ビットフライヤーとコインチェックを比較
(画像=NETMONEY編集部)

2021年に入り大きく高騰したビットコインの値動きは、2017年のいわゆる「仮想通貨バブル」とは異なる様相を見せている。そのため、今回の価格上昇を機に、ビットコインに代表される暗号通貨への投資を検討する投資家も多いだろう。

仮想通貨の取引を行うためには、取引所に口座を開設する必要がある。今回は、国内の代表的な取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)とCoincheck(コインチェック)の特徴と各サービスの内容を比較しつつ紹介する。

ビットフライヤーとコインチェックの比較

ビットフライヤーとコインチェックの比較

金融庁によると、暗号資産交換業者は現在国内に27社あるが、その中でも多くの投資家が利用しているのが、ビットフライヤー(bitFlyer)とCoincheck(コインチェック)の2社だ。

両社のサービスを表にまとめると以下のようになっている。

  bitFlyer Coincheck
取扱通貨数 14種類 17種類
現物取引手数料 無料 無料
入金手数料 0円~330円 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
出金手数料 三井住友銀行
220~440円
他行
550~770円
407円
BTC送金手数料 0.0004 BTC 0.0005 BTC
BTC受金手数料 無料 無料
レバレッジ倍率 最大2倍 レバレッジ取引不可
最小注文数 0.00000001BTC 500円相当額
※2022年1月7日現在
引用元:bitFlyerCoincheck

\新規申込、入金で2,500円相当のBTCが貰える※/

※最低入金額なし
※キャンペーン期間:2022年4月22日14:00 ▶︎ 2022年6月30日23:59

\ビットコイン取引量No.1※/

※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 ~ 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

4つの観点から徹底比較

仮想通貨取引所を選ぶ上で、以下の4つの観点が重要なポイントとなる。それぞれの切り口からビットフライヤーとコインチェックを比較していこう。

比較する観点4つ

  1. 取り扱い通貨数
  2. 手数料
  3. 最低注文数
  4. スマホアプリ

取扱通貨数で比較

取扱通貨数で比較

取扱通貨の数で比較すると、ビットフライヤーは14種類、そしてコインチェックは17種類だ。単純に取り扱い通貨の数だけで見るとコインチェックに軍配が上がるが、両取引所ともに仮想通貨の中ではメジャーな存在といえるよう主要な通貨はほぼ網羅しており、その点においてそん色はない。

重要なのは自分が取引したい仮想通貨が含まれているかどうかで、ビットフライヤーのポルカドットやコインチェックのOMGなど、それぞれの取引所にしか取り扱いがないような通貨の取引を希望するのであれば、それが含まれている取引所を選ぶべきだろう。

biyFlyer

手数料で比較

手数料で比較

手数料は仮想通貨取引においてとても重要な意味をもつ。言うまでもなく手数料は安いか、もしくは無料であるなどコストがかからないことには越したことはないので、あらゆる場面で発生するコストで比較したい。

取引所取引と言って、他の市場参加者との売買を成立させる取引所取引においてはビットフライヤーが手数料を有料としているのに対し、コインチェックは無料だ。

もう1つの販売所取引では両者ともに手数料無料だが、スプレッドと言って売りと買いのレート差があり、それが実質的な手数料となる点では共通している。

coincheck

最低注文数で比較

最低注文数で比較

最低注文数がいくらであるかは、少額取引を希望している人にとって大きな問題だ。この点について両者を比較してみると、例えばビットコインの場合はビットフライヤーが0.001BTCから、そしてコインチェックは500円からだ。

0.001BTCというと、仮に1BTCが500万円だとするとその1,000分の1にあたるため5,000円からとなる。あくまでもビットコインだけの比較になるが、両者には最低注文数において10倍ほどの開きがある。

