リップル
(画像=PIXTA)

アルトコインの中でもイーサリアムと並ぶ知名度を誇る仮想通貨「リップル(XRP)」。これから仮想通貨への投資をはじめる人の中には、どのような仮想通貨なのか気になっている人も多いだろう。リップルは国際送金の決済スピードや、通貨変換をサポートするツールとして、実用性を評価されており、将来性も高いといわれている。

この記事では、リップルをめぐる最新のニュースを紹介する。価格やチャート・メリット・デメリットなどの特徴にも触れるので、基本的な情報や今後の動向などを判断する参考にしてほしい。

この記事に登場する専門家

注目が集まる仮想通貨リップル(XRP)とは

まず、世界的に注目を集めているリップルの概要を解説していこう。

リップルは、中央集権の管理者が存在する「ブリッジ通貨」である。そしてリップルという呼称には、「会社としてのリップル」「決済システムとしてのリップル」「仮想通貨としてのリップル」という3つの意味があることには注意が必要だろう。

中央集権の管理者が存在

多くの仮想通貨は分散型であり、管理者がいない場合が多いが、リップルには中央集権の管理者が存在する。というのは、アメリカのリップル社が開発した仮想通貨で、発行や管理を彼らが担っているからだ。 そのため、他の仮想通貨とは異なる性質を持っていることを意識しておくべきだろう。

coincheck

ブリッジ通貨

リップルは通貨と通貨を橋渡しする「ブリッジ通貨」として、利便性を期待されている。たとえば日本からアメリカへ送金するときは、日本円を米ドルに両替する形で送金することになる。しかし従来の国際送金のシステムでは、通貨の種類を替えるのに手間やコストがかかる。

しかしリップルなら、ローコストで処理スピードを高められる。日本円をいったんリップルに替えてから米ドルへ移すことで、スピーディに対処できるからだ。世界中の送金の架け橋としての能力を期待されている。

「リップル」に込められた3つの意味

「リップル」と一言で言っても、以下のように3つの意味がある。

正式呼称 意味
XRP(略称) 仮想通貨
Ripple Inc. 会社
RTXP 決済ネットワーク

仮想通貨そのものだけでなく、開発会社である「リップル社」や決済ネットワークを意味する場合があることにも注意が必要だろう。

暗号資産(仮想通貨)としてのリップルは取り扱う取引所が多く、主要な暗号資産のひとつだ。

リップルの価格やチャート

2021年5月25日時点における、リップルのチャートは以下のようになっている。

もとは60円~70円のあたりを推移していたが、4月上旬の急上昇により14日には200円台に達した。その後は上昇が落ちつき、5月19日~23日にかけての暴落で100円を下回る日も出ている。

2021年の春ごろのリップルは、よくも悪くも価格変動が目立つ。将来性の高い通貨ではあるが、短期売買で利益を狙うなら、今後を慎重に見守る必要があるだろう。

リップルの将来性は?

一般的に、リップルの将来性は明るいと言われている。最近は取引量の増加が目立つからだ。送金スピードを速める能力から、世界中の金融機関から注目を集めており、価値の上昇につながる可能性を秘めている。

取引量増加で未来は明るい

リップル社の2020年第三四半期決算では、XRPの平均日次取引量が4億358万ドルを記録したことがわかった。これは前四半期と比べて、206%も増えたとされている。リップルの人気上昇がうかがえる出来事といえるだろう。数ある仮想通貨のなかで大きな成長をみせたことで、将来的な価値の上昇も考えられる。

biyFlyer

送金スピードの速さから重宝される可能性が高い

リップルが、これまで提携を結んできた金融機関は、日本のSBIや米国のバンク・オブ・アメリカ、カナダドル銀行など300を超える。世界的な有名な組織が、リップルを認めた証拠といえるだろう。

影響力の大きい金融機関がリップルを活用すれば、社会的な知名度上昇につながる。仮想通貨としても、大きく価値をあげる可能性は高いだろう。

リップルの過去の高騰とこれからの高騰

リップルではこれまでにも、急な価格上昇をみせたことがある。以下からは過去の例から、将来の値動きを予測していく。

過去の高騰例

2020年11月下旬に、リップルが大きな価格上昇をみせた。19日時点の終値が30.504円だったが、翌日から急上昇を示した結果、24日には70.296円と2倍以上の上げ幅である。

