードを行ってからのほうが良いということは理解いただけたかと思います。ここでは、デモトレードを始めるにあたって試すべきポイントついてまとめてみました。これらのポイントを元に、デモトレードを行ってみてください。

様々な注文を試す

1つ目には、様々な注文を試すという点が挙げられます。

デモトレードは、実際のFX取引を始める前の練習です。そのため、まずはいろいろな注文方法を試してみましょう。その結果として利益が出れば良し、損失が出たのであればなにが理由で損失につながったのかを検討すると実際の取引を行う際の参考になるでしょう。損失を被らない点がデモトレードの最大の利点です。その利点を最大限に活かして、様々な注文方法を試してみましょう。

取引ルールを決める

2つ目には、取引ルールを決めるという点が挙げられます。

デモトレードをするにあたって、扱う利用額の上限を定めるなど、自分で取引のルールを決めておくのも良い方法です。一定のルールを決めてその範囲でトレードを試してみることで、より実際のFX取引に近い、参考になる体験ができるでしょう。

また、取引ルールを決めておくことで、利益を出したときも損失を出したときもその理由を検証しやすくなります。実際のFX取引で利益を出すためにも、取引ルールを決めて試すようにしてみてください。。

自分にあった売買スタイルを身につける

3つ目には、自分にあった売買スタイルを身につけるという点が挙げられます。

FX取引の市場は24時間稼働していますが、実際に24時間取引を続けられる人はいないでしょう。自分のライフスタイルに合わせて時間や資金面、取引の仕方等を、デモトレードの段階である程度確立しましょう

実際のFX取引に手を出す前に、デモトレードで自分にあった売買スタイルを身につけ、実際の取引に挑むと良いでしょう。

デモトレード口座は実際の取引に近いものを選ぶ

デモトレード口座を選ぶ基準

デモトレードを実際に行う際には、何を基準に選べばよいのでしょうか。ここではデモトレード口座を選ぶにあたって、重要な基準をポイントごとにご紹介します。

実際のFX取引に近いものを選ぶ

「実際に取引をはじめてみたら、デモトレードの環境とは違っていた」というようになってしまえば、せっかく練習をした成果を出すことができません。いかに本番のトレードと近い状態を体験できるかが、重要なポイントになります。

FX会社はそれぞれ独自のツールを作り、顧客の獲得競争をしています。わかりやすく使いやすいツールを利用した方が取引もスムーズに進むので、自分にあった良いツールがあることもFX会社を選ぶ時の基準のひとつです。同じように、デモトレードでも本番に似た環境とツールを用意しているFX会社を選ぶことが、取引を練習するという目的に合致しています。これが、デモトレード口座を選ぶときにまず考えなければならない基準といえるでしょう。

使いやすいアプリを選ぶ

次に使いやすいアプリを選ぶという点が挙げられます。デモトレード口座を選ぶときには、そのアプリが使いやすいかどうかも考慮したほうが良いでしょう。FXの市場は24時間稼働していますので、いつでもどこでも簡単に取引ができることは重要です。

スマホで取引がスムーズにできるかは、アプリの出来や使いやすさにかかっています。パソコンと比べると画面が小さいスマホでは、チャートやその他の指標を一覧するだけでも手間がかかります。使いやすいアプリがあるかどうかは、実際の取引では大きな差につながります。

デモトレードのときも、リアルトレードに近い状況で練習した方がよいため、デモトレードにも本番と同じように使いやすいアプリを提供しているFX会社を選ぶようにした方がよいでしょう。

Q


トレードスタイルを教えてください

羊飼いさん
個人投資家

最近はよく言われている「プライスアクション」みたいなものが主体になって来ました。為替はその場その場で色んな為替の反応があり、トレンドを見るよりレート自体の反応を見たほうが取れると考えています。また、定期的に暴落もあるので「持つリスク」がありますし、レバレッジをかけられるので資金効率もよいので、スキャルピングという超短期のスタイルに行き着きました。

羊飼いさんのインタビュー記事はこちら

()

羊飼いさん
> 個人投資家

最近はよく言われている「プライスアクション」みたいなものが主体になって来ました。為替はその場その場で色んな為替の反応があり、トレンドを見るよりレート自体の反応を見たほうが取れると考えています。また、定期的に暴落もあるので「持つリスク」がありますし、レバレッジをかけられるので資金効率もよいので、スキャルピングという超短期のスタイルに行き着きました。

羊飼いさんのインタビュー記事はこちら

 

デモトレードは実際のFX取引においても非常に役立つ

いかがでしたでしょうか。FXをこれから始めようと考えている方には、まずデモトレードをすることをおすすめします。デモトレードでは自分のお金を使わずに、FXの仕組み・やり方を確認できます。

実際のお金は動かないので、利益を得ることはできませんが、逆に言えば損失も被ることもないため、リスクを恐れずに様々な取引を試すことができます。

実際にFXを始める

■FX口座数国内第1位
>>DMM FXの口座開設はこちら

■業界最狭水準のスプレッドが魅力
>>LIGHT FXの口座開設はこちら

■FX取引高8年連続国内第1位(※)
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

■信頼性の高いインフラ体制が魅力
>>ワイジェイFX(YJFX!)の口座開設はこちら

■業界最高水準のスワップがうれしい
>>みんなのFXの口座開設はこちら

■1通貨から取引可能
>>SBI FXの口座開設はこちら

■高い約定率で快適な取引を実現
>>FXプライムの口座開設はこちら

■自動売買「トラッキングトレード」が人気
>>FXブロードネットの口座開設はこちら

■高機能なツールで取引をサポート!
>>ヒロセ通商の口座開設はこちら

■自動売買取引で始めやすい
>>インヴァスト証券の口座開設はこちら

■お申込み当日から取引可能
>>LINE FXの口座開設はこちら

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)