(画像=PIXTA)

ブロックチェーン技術によって生み出された仮想通の代表ともいえるのが、ビットコインです。2020年末から2021年にかけてビットコインの価格は上昇したため、大きな利益を得たという話を聞いた人もいるでしょう。

今回はビットコインへの投資を始めるメリットやどのようにして増やしていけばいいのか、について解説していきます。

ビットコインを始めるメリットとは?

ビットコインとは、ブロックチェーン技術によって生み出された仮想通貨です。スピーディーな決済手段として注目されていると同時にと、投資対象としてビットコインを購入する人も多くなっています。

ビットコインのメリットには、以下のような点が挙げられます。

ビットコインのメリット

  • 個人間で直接送金できる
  • 手数料が安い
  • 制限がない

円やドルなどの法定通貨の送金は、銀行などを仲介しないとできません。しかしビットコインであれば個人間で直接やり取りでき、銀行などの仲介は必要ありません。仲介機関がないので、基本的には手数料は発生しないのです。

そのため少額はもちろん高額の送金まで、手軽に行うことができます。銀行で送金するときのような手続きは必要なく、すぐに送金が可能です。送金したいと思えば、いつでも相手宛に送金できるのです。

coincheck

少額から投資できる

株やFXと比較して少額から投資をスタートできるのが、ビットコインの特徴です。

投資するにあたって「最初は不安だ」という方でも、ビットコインであればチャレンジできるかもしれません。少額投資ができるため、損失額を限定することもできるでしょう。最初に少額の投資で様子を見て、慣れてきたら投資額を増やすという選択肢もあります。

このような理由から、手軽に投資を始めたい方にはビットコインという選択肢もあります。

取引所 最少注文数 公式サイト
Coincheck どの仮想通貨でも500円相当額 申し込み
  bitFlyer ビットコイン:0.00000001BTC
イーサリアム:0.00000001ETH
リスク:0.00000001LSK
リップル:0.000001XRP
ネム:0.000001XEM
申し込み
GMOcoin ビットコイン:0.0001BTC
イーサリアム:0.001ETH
リップル:10XRP
ネム:10XEM
申し込み
DMM Bitcoin ビットコイン:0.001BTC
イーサリアム:0.01ETH
リップル:10XRP
申し込み
ビットポイント ビットコイン:0.00000001BTC
イーサリアム:0.00000001ETH
リップル:0.000001XRP
申し込み
2021年4月27日現在
取引所 最少注文数
Coincheck どの仮想通貨でも500円相当額
  bitFlyer ビットコイン:0.00000001BTC
イーサリアム:0.00000001ETH
リスク:0.00000001LSK
リップル:0.000001XRP
ネム:0.000001XEM
GMOcoin ビットコイン:0.0001BTC
イーサリアム:0.001ETH
リップル:10XRP
ネム:10XEM
DMM Bitcoin ビットコイン:0.001BTC
イーサリアム:0.01ETH
リップル:10XRP
ビットポイント ビットコイン:0.00000001BTC
イーサリアム:0.00000001ETH
リップル:0.000001XRP
2021年4月27日現在

ビットコインとはどのような仮想通貨なのか

仮想通貨の代表的なものがビットコインであり、仮想通貨は暗号資産ともいわれています。

ビットコインは2008年に開発され、世界初の仮想通貨として登場しました。通貨単位はBTCと表記するのが一般的で、補助単位にmBTCやμBTC、satoshiなどがあります。

発行枚数には、2100万枚という上限があり、2021年3月29日では発行枚数の89%が流通しています。時価総額は仮想通貨の中で1位(2021年4月現在)であり、信頼性が高いです。

biyFlyer

ビットコインはインターネットサービスの取引にも使われますが、一部店舗では通貨として売買に使用できます。

仮想通貨は仮想通貨取引所を通じて売買でき、ビットコインも例外ではありません。取引所であれば、日本円やドルでの購入も可能です。

またビットコインは、マイニングという方法で採掘できる仮想通貨であり、パソコンや高性能なコンピュータであるASICを使って採掘できます。

ポイント

BTC投資を始めるには取引所の開設が必要!すぐに申し込みをしよう。

取引所 取引単位 手数料 通貨数 口座開設の最短時間
Coincheck 500円相当額 無料 15通貨 当日中
  bitFlyer 販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
無料 12通貨 当日中
DMM Bitcoin 0.001BTC 無料 11通貨 当日中
GMOcoin 0.001BTC 無料 10通貨 当日中
SBIVCトレード 0.001BTC 無料 3通貨 翌日