同年12月に無料配布である「エアドロップ」が行われることから、期待感から買い注文が殺到したと見られる。同時期にはビットコインなども大きな価格上昇をみせているので、その影響もあったのだろう。

2021年4月にも、大きな価格上昇が見られた。このときは3日の終値が64.309円に対し、14日は200.358円まで跳ねあがったのだ。4月は欧米ではイースター休暇にあり、イーサリアムやトロンなどアルトコインの上昇が目立った。リップルのイベントや仮想通貨市場の景気などが、相場に影響を与えているようだ。

biyFlyer

これからの高騰の可能性

これからもリップルが高騰をみせる可能性がある。送金ネットワークとしての能力の高さを評価されているからだ。

ビットコインやイーサリアムなど、ほかの人気仮想通貨の活躍もポイントになる。人気通貨が急騰すれば、それに乗じてほかの種類が伸びる可能性があるからだ。リップルは送金能力の高さを全世界の金融機関から評価されているので、市場を生き残る力に優れていると考えられる。リップルの動向だけでなく仮想通貨業界全体の動きが、高騰のカギを握っていると言えるだろう。

専門家のコメント

リップルに関する最新ニュース

ここではリップルに関する最新の動きを解説していく。金融機関との提携拡大や需要の高まりが注目される中、開発会社が裁判を抱えるというネガティブな面もある。それぞれをバランスよく考え、将来性の予測にうまく結びつけるとよいだろう。

金融機関との提携拡大が続く

リップルは金融機関との提携拡大が話題になりやすい。2020年5月18日には、新たにエジプト国立銀行が、送金ネットワーク「リップルネット」の利用開始を明かした。UAEからエジプトへの国際送金に役立てるという。

さらにリップル社は2020年11月に、ドバイに新拠点を設けたとニュースになっている。経済的な急成長をみせる中東地域での活動開始は、さらなる躍進のカギを握るだろう。すでにSBIやバンク・オブ・アメリカなど、多くの金融機関がリップルと提携しているだけに、今後のビッグニュースにも注目だ。

DMM Bitcoin

国際送金システムとしての需要が高まっている

リップルは国際送金システムとしての需要の高まりが、ニュースになりやすい。2021年4月には、提携先であるイギリスの送金会社「TransferGo 」が、グローバル市場におけるキャッシュフローが30億ドルを超えたことを明かした。

新型コロナウイルスの感染拡大により、キャッシュレス決済が世界的に注目されていることの影響も大きい。その結果TransferGoのような、決済事業者が急成長をみせる例が増えた。送金ネットワークとしてのリップルは、キャッシュレス決済隆盛の流れに乗りやすいと考えられる。今後の相場を占う、前向きな材料になるだろう。

アメリカ証券取引委員会と裁判中

リップル社は現在、有価証券問題をめぐってSEC(アメリカ証券取引委員会)と裁判中だ。SECは2020年12月23日に、仮想通貨XRPが未登録有価証券の販売にあたるとして同社を訴えている。

しかしリップル社側は、SECの主張を否定している。2021年5月6日には裁判官が、ビットコインをはじめほかの仮想通貨が有価証券でないこととの違いなどへの証拠を示すよう求めた。これはリップル社に 有利な流れと考えられる。しかし、開発会社が係争中にあることをネガティブにとらえる人もいるだろう。裁判の結果が相場に影響を与える可能性は高く、今後の動向を見守りたいところだ。

リップルを保有するメリットとデメリット

リップルへの投資には、メリットもあればデメリットもある。それぞれをバランスよく考えて、保有すべきかを判断するとよいだろう。

メリット

リップルのメリットは、送金の速さや実用性の高さである。国際送金時の手数料を節約できるのが強みだ。開発会社が管理を担うことで、取引や通貨移動を正当と認める作業がスムーズになる。その結果として、送金スピードを速められるのだ。時間にして1件あたり、わずか4秒でクリアできる。

実用性の高さは世界中に知られている。これまでSBIやバンク・オブ・アメリカなど、世界中の有名な金融機関がリップルネットを実用化しているからだ。権威ある機関が味方になったことで、リップルの価値が高まっている。

DMM Bitcoin

デメリット

デメリットは価格変動の激しさである。これはほかの仮想通貨にもいえることだが、リップルも急に価格が上昇することもあれば、大きく価格を下げるときもある。多くの投資家にとって、その予測は難しい。

ほかにも有価証券問題が気になるところだ。2021年現在リップル社は仮想通貨の売り方をめぐり、SECと裁判中である。有価証券と判定されれば、仮想通貨の取引所に上場できなくなるかもしれない。

対処法としては余裕資金だけで望み、損失リスクを減らすことだ。しばらく使う予定がない貯蓄から、少しの割合をリップルに投じることが重要である。投資分をすべて失っても、生活に影響を与えない程度の予算にとどめるとよいだろう。

\新規申し込みで2,000円プレゼント/

リップルの取引におすすめの取引所とは?