もっとも、ビットフライヤーは最低注文数を仮想通貨側の単位で設定しているため、仮想通貨の現在価格が下落するともっと実質的な最低注文数が低くなることもある。

biyFlyer

スマホアプリで比較

スマホアプリで比較

ビットフライヤー、コインチェックともにスマホアプリが用意されている。当然ながらスマホアプリの使い勝手についても競い合っている両社だけに、どちらのスマホアプリも見やすく、使いやすく設計されている。

そんな中で比較をすると、ビットフライヤーのスマホアプリは売買可能通貨の一覧で取引所取引と販売所取引のレートが表示されているため、この両者を比較しながら取引ができる点が特徴的。もう一方のコインチェックのスマホアプリはチャートの分析機能が優れており、テクニカルを重視する投資家に嬉しい設計だ。

\新規申込、入金で2,500円相当のBTCが貰える※/

※最低入金額なし
※キャンペーン期間:2022年4月22日14:00 ▶︎ 2022年6月30日23:59

おすすめの暗号資産取引所ランキング

bitFlyer(ビットフライヤー)とCoincheck(コインチェック)の他にも暗号資産取引所は多数あり、birFlyer(ビットフライヤー)、Coincheck(コインチェック)と他の暗号資産取引所を比較してみましょう。

※当サイトのランキングは弊社が独自に行なった暗号資産取引所のイメージ調査の結果と対象となる暗号資産取引所の公式サイトの掲載情報を総合的に判断し、順位をつけています。
ランキングの根拠についてはこちら
2022年4月26日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC TradeLiquid by FTXBITPOINT
2022年4月26日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC TradeLiquid by FTXBITPOINT
2022年4月26日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC TradeLiquid by FTXBITPOINT

アプリダウンロード数No.1!コインチェックの特徴

コインチェック
(画像=コインチェック公式HPより)

Coincheck(コインチェック)は、マネックス証券などで知られるマネックスグループが運営する仮想通貨取引所だ。取扱通貨の数が多く、アプリダウンロード数が多い(※)ことでも知られている。(※コインチェック公式HPより)

コインチェックの概要
取扱通貨数(販売所) 16通貨
(BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG)
取扱通貨数(取引所) 5通貨
(BTC,ETC,FCT,MONA,PLT)
最低取引数量(BTC) 500円(0.001BTC以上)(販売所)
500円以上かつ0.005BTC以上(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
送金手数料 変動手数料制
入金手数料 銀行振込 : 無料
コンビニ入金 : 770円~
クイック入金 : 770円~
出金手数料 407円
レバレッジ取引 -

アルトコインの取り扱いが多い

アルトコインとは

アルトコインとは、Alternative Coinの略称で暗号通貨の代名詞であるビットコイン以外の暗号通貨の総称である。

coincheck

アルトコインの代表的なものとしては、リップルやイーサリアムなどがあるが、Coincheck(コインチェック)ではこれ以外にも多様なアルトコインを取り扱っており、その数は、2021年10月28日時点で17種類と国内でもトップクラスだ。

様々な仮想通貨を取引したいという人におすすめといえるだろう。

\新規申込、入金で2,500円相当のBTCが貰える※/

※最低入金額なし
※キャンペーン期間:2022年4月22日14:00 ▶︎ 2022年6月30日23:59

初心者でも利用しやすい

コインチェックのサイトやアプリは、シンプルな設計で初心者も使いやすく、ユーザーからの支持を集めている。実際に、同社のアプリダウンロード数はNo.1だという(2019年1月~12月・コインチェック 公式サイトより)

coincheck

また、ビットコインを手数料無料で購入できる点や最小で約500円から仮想通貨を購入できるなどが初心者にとっては魅力と言えるだろう。さらに、積立機能や電気やガスの料金に応じてビットコインを貯めるプランなども用意されている。

コインチェックのメリット

コインチェックのメリット

暗号資産(仮想通貨)を日本円で購入できる

コインチェックでは最低注文数が500円と設定されていることからもわかるように、日本円ベースで仮想通貨を購入することができる。もちろんすでに保有している仮想通貨から仮想通貨を購入することも可能だが、初心者は必ず日本円から何らかの仮想通貨を購入することになる。その点においてコインチェックは初心者に優しい取引所といえるだろう。

