FXを始めたいと思っても、どこの会社を選べばいいのか決めるのも難しいでしょう。

この記事では、人気の高いFXサイトのDMM FXとSBI FXトレードについて、それぞれの特徴や評判などを紹介します。

DMM FXの評価ポイント

(画像=PIXTA)

DMM FXは、株式会社DMM.com証券が運営するFX取引です。テレビCMなどを積極的に展開し、知名度を上げてきました。DMM FXのポイントを見てみましょう。

FX口座数は国内トップクラス

DMM FXのFX口座数は、80万口座にのぼり、国内トップクラスの口座数を誇ります(2020年8月31日現在、外為ジャパンFXとの合算値)。金融やゲーム、eコマースなどさまざまな事業を営んでいるDMM.comグループの高い知名度を生かして口座開設数を増やしてきました。

手数料が安い

FX取引には、口座開設手数料や出金手数料などいくつかの手数料が発生する場合がありますが、多くのFX業者が無料にしています。もちろんDMM FXも無料です。FX取引を行ううえで発生する手数料は、実質的にスプレッド(売値と買値の差額)のみで、米ドル対円の場合、0.2銭です。

スプレッドは、FX業者によって大きく異なります。例えば米ドル対円のスプレッドは低いところで0.1銭、高いところで1銭程度のため、DMM FXのスプレッドは安い傾向です。

ツールが非常に優秀

為替に関するニュースやチャートを見たり、注文を出したりすることができる取引ツールは、FX取引に欠かせません。DMM FXでは、2種類のスマホ版ツールと4種類のパソコン版ツールが無料で提供されています。特に「スマホアプリ DMM FX」は、入出金やマーケット情報のチェック、取引、報告書の閲覧、お客様情報の確認・変更など取引に必要な操作がすべてアプリで完結できる優秀なツールです。

チャートは、作画機能や11のテクニカル指標、注文機能を備えており、チャートを見ながらすばやく注文が出せます。またポップアップ機能によりアプリを立ち上げていなくても、経済指標や為替ニュース、レートを確認することも可能です。

SBIFXトレードの評価ポイント

SBI FXトレードは、金融持ち株会社SBIホールディングスのグループ企業のSBI FXトレード株式会社が運営するFX取引です。SBI FXトレードの評価ポイントを見てみましょう。

スプレッドが業界最安

SBI FXトレードの強みの一つが業界最安のスプレッドです。SBI FXトレードは、注文数量に応じてスプレッドが変化し、注文数量が1,000通貨以下なら米ドル対円のスプレッドの最頻値は0.09銭という安さです。また1,001~100万通貨でも0.19銭、100万1~300万通貨なら0.2銭と非常に狭いスプレッドになっているのが特徴です。

しかし300万1~1,000万通貨の場合は、0.8銭と高くなっています。そのためSBI FXトレードは少量の取引に向いていると言えるでしょう。

1米ドル(1取引通貨単位)から取引可能

1回の取引で注文できる最小単位について多くの業者が1,000通貨や1万通貨としています。しかしSBI FXトレードは、1通貨単位から取引が可能です。つまり米ドル対円であれば、1米ドルから取引ができます。

FX業者の中には、練習用の「デモ口座」を設けているところもありますが、デモ口座は実際の取引環境と異なっている場合があるため注意が必要です。いざ実際に取引を始めると「デモで体験したイメージと違う!」と思うことも少なくありません。

そのようなリスクを避けたいのであれば、1米ドルで実際に取引を経験したほうが初心者にとっては勉強になるでしょう。ちなみにSBI FXトレードで1回当たり取引できる最大数量は、1,000万通貨となっており、業界最大級の取引数量です。

強力なインターバンクの存在で約定力も高い

FX取引は、投資家からFX会社に注文が入るとFX会社が同じ注文を金融機関に出す「カバー取引」を行っている仕組みです。この金融機関が外国為替取引を行っており、「インターバンク」とよばれています。インターバンクがFX会社の注文を約定することで、FX会社は投資家の注文を約定することができるのです。

SBI FXトレードは、グループ会社のSBIリクイディティ・マーケット株式会社に売買注文を行います。さらにSBIリクイディティ・マーケットは、国内外の主要金融機関31社をインターバンクとしカバー取引を行っているのが特徴です。カバー取引を行う金融機関を分散させてリスク管理をすることで、安定したレートやスプレッドを提示し高い約定力を発揮。

特にマーケットが荒れやすい経済指標の発表時でも通常通り約定できるようSBI FXトレードは心がけています。

DMM FXの口コミ・評判

DMM FXで取引を行っている人が、DMM FXをどのように評価しているのか見てみましょう。

DMM FXの良い口コミ・評判

DMM FXの良い評判については、「スプレッドが狭いので気軽に使える」など会社の特徴となるスプレッドの狭さを評価する声が挙がっています。今回は取り上げていませんが、DMM FXでは取引ごとにポイントが付き「ポイント=1円」として取引で利用可能で、ポイント付与を評価する声もあります。

DMM FXでもう一つ高評価を得ているのがスマートファン向けの取引ツールです。

・チャートが見やすい
・チャートからの注文が使いやすい
・メニューから1タップで開きたい画面に行ける
・直感的な操作ができ初心者でも使いやすい

ツールの種類については「初心者用のシンプル版と上級者用の高機能版に分かれていて、初心者も上級者も満足できると思う」と高い満足度を得ています。

DMM FXは、人気タレントをイメージキャラクターに起用し、さまざまなキャンペーンを打って初心者に訴求していることから、初心者からの評価が多い傾向です。

DMM FXは、業界で初めてLINEからカスタマーサポートに問い合わせができるサービスを取り入れており、初めてFX口座を開設した人からは、「LINEで問い合わせたら丁寧に答えてくれた」といような口コミもありました。

