仮想通貨
(画像=PIXTA)

今や当たり前のように耳にするようになった「仮想通貨」ですが、中でも有名なビットコイン以外にも種類があるのをご存知でしょうか。

この記事では、これから仮想通貨を始めようと思っている初心者でもわかりやすく、仮想通貨の特徴や種類、メリットやデメリットなどを紹介していきます。

仮想通貨とは

仮想通貨とは暗号資産とも呼ばれる、法定通貨とは異なるデジタル資産です。日本銀行は仮想通貨について「インターネット上でやりとりできる財産的価値」と定義していますが、この「インターネット上でやりとりできる」という点が大きなポイントです。

よくビットコインを示すイメージ画像で「B」の文字をあしらったコインの姿を見かけますが、これはもちろんイメージ図であって実際にこのようなビットコインが存在するわけではありません。仮想通貨の実体は暗号化されたデータのかたまりであり、それはインターネット上でのみ流通します。

coincheck

仮想通貨に対して、日本円や米ドルのように各国の政府が発行、管理している通貨のことを法定通貨といいます。法定通貨にはそれぞれの国の通貨当局があって通貨を管理していますが、仮想通貨にはそれがありません。

順次解説していきますが、仮想通貨にはそれを偽造、改ざんできない技術があります。これがあるおかげで通貨としての価値を持たせられるようになり、ビットコインやイーサリアムといった通貨が誕生し、今も流通しています。そして仮想通貨を支える技術からはさまざまなサービスが派生して誕生し、仮想通貨市場を拡大させる原動力になっています。

仮想通貨が使われる目的

そもそも仮想通貨は何を目的に誕生し、実際にどう使われているのでしょうか。ここでは仮想通貨の目的と役割について解説します。

決済

仮想「通貨」なので、もちろんお金の一種として代金の決済に利用することが想定されています。ネット上での買い物を日本円で支払うとしたら銀行振込やクレジットカードによる決済をする必要がありますが、これらの方法だとどうしても一度現金を取り扱う必要があります。しかし仮想通貨であれば送金先のアドレスを教えてもらうだけで瞬時に送金ができるため、ネット上での代金決済では特に大きな威力を発揮します。

投資

価格が安い時に購入して値上がりしたら売るといったように、仮想通貨では株のような投資が可能です。仮想通貨の誕生以来、多くの投資家から熱い視線が注がれてきました。値動きが激しく、しかも考えられないような高値をつけることがあるため、株やFXよりも儲かると考えた投資家が殺到し、さらなる価格高騰に拍車をかけることがあります。

bitflyer

これは仮想通貨が本来目指している世界ではないと思いますが、新しいものが登場して将来有望であると考えると多くの投資家が殺到し、価格高騰を招くのは必定です。

分散型アプリケーション開発

いわゆる中央集権的なサーバーが存在し、そこに利用者がつながるという従来型のシステムではなく、分散型ネットワークを採用していることは仮想通貨の大きな特徴です。この特徴を生かし、すでに仮想通貨の世界では分散型取引所(DEX)や分散型金融(DeFi)といった新しい技術や概念、サービスが続々と誕生しています。

これは従来の金融システムとは根本的に異なるもので、こうした分散型アプリケーション開発が加速度的に進んでいるのは、仮想通貨の技術的なバックボーンや資金流動性があるからです。

仮想通貨が売買できる国内取引所

手数料や通貨数などを比べて、自分に合った取引所で口座を開設してみましょう。

2022年1月13日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC TradeLiquid by QuoineBITPOINT
2022年1月13日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC TradeLiquid by QuoineBITPOINT
2022年1月13日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC TradeLiquid by QuoineBITPOINT
最低取引額の計算方法
  • 1ビットコイン(BTC)=100万円だった場合

    DMM Bitcoinの最低取引金額は0.0001 BTCは100円になる。

取引所に迷ったらCoinchceck(コインチェック)がおすすめです。
取引手数料が無料で、取扱通貨数も17種類と国内最多。アプリは初めて取引をする方でも使いやすく、話題のNFTにも対応しているので、初心者から上級者まで満足できるでしょう。