取引所取引においてもコインチェックでは取り扱う通貨の数が多く、購入できる方法が多様であることは強みだ。

coincheck

スマホアプリが使いやすい

コインチェックは、スマホアプリの使い勝手に定評がある。チャートを自由に切り替えられる操作性があるため、売買したいタイミングを逃したくないような投資スタイルの人にも使いごたえ十分だろう。この点は値動きが大きくわずかなタイミングで利益が大きく変わってくる仮想通貨取引において武器となりうる。

チャート分析を重視するテクニカル派も満足できるだけのチャート機能が備わっているため、初心者だけでなく中上級者からの評価も高い。

coincheck

サービスが豊富

「取引所」というカテゴリーに分類されているものの、コインチェックはそのカテゴリーを超えるようなユニークなサービスを提供しているのも特徴的だ。仮想通貨を積み立て購入できるサービスは値動きの激しい仮想通貨でドルコスト平均法を実践できる点で秀逸だ。

その他にも「Coincheckでんき」といって同社のグループ会社が提供している電力サービスを利用するとその利用額に応じてビットコインで還元を受けられる。その額に電気料金をビットコインで支払うことも可能だ。これは同様のサービスがガス料金でも提供されており、毎月必ず発生する料金で仮想通貨を獲得できるところがユニークだ。

coincheck

マネックスグループによる運営という安心感

上述したようにCoincheck(コインチェック)は、東証一部上場企業であるマネックスグループ株式会社の子会社によって運営されている。

ネット証券大手のマネックス証券で知られる金融業界の中でも大手のマネックスグループが運営しているため、セキュリティ面などに関しても安心感があるだろう。

仮想通貨を始めるなら
コインチェックロゴ

・コインチェックは口座開設&入金完了で2,500円相当のBTCをプレゼント!

※最低入金額なし
※キャンペーンは2022年4月22日14:00~2022年6月30日23:59までの期間になります

 

・アプリダウンロード数は 国内No.1!
※公式サイトによる2020年のアプリダウンロード数調査によるもの

最短10分で口座開設!

ビットコイン取引量国内No.1!※ビットフライヤーの特徴

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)。
bitflyer
(画像=ビットフライヤー公式HPより)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、みずほファイナンシャルグループを筆頭に国内のメガバンクなどから出資を受けている。また、ビットコイン取引量は、国内No.1(※)といわれる取引所である

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)。

 

ビットフライヤーの概要
取扱通貨数(販売所) 14通貨
(BTC,XRP,ETH,XTZ,XLM,ETC,XEM,BAT,LTC,BCH,MONA,LSK,DOT,LINK)
取扱通貨数(取引所) 6通貨
(BTC,ETH,BCH,MONA,XRP,XLM)
最低取引数量(BTC) 0.00000001BTC(販売所)
0.001BTC(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
別途スプレッドあり
取引手数料(取引所) 0.01~0.15%
送金手数料(BTC) 0.0004BTC
入金手数料 銀行振込 : 無料
クイック入金
住信SBIネット銀行 : 無料
住信SBIネット銀行以外 : 330円
出金手数料 220~770円
レバレッジ取引 最大2倍

ビットコインFXが利用可能!

「Lightning FX」では証拠金として、現金ではなくビットコインを預けることもできる。仮想通貨で資金効率のよい取引にチャレンジしたい場合には、適したプラットフォームといえる

セキュリティ対策

暗号資産(仮想通貨)に投資する際に気になるポイントの一つとして、取引所のセキュリティがある。bitFlyer(ビットフライヤー)では投資家の個人情報を保護するために、すべてのデータ通信を暗号化している。

biyFlyer

 

お得にビットコインがもらえるサービスを展開

ネットショッピングや旅行予約などのサービスを利用する際に、bitFlyer(ビットフライヤー)を経由することで、ビットコインがもらえるサービスを展開している。

楽天やYahooショッピングを筆頭に多くのサービスが対象になっているため、おとくにビットコインが得ることができる機会も多そうだ。

仮想通貨を始めるなら
ビットフライヤーロゴ

・bitFlyerはビットコイン取引量No.1!