ビットコインの仕組みを解説

ビットコインの仕組みには「分散型台帳」と「ブロックチェーン」という2つの技術が使われています

金融システムは、中央集権によって管理するのが一般的です。例えば銀行であれば、顧客の預金情報はデータセンターのような場所で一元管理され、顧客情報や預金情報の更新もデータセンターで行います。

coincheck

一方、分散型台帳は、ネットワーク上に顧客情報を分散させて管理します。いくつものサーバーで分散管理するので、1つのサーバーで障害が発生しても、顧客情報が消えることはありません。また、情報のあるサーバーにアクセスできれば顧客情報を取り寄せられるので、中央集権型のように、1つのサーバーに集中してアクセスする必要もないのです。

分散型台帳の仕組みの1つがブロックチェーンです。取引記録のブロックを分散させて、それぞれの記録データを互いに確認して、データの整合性を維持します。これによって、1つのデータセンターですべてのデータを管理する必要がありません。中央主権型のような、情報を集めておくデータセンターがなくても、記録データのやりとりを行えるのです。

ビットコインの持つ特徴とは

ビットコイン誕生から現在まで、沢山の仮想通貨が誕生しました。その中でも、ビットコインは仮想通貨の中の基軸通貨ともいうべき中心的な役割を担っています。時価総額が仮想通貨の中で一番高く、今後も需要が拡大する可能性があります。

前述のとおり、発行枚数は2,100万枚と決められています。金(ゴールド)と同じく希少価値が高く需要があるために、投資商品としても人気を集めています。機関投資家がインフレに備えて投資するケースもでてきています。

すでにビットコインが使える実店舗もありますが、インターネットサービスの決済でも使用でき、今後も決済手段として普及していく可能性が高いといえるでしょう。ビットコインを入出金できるようなATMも出現しています。近い将来、コンビニやスーパーでも支払いに使える日がくるかもしれません。

biyFlyer

また法定通貨の価値が不安定な国の一部では、ビットコインに注目して、安定した通貨として使用するケースがあります。そのために、自国の法定通貨よりも信頼されている場合もあるのです。

誕生した仮想通貨の中で、株式市場への上場を実現した仮想通貨はありません。しかし、ビットコインは、ビットコインETFとして2017年から上場申請しており、仮想通貨で始めて上場を果たす可能性があります。このようないくつもの理由により、今後もビットコインの価値が上昇する可能性が高いといえるでしょう。

ビットコインはどのように増やす?

ビットコインの増やし方には、いくつかの方法があります。

ビットコインを増やす方法

  • 取引所での売買
  • マイニング

一般的な方法は上記の2つです。取引所で売買して価格差を利用して増やすか、マイニングというコンピュータを使った採掘で増やします。

ビットコインは、FXのように価格は市場の需要に応じて変化します。つまり仮想通貨の取引所でビットコインを購入して、購入時よりも高値になったときに売却すれば増やすことができるのです。もちろん、FXと同じように購入時の価格よりも下がれば、損失も出るので注意が必要でしょう。

もう1つの方法はマイニングです。仮想通貨で使われているブロックチェーンの技術は過去の取引を記録しており、いわば台帳のような役割を持ちます。仮想通貨の取引を行うごとに、この台帳は更新する必要があります。更新には膨大な計算が必要であり、マイニングを行うマイナーと呼ばれる人たちが計算しています。そして1番最初に計算が終わったマイナーに、報酬として仮想通貨が支払われる仕組みになっているのです。

GMOコイン

ただし世界中の電子データの中から、ビットコインのデータである取引記録を探さないとならないため、マイニングには高性能なコンピュータが必要です。コンピュータは高性能であるほど電気を使うために、マイニングで得られたビットコインと、マイニングで使うコンピュータの電気代を比べてペイできないと損することになります

一般的にはビットコインのマイニングにはASICと呼ばれるコンピュータを使いますが、高性能なグラフィックボードを搭載したパソコンでもマイニングできます。

ビットコインに投資するメリットとは?