\国内取扱通貨数No.1!/

仮想通貨の仕組み

仮想通貨を利用したことがない方であっても、ポイントカードなどのポイントシステムを利用したことがある方は多いのではないでしょうか。「Tポイント」や「楽天ポイント」などのポイントシステムのことです。これらのポイントにも実際のコインがあるわけではなく、ネット上の資産として流通します。そしてたまったポイントは商品やサービスの購入に充てることができます。

利用者にとっての仮想通貨には、これと似た性質があります。ビットコインなどの仮想通貨を持っている人はそれをお金として使用し、ネット上での代金決済に利用することができます。また、海外にいる人への送金などにも使えます。

dmmbitcoin

仮想通貨の多くは、ブロックチェーンと呼ばれる世界規模のネットワーク上に存在しています。世界中の参加者がネットワークに参加してブロックチェーンを維持することによって仮想通貨は存続し、決済機能を発揮します。また維持に協力した人には仮想通貨で報酬が支払われるため、分散型の民主的なネットワークが自然発生的に構成されます。

仮想通貨の種類

仮想通貨には、大きく2つの分類があります。1つはビットコイン(BTC)で、もう1つはアルトコインです。ビットコインには仮想通貨のことをあまり知らない人であっても名前だけは知っているという人もいるほど知名度の高い仮想通貨で、2009年から発行と運営が始まった古参です。仮想通貨相場をけん引する存在で、価格が700万円を超えたこともあるなど、仮想通貨ブームと呼べるような状況が起きるたびにビットコインも大きく値を上げます。

ビットコイン以外の仮想通貨のことを総称して、アルトコインといいます。そのアルトコインの中にも知名度の高い通貨があるので、以下のような仮想通貨の名前を見聞きしたことがある方は多いと思います。

アルトコインの一例

  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(XEM)
  • モナコイン(MONA)

アルトコインには、これら以外にも膨大な数があります。ほとんど見向きもされず無価値に近いような仮想通貨も多々ありますが、そうした仮想通貨のことは雑草になぞらえて「草コイン」と呼ばれます。

仮想通貨に使われている新技術

仮想通貨はこれまでになかった新しい資産ですが、この仮想通貨を支えているのも、これまた従来にはなかった新しい技術です。特にここで解説する3つの技術は仮想通貨を知る上で重要な意味を持っています。

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、仮想通貨の取り引きを記録する台帳のことです。ある仮想通貨のブロックチェーンでは、その通貨が誰のものでどう取り引きされたかを克明に記録しています。その記録があるからこそ、現在の正当な所有者も特定できます。

gmocoin

このブロックチェーンは、その仮想通貨の維持に参加している世界中のコンピューターに同じ内容のものが記録されています。中央集権的なサーバーがあるわけではなく、世界中に分散されたネットワークを形成していることが大きな特徴で、仮にその一部を恣意的に改ざんしたとしても、他のコンピューターに記録されている大多数の台帳記録と一致しなければそれは不正と見なされ、世界中にある正しい台帳記録に修正されます。

これにより、ブロックチェーンは一部が災害や紛争などで破壊されたとしても残りのコンピューターが生きている限り存在し続け、仮想通貨を維持することができます。

マイニング

先ほど、仮想通貨の維持に参加しているコンピューターのことに言及しました。このように仮想通貨のネットワークに接続し、ブロックチェーンの記録に参加することを「マイニング」、マイニングに参加している人のことを「マイナー」といいます。

マイニングをすると、報酬としてその仮想通貨を受け取ることができます。ビットコインが高騰した際にはマイニングで受け取ったビットコインの価値が高くなったため、世界中で多くのマイナーが巨額の報酬を手にしたことがありました。それゆえにマイニングに参加する人や企業が多くなり、世界規模でのスピード競争に発展した経緯があります。かつては「使っていないパソコン」でできていたマイニングも、通貨によっては巨大なマイニング施設を建設して臨まなければならなくなりました。