・仮想通貨を1円から買える!
※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 ~ 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

最短10分で口座開設!

ビットフライヤーのメリット

ビットフライヤーのメリット

レバレッジ取引ができる

レバレッジ取引

レバレッジ取引とは、証拠金として投資した資金に対して倍以上の取引ができる仕組みのことだ。損失を出したときのリスクは大きくなるが、少額からでも本格的な投資規模を確保できるため、個人投資家からの人気も高い。

ビットフライヤーでは最大2倍のレバレッジ取引ができるため、10万円の資金であれば20万円規模といったように倍の規模で取引をすることができ、そこで利益が出た場合にはその利益も2倍になる。

biyFlyer

Tポイントをビットコインに交換できる

Tポイントをビットコインに交換できる

Tポイントというと有力なポイントシステムの1つで、CDやDVDなどのレンタルを手掛ける「ツタヤ」が創設後、ファミリーマートをはじめ多くの企業や店舗が参加していることで利便性が高められている。

ビットフライヤーには保有しているTポイントをビットコインに交換することができるという、とてもユニークなサービスがある。ポイント投資といった株式や投資信託などをポイントで購入できるサービスはすでにあるが、仮想通貨を購入できるのは珍しい。

biyFlyer

強固なセキュリティ

取引所へのハッキング事件や投資家が保有する仮想通貨の盗難事件など、仮想通貨はセキュリティとの関わりが避けられない。ビットフライヤーはその点をかなり重要視しており、業界でも最高水準のセキュリティが確保されている。

サービス利用時の暗号化はもちろん、利用者のログイン時の二段階認証の導入やパスワード強度チェックなど、幾重にもセキュリティが施されている。また、ビットフライヤー自体が保管している仮想通貨についても大半をコールドウォレットといってネット空間と隔離されたところに保管するなど、強固なセキュリティは同社のセールスポイントいってもよいだろう。

仮想通貨を始めるなら
ビットフライヤーロゴ

・bitFlyerはビットコイン取引量No.1!

・仮想通貨を1円から買える!
※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 ~ 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

最短10分で口座開設!

暗号資産についてのアンケート

2021年10月に株式会社ZUUが行った暗号資産についてのアンケート調査では、下記質問でCoincheckが1位となった。

Q.口座開設を検討した暗号資産(仮想通貨)取引所を教えてください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.実際に口座を開設した暗号資産(仮想通貨)取引所をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

\新規申込、入金で2,500円相当のBTCが貰える※/

※最低入金額なし
※キャンペーン期間:2022年4月22日14:00 ▶︎ 2022年6月30日23:59

コインチェックでの取引がおすすめなのは?

コインチェクがおすすめの人

  • 多くの種類の暗号資産(仮想通貨)を取引したい人
  • アプリで手軽に取引をしたい人

1.多くの種類の暗号資産(仮想通貨)を取引したい人

コインチェックは、取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の種類が国内でも最多となっている。そのため、ビットコインやイーサリアムといったメジャーどころ以外の暗号資産を取引したいという人におすすめと言えるだろう。

独自調査でも「取引所を選んだ理由」を取扱通貨数で決めている利用者が多いことがわかった。
(2021年10月株式会社ZUUが実施/暗号資産についてのアンケート調査結果より)

Q.今利用している暗号資産(仮想通貨)取引所を選んだ理由をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)
coincheck

2.アプリで手軽に取引をしたい人

コインチェックのスマホアプリは、インターフェースに優れ、スムーズに取引ができるように設計されている。そのため、「スマホアプリを使って手軽に取引をしたい」という人におすすめだ。

\新規申込、入金で2,500円相当のBTCが貰える※/

※最低入金額なし
※キャンペーン期間:2022年4月22日14:00 ▶︎ 2022年6月30日23:59

ビットフライヤーでの取引がおすすめなのは?