ビットコインは、仮想通貨の中でもボラリティが高く、儲けが出やすいといわれています。仮想通貨の中で唯一100万円以上の値がついているのです。事実、2021年4月にはビットコインの価格は600万円を超えています。1年で何十倍の価値になる可能性があることが、利益を出しやすい仮想通貨たる所以でしょう。

時価総額1位のビットコインは、比較的信頼性が高い仮想通貨です。ブロックチェーン技術により取引データが記録され、そのデータ改ざんはほぼ不可能とされています。

dmmbitcoin

ビットコインは特定の国の財政や政策、国内の状況、経済指標などに左右されにくいとされます。そのため、テクニカル指標を使って相場の動きを予想しやすいのです。ビットコインは、チャートを使った分析に向いている投資商品といえるでしょう。

FXや株と同じように、ビットコインも売りから入って買い戻して利益を出せます。レバレッジを使った取引も可能です。レバレッジを利かせれば、ビットコインが下落するような場面でも儲けが出るでしょう。

ビットコインの危険性やリスクとは

ビットコインに投資すれば、もちろん損失がでるリスクはあります。増やすためには、いつ投資するのかが重要です。思いもよらないときに損失をださないために、チャート分析は欠かせません。

ビットコインは、ブロックチェーンなどの技術で成り立っているため、改ざんされる可能性は低いです。ただし、売買で使用する仮想通貨取引所や、売買したビットコインを保管するウォレットは、ハッキングされる危険があります。

すでにビットコインがハッキングされた事件も起きており、多くは取引所が狙われています。

coincheck

ハッキングのリスクを減らすには、売買で使う仮想通貨取引所のセキュリティを確認しましょう。また、ウォレットもハッキングに遭う可能性があるので、セキュリティの高いウォレットを使うことも大切です。

仮想通貨の中でも、ビットコインは一番ボラリティが高いです。価格変動幅が大きいということは、それだけ利益も出しやすいですが、その反面損失がでると大きな損失になる可能性があります。特にレバレッジ取引を行うと、損失が大きくなりやすいです。無理せずに、自分の資金と相談しながら投資をしていきましょう。

ビットコインを始める方法を紹介

ビットコインを手軽に始めたいのであれば、仮想通貨取引所で売買するのがよいでしょう。そのためには、仮想通貨取引所で口座を開設しないとなりません。口座開設後に売買という流れになります。

口座開設から売買までは、以下の流れで行われます。

口座開設から売買までの流れ

  1. 仮想通貨取引所でアカウント登録
  2. 本人確認
  3. 入金
  4. ビットコインの売買

仮想通貨取引所は複数あるので、まずは売買する場所を選定しましょう。口座を開設した後は本人確認を終えないと、入金や売買が行えません。これはどの仮想通貨取引所でも共通です。

仮想通貨取引所ごとに本人確認に必要な書類は違うので、どの書類が必要か確かめてください。一般的には、身分証明書などの「身分確認書類」と公共料金の領収書などの「住所確認書類」が必要です。

本人確認を終えた後は入金して、ビットコインの売買がスタートとなります。

ポイント

BTC投資を始めるには取引所の開設が必要!すぐに申し込みをしよう。

取引所 取引単位 手数料 通貨数 口座開設の最短時間
Coincheck 500円相当額 無料 15通貨 当日中
  bitFlyer 販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
無料 12通貨 当日中
DMM Bitcoin 0.001BTC 無料 11通貨 当日中
GMOcoin 0.001BTC 無料 10通貨 当日中
SBIVCトレード 0.001BTC 無料 3通貨 翌日

ビットコインを通して資産運用を始めよう

仮想通貨の中でも、ビットコインはボラリティが高く利益を出しやすいです。少額から投資できるので、多くの資金を用意できなくとも投資できます。仮想通貨取引所を通じての取引であれば、安心してビットコインを売買できるでしょう。手軽に投資できるビットコインで、資産運用を検討してみてはいかがでしょうか?