DMM FXの悪い口コミ・評判

相対的に高評価を得ているDMM FXですが、改善してほしい点を挙げているユーザーもいます。ツールについては「自動取引的なツールを充実してほしい」という声も少なくありません。また「最低取引額が1万通貨なので使いにくい」という口コミもありました。

キャンペーン広告などを見てFXに関心をもった初心者にとって、最初から高いレバレッジをかけて多額の取引を行うのは怖いものです。レバレッジを抑えつつ、1万通貨からの取引となるとそれなりの資金が必要になるでしょう。

SBIFXトレードの口コミ評判

SBI FXトレードで取引を行っている人がSBI FXトレードをどのように評価しているのか見てみましょう。

SBIFXトレードの良い口コミ評判

SBI FXトレードを高く評価する声で最も多かったのは、「1通貨単位から取引できるのでやりやすい」といった内容です。初心者からの評価は以下のようなものがあります。

・1ロットから取引できるのでやりやすい
・1000円から取引可能なので実践に入りやすい

1通貨単位から取引できるので、練習用としてSBI FXトレードの口座を開いている人もいるようです。また「マーケットが荒れても安定した取引を行い約定できるようにする」というSBI FXトレードの方針を評価する口コミもありました。

SBIFXトレードの悪い口コミ評判

SBI FXトレードに対して辛口採点をしている人は、ツールについて不満があるようです。主な口コミは以下のようなものがありました。

・スマホアプリは初心者だと注文するのが難しい
・他社なら指値や逆指値を入れても相場が急変すればすばやく決済できるが、SBI FXトレードのスマホアプリはいちいち指値を外さないと決済できない
・パソコンツールは画面配置のカスタマイズがやりにくい

DMM FXとSBIFXトレードを徹底比較

DMM FXとSBI FXトレードを6つのポイントで比較しました。

安心して取引できるか

FX業者を選ぶうえで重要なのは、業者の信頼性です。信頼性を見るには、口座数や資本金といった会社の規模を表す数字や財務状況の健全性を測る自己資本規制比率(140%を下回ると金融庁に届出をしなければならない)、証拠金の信託先などをチェックします。

  DMM FX SBI FXトレード
口座数 80万口座
(2020年8月末。外為ジャパンFXとの合算)
30万口座
(2020年9月23日)
資本金 98億円 9億6,000万円
自己資本規制比率 264.8%(2021年6月末) 1300.2%(2021年6月末)
証拠金の信託先 ・日証金信託銀行
・SMBC信託銀行
・SBIクリアリング信託銀行
・三井住友銀行
・SBIクリアリング信託銀行

口座数や資本金は、DMM FXのほうが多いですが、自己資本規制比率はSBI FXトレードのほうが高いです。自己資本規制比率が高いほど財務の健全性が高いことになりますが、DMM FXに比べてSBI FX トレードは「後発業者になる」「DMM FXのようにプロモーションがうまくない」といった点はマイナスです。

そのためSBI FXトレードの高い財務健全性が必ずしも顧客獲得のアピールにつながっていないとも言えます。証拠金の信託先として挙がっている「日証金信託銀行」は、日本証券金融株式会社の子会社、SMBC信託銀行と三井住友銀行はともに三井住友フィナンシャルグループ、SBIクリアリング信託銀行はSBIホールディングスのグループ会社です。

口座開設ボーナス、スプレッド、通貨ペア、スワップポイント、最低取引単位の比較

  DMM FX SBI FXトレード
口座開設ボーナス ・口座開設後、3ヵ月間の新規取引数量に応じた金額をキャッシュバック。最大20万円 ・口座開設すると、もれなく500円入金
スプレッド
(米ドル対円)
0.2銭 0.09~0.2銭
(注文数量によって異なる)
通貨ペア 21通貨ペア 34通貨ペア
スワップポイント(米ドル対円・買い・1万通貨単位) 6円(2021年8月20日) 7円(2021年8月20日)
最低取引価格 1万通貨単位 1通貨単位

DMM FX SBI FXトレード

口座開設ボーナス ・口座開設後、3ヵ月間の新規取引数量に応じた金額をキャッシュバック。最大20万円 ・口座開設すると、もれなく500円入金

スプレッド (米ドル対円) 0.2銭 0.09~0.2銭 (注文数量によって異なる)

通貨ペア 21通貨ペア 34通貨ペア

スワップポイント(米ドル対円・買い・1万通貨単位) 6円(2021年8月20日) 7円(2021年8月20日)

最低取引価格 1万通貨単位 1通貨単位

どちらも口座開設後、取引に応じてキャッシュバックが得られる点では共通しています。SBI FX トレードではもれなく500円が入金されますが、「デモ画面がないのでこのお金で実際の取引を体験してください」という意味があるようです。1通貨単位から取引できる点も初心者にやさしいと言えます。

レバレッジは、注文数量が100万通貨以下ならSBI FX トレードが有利です。しかしそれ以上になるとDMM FXと差がありません。スワップポイントの面でも両社にあまり大きな差は見られません。

まとめ

DMM FXとSBI FXトレードをいくつかのポイントで比較しました。レバレッジやスワップポイントだけでなく、最低取引通貨単位や通貨ペア数、ツールの使い勝手などを比較し自分が何を重視したいのかを考えながらFX業者を選びましょう。