ビットフライヤーがおすすめの人

  • 暗号資産(仮想通貨)でアクティブに資産を増やしたい人
  • 気軽にビットコイン取引を始めたい人

1.暗号資産(仮想通貨)でアクティブに資産を増やしたい人

ビットフライヤーでは、レバレッジ取引が可能な「bitFlyer Lightning」を提供している。そのため少額から始めて、積極的に取引を行い暗号資産を増やしていきたいという人には魅力的だ。

biyFlyer

実際に多くの投資家が少額投資に魅力を感じ、仮想通貨を始めるきっかけとしている。
(2021年10月株式会社ZUUが実施/暗号資産についてのアンケート調査結果より)

Q.暗号資産(仮想通貨)取引を始めた(始めようとしている)理由・目的は何ですか?

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.実際に暗号資産に投資している金額をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.暗号資産(仮想通貨)の投資に魅力を感じる点はなんですか?

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

2.気軽にビットコイン取引を始めたい人

ビットフライヤーでは、サイトの利用を通じてビットコインをもらうことができたり、Tポイントと交換できるサービスなどが用意されている。

そのため気軽にビットコインをもらい、取引をしたいと考えている人にもおすすめと言える。

Q.最も期待している暗号資産(仮想通貨)を教えてください。
(2021年10月株式会社ZUUが実施/暗号資産についてのアンケート調査結果より)

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

自分のスタイルにあった取引所で暗号資産取引を

初めて暗号資産(仮想通貨)ビットコインを購入する場合、取引所の信頼性と安全性を第一に考えるべきだろう。

その上で、重要なのは低コストで取引できる取引所を選ぶことだ。暗号資産(仮想通貨)には、取引手数料・日本円の入出金手数料・銀行振込手数料・仮想通貨送受金手数料・建玉管理料・ロールオーバー手数料など、さまざまな手数料がかかる。こうした手数料の額は取引所ごとに異なるため、各社の手数料を比較検討するべきだろう。

これら加えて、取引所ごとの特徴を把握し、自分にあった取引所で取引を始めると良いだろう。

Coincheckのアカウント登録方法&手順

Coincheckは基本的にこの3つを用意すれば、口座開設を行うことが可能です。

メールアドレス
1.Gmailなどのフリーアドレスでも可能で、キャリア携帯のメールアドレスである必要はありません。

本人確認書類
2.本人確認書類は原則運転免許証、パスポート、在留カード、マイナンバーカードなどを準備してください。(※法人名義で登録する場合は登記事項証明書も準備する必要があります)

銀行口座
3.3.銀行口座は日本円の入出金を行う際に必要となるため、事前に用意しておく必要があります。
 

STEP①メールアドレスの登録

まず、メールアドレスを登録し、アカウントを作成する必要がありますのでコインチェック(Coincheck)の公式サイトにアクセスし、画面右上または、中央にある「会員登録」クリックしてください

coincheckメールアドレス入力
引用元 Coincheck
Coincheck会員登録
引用元 Coincheck

すると指定したメールアドレスに確認のメールが送信されます。

今後、Coincheckからの連絡はこの登録されたメールアドレスを経由して送信されてくるので、普段からよく利用しているメールアドレスで登録することをおすすめします。 もちろん、フリーメールアドレスでも登録に問題はありません。

STEP②アカウントにログイン

メールに記載されたリンクをクリックすると、コインチェック(Coincheck)のダッシュボードに画面が移動します。

STEP③本人確認書類の提出

コインチェック(Coincheck)で仮想通貨取引を行うには、本人確認書類の提出や個人情報の入力が必要となりますj。また、実際に取引を開始するには、本人確認書類を提出した後に郵送されてくるハガキを受領する必要がありますが、ハガキの到着を待ちたくない場合は、「かんたん本人確認」を利用すると良いでしょう。

※ 「かんたん本人確認」とは、本人確認書類と自分の顔写真をスマホアプリ経由で送信することで、インターネット上で口座開設の手続きを完結することができるサービスである。