リップルの取引におすすめなのは、以下の3社だ。

・Coincheck
・bitFlyer
・DMM Bitcoin

初心者に人気!「Coincheck(コインチェック)」

コインチェック
(画像=コインチェック公式HPより)
Coincheckの概要
取扱通貨数(販売所) 17通貨
(BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLT)
取扱通貨数(取引所) 5通貨
(BTC,ETC,FCT,MONA,PLT)
最低取引数量(BTC) 500円相当額(販売所)
500円相当額(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
送金手数料 変動手数料制
入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
出金手数料 407円
レバレッジ取引 -
coincheck

Coincheck(コインチェック)は、取引手数料がかからない上に、銀行からであれば日本円の入金も無料であるという特徴があるため、余分な出費を抑えることができ初心者向けの取引所として人気だ。初めて仮想通貨を買う人は、まずはCoincheckで仮想通貨を購入してみるのも良いだろう。

出典:Coincheck

取引所取引・販売所取引どちらも可能!「bitFlyer(ビットフライヤー)」

ビットフライヤー
(画像=ビットフライヤー公式HPより)
bitFlyerの概要
取扱通貨数(販売所) 13通貨
(BTC,XRP,ETH,XTZ,XLM,ETC,XEM,BAT,LTC,BCH,MONA,LSK,DOT)
取扱通貨数(取引所) 6通貨
(BTC,ETH,BCH,MONA,XRP,XLM)
最低取引数量(BTC) 0.00000001BTC(販売所)
0.001BTC(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
※別途スプレッドがあります
取引手数料(取引所) 0.01~0.15%
送金手数料 BTC:0.0004BTC
ETH:0.005ETH
XRP:無料
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金
住信SBIネット銀行:無料
住信SBIネット銀行以外:330円
出金手数料 220~770円
レバレッジ取引 2倍

リップル(XRP)などの仮想通貨を売買する場合には、「取引所取引」と「販売所取引」という2種類の取引方法があるが、bitFlyerではこの両方の取引が可能である。以下で簡単にこれらの取引方法の違いについて解説しよう。

取引所取引と販売所取引の違いとは?

暗号資産取引所, 暗号資産販売所

このように、取引相手が個人投資家か、bitFlyerなどの取引所か、という違いがある。一般的にイメージされやすいのは販売所取引の方であろう。

biyFlyer

引用元:bitFlyer

bitFlyerは、上記のような「取引所取引」と「販売所取引」の両方を利用することができる。そのため、「まずは販売所取引から始めて、仮想通貨に慣れてきたら取引所取引も試してみる」といった使い方ができる点が魅力である。

暗号資産の取り扱いが豊富!リップル(XRP)を含めて12種類「DMM Bitcoin」

DMM bitcoin
(画像=DMM Bitcoin公式HPより)
DMM Bitcoinの概要
取扱通貨数(販売所) 12通貨
(BTC,ETH,XEM,XRP,ETC,LTC,BCH,XLM,MONA,BAT,QTU,OMG)
最低取引数量 0.0001BTC(販売所)
1XRP(販売所)
取引手数料(販売所) 無料(※)
取引手数料(取引所)
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
レバレッジ取引 2倍
※BitMatch取引手数料を除く

リップルをはじめとして、アルトコインを中心に仮想通貨投資を行いたい人には、取り扱う暗号資産が多い取引所がおすすめだ。

DMM Bitcoin

引用元:DMM Bitcoin

\新規申し込みで2,000円プレゼント/

これからも注目が集まる仮想通貨のリップル

リップルは送金ネットワークとしての、能力の高さに定評がある。これまでも価格高騰や、開発会社による数多くの大手金融機関との提携など実績も充分だ。相場が上がりきる前に、購入の判断を下したいところである。

価格変動が激しいので、余分なお金をつぎ込むと損失リスクが高まる。計画的な投資を考えるとよいだろう。それでもリップルをもっていれば、利益を掴むきっかけになりうるだろう。

コメントしている専門家