公開鍵暗号方式

仮想通貨は、またの名を「暗号資産」といいます。これは英語の「Cryptocurrency」に由来するもので、直訳すると暗号通貨となります。この名称からもわかるように、仮想通貨は暗号化技術がなければ存在し得ません。その暗号化技術の核となるのが、公開鍵暗号方式です。

coincheck

公開鍵暗号方式は公開鍵と秘密鍵という2つの鍵がセットになり、その両方がなければ復号(解読)できない技術です。

たとえばビットコインでは「アドレス」と「署名」が鍵になります。アドレスはそれを持っている人しか知り得ないので秘密鍵となり、署名が公開鍵として機能することで改ざんされていない事実を確認できます。

仮想通貨のメリット・デメリット

仮想通貨が誕生してから多くの通貨が発行され、取引されています。仮想通貨が浸透していく中で見えてきたメリットとデメリットについて考えてみましょう。

仮想通貨のメリット

仮想通貨には、主に以下のようなメリットがあります。これらはいずれも仮想通貨が設計された時点から想定されてきたメリットであり、仮想通貨の存在理由でもあります。

仮想通貨のメリット

  • 時間、場所に関係なく取引ができる
  • 個人間の送金が迅速で格安
  • 国をまたいだ取引であっても制限や制約が少ない
  • 強固なセキュリティ
  • これまでにないビジネス、稼ぎ方が生まれている

仮想通貨がここまで発展してきたのは、多くのメリットがあるからです。特に決済や送金の手間やコストを大幅に削減することができて、しかもセキュリティが強固であることは「お金」のやり取りに欠かせないことなので、多くの人に支持される原動力になっています。

仮想通貨のデメリット

仮想通貨には、もちろんデメリットやリスクもあります。仮想通貨を知る上で避けて通れないデメリットには、以下のようなものがあります。

仮想通貨のデメリット

  • ハッキングのリスクと常に戦うことになる
  • 仮想通貨投資に対する税金がとても高い
  • 値動きが激しく決済手段として利用するには不安定
  • 詐欺など犯罪の温床になりやすい

仮想通貨を巡るハッキングや詐欺については、時折大々的に報道されることがあるのでご存じの方も多いと思います。こういった報道が出るたびに「やっぱり仮想通貨は怪しい」と思う人が少なからずいるので、これは仮想通貨のデメリットであり、さらなる普及促進の足かせになっています。

値動きが激しいのは仮想通貨そのもののせいではありませんが、ビットコインを見ても100万円単位で価格が乱高下することも珍しくありません。あまり値動きが安定しないようだと決済手段として用いるには使い物にならないとの印象を植え付けてしまいます。

仮想通貨に関するQ&A

仮想通貨に関して、よくある疑問とその答えをまとめました。

Q.仮想通貨は危険?

一般的にいわれている仮想通貨に対する警戒感は、やはりハッキングや詐欺などの事件が大々的に報道されているからでしょう。確かにこれまでの過程において未成熟な部分がハッキングなどにつながったとは思いますが、仮想通貨は今も進化を続けています。特にセキュリティについては技術革新が進んでいるので、以前と比べると安全性が飛躍的に向上しています。

今となっては「財布に現金を入れて持ち歩く」ことよりも安全であるともいえます。

Q.仮想通貨は稼げる?

仮想通貨投資に興味がある方にとって、「稼げる」ことは大きな魅力でしょう。値動きが激しく、新しく誕生した技術やサービスに関連する仮想通貨は大きく値を上げる傾向があるため、知識を吸収すればこうした相場に乗って大きな利益を上げることも十分可能です。

Q.仮想通貨はどこで買える?

仮想通貨は、仮想通貨取引所で購入することができます。日本国内ではbitFlyerやCoincheck、GMOコインなどが有名で、海外にはバイナンス、Huobiなどの大手取引所があります。こうした取引所に口座を開設し、日本円を入金すると仮想通貨を購入できます。

まとめ

仮想通貨とは何か?という根本的な疑問をお持ちの方に向けて、当記事を読めば概要を理解していただけるような情報をまとめました。仮想通貨の本質的な部分を理解していただければ、投資でどうすれば利益を出せるのか、逆にリスクを回避できるのかといった道筋が見えてくると思います。