本人確認書類を提出するには、公式サイト上の緑色の「本人確認書類を提出する」ボタンをクリックしてください。

Coincheck書類提出
引用元 Coincheck

STEP④電話番号認証

「本人確認書類を提出する」ボタンを押すと、電話番号認証の画面に遷移するので、画面の指示にしたがって入力してください。

電話番号認証
引用元 Coincheck

SMSを利用して、電話番号を認証するため、固定電話番号を利用することはできません。電話番号を入力し、送信されたSMS(電話番号宛のテキストメッセージ)に表示されている6桁の番号を入力してください。

何らかの理由によりSMSを利用することができない場合は、画面下に記載されているある「SMSを受信できない方はこちら」をクリックすると良いでしょう

STEP⑤各種重要事項の確認

当てはまるものにクリックをし、次に進みます。

重要事項
引用元 Coincheck

STEP⑥アプリでの本人確認書類のアップロード

各種重要事項同意が完了すると、本人確認書類の提出画面が現れ、名前や性別、生年月日、住所、職業、取引目的などの個人情報の入力が求められます。
あとで送信する本人確認書類の画像と内容が一致しているかどうかをチェックされるため、記入内容に間違いがないように注意を払う必要があります。

もしコインチェックアプリからの本人確認が難しければ下の「アプリが使えない、現住所記載の書類をおもちでない方はこちら」をクリック

CoincheckID提出
引用元 Coincheck

STEP⑦IDセルフィー画像のアップロード

次に、IDセルフィ―画像のアップロードを行います。アップロードする本人確認書類と自分の顔が一緒に映っている写真をアップロードします。

Coincheckセルフィー提出
引用元 Coincheck

STEP⑧セルフィー以外の本人確認書類のアップロード

"提出する写真はピントがずれていたり、暗くて顔が見えづらかったりすると、再提出を求められる場合があるため、気をつけて撮りましょう。
コインチェック側で、本人確認書類の確認が終わると、本人確認完了のメールが届きます。 本人確認書類を提出する方法は以下の2通りです。

Coincheck写真提出
引用元 Coincheck

STEP⑨ハガキを郵便ポストで受領

本人確認のフォームに入力した住所の郵便ポストにハガキが郵送されてきますので、それを受け取ることにより本人確認完了となります。

仮想通貨を始めるなら
コインチェックロゴ

・コインチェックは口座開設&入金完了で2,500円相当のBTCをプレゼント!

※最低入金額なし
※キャンペーンは2022年4月22日14:00~2022年6月30日23:59までの期間になります

 

・アプリダウンロード数は 国内No.1!
※公式サイトによる2020年のアプリダウンロード数調査によるもの

最短10分で口座開設!

bitFlyerのアカウント登録方法&手順

ビットフライヤーは基本的にこの3つを用意すれば、口座開設を行うことが可能です。

メールアドレス
1.Gmailなどのフリーアドレスでも可能で、キャリア携帯のメールアドレスである必要はありません。

本人確認書類
2.本人確認書類は原則運転免許証、パスポート、在留カード、マイナンバーカードなどを準備してください。(※法人名義で登録する場合は登記事項証明書も準備する必要があります)

銀行口座
3.ビットフライヤー(bitFlyer)の場合、登録内容と実際の銀行口座情報に相違がない場合、最短で当日中に銀行口座情報確認が完了します。
 

STEP①メールアドレスの登録

まずは公式サイトにアクセスしてbitFlyerからの連絡用のメールアドレスを下の黄枠に入れて登録してください。

すると指定したメールアドレスに確認のメールが送信されます。

bitFlyerメールアドレス入力
引用元 bitFlyer
①指定したアドレスに届いた確認メールの中にあるリンクをクリック、またはキーワードをコピーをし下の画面の黄枠の中に入力してください。
bitFlyer,口コミ記事
引用元:bitFlyer

今後、ビットフライヤーからの連絡はこの登録されたメールアドレスを経由して送信されてくるので、普段からよく利用しているメールアドレスで登録することをおすすめします。 もちろん、フリーメールアドレスでも登録に問題はありません。

STEP②パスワードを設定し、同意事項にチェックをする

パスワードはセキュリティの観点から、第三者に推測されにくく、なるべく複雑なパスワードを設定するようにしましょう。

なお、パスワードにはアルファベットの大文字と小文字、数字と記号の中の2種類以上を組み合わせて設定する必要があります。
パスワード設定後に同意事項が表示されますので当てはまるものにチェックを入れ、次に進んでください。

DMM Bitcoin,口コミ記事
引用元:bitFlyer

STEP③2段階認証を行う

ビットフライヤーの口座を開設する3つ目のステップとして、二段階認証を行うことが挙げられます。

2段階認証とは、Webサイトやアプリにログインする際にIDとパスワードの他にセキュリティコードの入力や生体認証などでもう一度認証作業を行い、セキュリティを強化する仕組みのことです。 ログインを2段階制にすることで、悪意を持った第三者によって認証を突破されるリスクは非常に低くなり、強固なセキュリティを実現することができるようになっています。 結果として自身の資産を守ることに繋がります。

2段階認証を行う際には以下の2通りがあります。

携帯のSMSで受け取る

認証アプリを利用する

上記の方法が難しい方はメールで受け取る方法もありますがセキュリティの観点から非推奨です。

スマートフォンで操作をしている場合は、SMSで受け取る方法がスムーズなため、おすすめです。

bitFlyer,口コミ記事
引用元:bitFlyer

STEP④取引時の情報入力を行う

ビットフライヤーの口座を開設する4つ目のステップとして、取引時の情報入力を行うことが挙げられます。
この際、提出する本人確認書類と同じ、正しい情報を入力することが必要です。

本人情報を入力したら、「続けて取引目的等を入力する」をクリックして、職業や財務情報、投資目的および投資経験等を入力します。取引時確認で入力する内容は以下が挙げられます。

名前

性別

生年月日

住所

bitFlyer,口コミ記事
引用元:bitFlyer

STEP⑤本人確認書類を提出する(クイック本人確認)

ビットフライヤーの口座を開設する5つ目のステップとして、本人確認書類を提出する(クイック本人確認)ことが挙げられます。
本人確認書類を提出する方法は以下の2通りです。

bitFlyer,口コミ記事
引用元:bitFlyer

クイック本人確認は、本人確認書類と自身の顔をスマホで撮影し、送信するだけで本人確認が完了します。
クイック本人確認を行うことで、その日のうちに取引を開始することが可能なため、急ぎで取引を行いたい方にはおすすめの方法です。

また、取引開始までの時間が短く、チャンスを逃さずに投資が行えるというメリットもあります。

ただ自身の顔を送ることに抵抗があるという人は対面での本人確認をおすすめします。

STEP⑥自身が利用する銀行口座を登録する

ビットフライヤーの口座を開設する6つ目のステップとして、自身が利用する銀行口座を登録することが挙げられます。

銀行口座の登録が完了すると、日本円を入金することで仮想通貨の取引が可能となります。

銀行口座を登録する際のポイントとして、ビットフライヤーでは住信SBIネット銀行と三井住友銀行を登録することで各種手数料を削減できるという点が挙げられます。

住信SBIネット銀行か三井住友銀行のどちらかを普段から利用している方は、必ず紐付けるようにしましょう。

STEP⑦送付されるハガキを受け取る

ビットフライヤーの口座を開設する6つ目のステップとして、自身が利用する銀行口座を登録することが挙げられます。

手順④の本人情報で登録した住所にハガキが到着することで住所確認が完了します。

本人確認でクイック本人確認ではなく対面で本人確認を選んだ場合、このハガキを受け取るまでのステップに3~5日ほどかかるため、急いでいる方は特にクイック本人確認がおすすめです。

仮想通貨を始めるなら
ビットフライヤーロゴ

・bitFlyerはビットコイン取引量No.1!

・仮想通貨を1円から買える!
※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 ~ 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

最短10分で口座開設!

bitFlyerとCoincheckのイメージ調査結果

ZUU online編集部では当ページの作成にあたり、各暗号資産取引所のイメージに関して株式会社ZUUが独自調査を行い、客観的な統計データによる執筆を行っております。

取引所 手数料 スプレッド 取扱通貨数 セキュリティ サポート ツール アプリ 総合評価
bitFlyer

Coincheck

暗号資産取引所のイメージ調査の概要

・実施期間:2021年5月

・調査の概要:暗号資産取引所各社のイメージに関するアンケートの収集

・調査対象:暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を有する国内の20歳以上の男女

・有効回答件数:500件

・調査会社:株式会社クロス・マーケテイング

イメージ調査の結果

bitflyerのイメージ調査
(画像=NETMONEY編集部)
Coincheckのイメージ調査
(画像=NETMONEY編集部)
bitFlyerのイメージ調査詳細
調査項目 大変満足している 満足している 普通だと思う 不満に思う 大変不満に思う 特にイメージはない
手数料 3.4% 14.4% 39.4% 7.4% 2.6% 32.8%
スプレッド 4.4% 20.2% 35.4% 5.2% 2.8% 34.2%
取扱通貨数 5.8% 20.4% 36.4% 4.2% 2.2% 31.0%
セキュリティ 6.6% 17.4% 38.2% 5.8% 1.6% 30.4%
サポート 5.2% 14.4% 39.2% 6.2% 2.6% 32.4%
取引ツール 5.2% 17.8% 39.0% 5.2% 1.2% 31.6%
スマホアプリ 5.2% 19.0% 32.0% 3.8% 1.8% 40.8%
総合評価 6.6% 22.0% 38.6% 4.2% 1.0% 27.6%
Coincheckのイメージ調査詳細
調査項目 大変満足している 満足している 普通だと思う 不満に思う 大変不満に思う 特にイメージはない
手数料 5.6% 13.6% 36.6% 7.0% 3.0% 34.2%
スプレッド 6.8% 17.6% 36.0% 3.2% 1.8% 34.6%
取扱通貨数 8.4% 24.2% 31.8% 2.0% 2.0% 31.6%
セキュリティ 7.0% 18.8% 35.6% 6.8% 3.0% 28.8%
サポート 5.8% 15.0% 37.2% 7.4% 2.2% 32.4%
取引ツール 7.6% 18.8% 34.4% 5.0% 1.8% 32.4%
スマホアプリ 8.0% 18.2% 31.0% 4.8% 1.8% 36.2%
総合評価 7.0% 21.0% 37.6% 4.0% 2.4% 28.0%

暗号資産(仮想通貨)の取引に関するQ&A

Q. 暗号資産(仮想通貨)の取引には、一般的な銀行口座とは別途、新たに口座開設が必要か?

暗号資産(仮想通貨)取引所に新たな口座開設が必要だ。

Q. アルトコインとは何か?

ビットコイン(BTC)以外の暗号資産(仮想通貨)の総称。
アルトコインは各暗号資産により、知名度や流通量に大きな差がある。

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引所によって最低購入数量は異なるか?

暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに異なる。また、暗号資産ごとにも違う場合がある。
最低購入数量は、例えば「0.001BTC」のように表される。

この記事の監修者

監修者

実際に暗号資産投資を始めてみる

ビットコイン取引量国内 No.1!※国内最大級の仮想通貨取引所
>>bitFlyerの口座開設はこちら

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)。

国内仮想通貨取引アプリダウンロード数 No.1
>>コインチェックの口座開設はこちら

東証一部上場企業のGMOインターネットグループ、金融業界で培った信頼と豊富な実績
>>GMOコインの口座開設はこちら

出入金と現物手数料が無料(※BitMatch取引手数料を除く)
>>DMM Bitcoinの口座開設はこちら