ビットコイン暴落
(画像=PIXTA)

2020年末から2021年にかけて大きな価格上昇を見せ、今後の値動きが注目されているビットコイン(BTC)。こうした動きに合わせて、「今からビットコインを勉強して投資を始めよう」と考えている人も多いでしょう。しかし、急激に上昇したビットコインには常に暴落の可能性がささやかれています。

この記事では、ビットコイン価格の暴落が起こる理由や暴落による損失のリスクを減らすための方法について解説していきます。

ビットコイン(BTC)は暴落した時が買い時?おすすめ取引所を紹介!

ビットコインが暴落している時こそ投資のチャンスと考えることもできます。そこでビットコイン取引でおすすめの取引所を紹介します。

ビットコイン(BTC)は暴落する?

2021年5月の時点で1BTCが約600万前後で値動きしているビットコインですが、この半年の間に大きく価格が上昇したため、暴落の可能性も指摘されています

ビットコインに代表される仮想通貨の市場は、歴史が浅く、値動きの幅も大きいため、常に暴落のリスクを想定しておく必要があります。暴落を引き起こす要因について以下で確認しておきましょう。

coincheck
 

ビットコインの価格が暴落する理由

ビットコイン価格が暴落する理由は大きく分けて以下の4つが考えられます。

ビットコインの価格が暴落する理由

  • 国による規制がかかる
  • 金融情勢が変化する
  • 何らかの不正が発覚する
  • 大量の売却が出る
・国による規制がかかる

日本に限らず、ビットコインに代表される仮想通貨は、歴史が浅いため、法整備が不十分だと言われています。規制が整備されることで市場の健全性が担保され、取引が活性化するというケースもありますが、これまで行われてきた取引ができなくなる可能性もあります。その場合、将来を不安視する人が増え、仮想通貨市場全体が低調になり、ビットコインの価格低下につながる場合があります。

・金融情勢が変化する

2020年から2021年にかけてのビットコイン価格上昇の背景には、コロナ禍に伴う各国の金融緩和があると言われています。法定通貨への信用が下がったことにより、インフレヘッジのための資産としてのビットコインに資金が流入したのです。

このように、仮想通貨市場は各国の金融情勢の影響は受けざるをえません。金融政策の動向次第で暴落が起きる可能性があることも理解しておきましょう。

biyFlyer
 

・不正が発覚する

現在では、仮想通貨に関する法整備や取引所のセキュリティを高めるための様々な施策が行われています。しかし、過去には、取引所に対するハッキングなどにより、仮想通貨が不正に流出する事故が発生したこともありました。

こうした事故などにより、仮想通貨全体のイメージが低下すれば、ビットコインの価格の暴落にもつながります。

・大量の売却が出る

現在ビットコインを大量に保有している人たちが、ポジションを解消し、ビットコインを手放すことで暴落が起こる可能性もあります。

BTC投資におすすめ取引所5選

取引所名 取引手数料 取扱通貨数 最低取引単位 レバレッジ取引
1位 1位 Coincheck 無料 17種類 販売所:500円相当
取引所:0.005 BTC(500円相当)
なし
2位 2位 bitFlyer 販売所:無料(※1)
取引所:0.01~0.15%
13種類 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
2倍
3位 3位 DMM Bitcoin 販売所:無料(※2)
取引所:-
12種類 販売所:0.0001BTC
取引所:-
2倍
4位 GMOcoin 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%, Taker 0.05%
14種類 販売所:0.00005 BTC
取引所:0.0001 BTC
2倍
5位 SBIVCトレード 無料 5種類 販売所:0.0001BTC
取引所:0.0001BTC
なし
取引所名 取引手数料 取扱通貨数 最低取引
単位
レバレッジ
取引
1位 1位 Coincheck 無料 17種類 販売所:500円相当
取引所:0.005 BTC
(500円相当)
なし
2位 2位 bitFlyer 販売所:無料(※1)
取引所:0.01~0.15%
13種類 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
2倍
3位 3位 DMM Bitcoin 販売所:無料(※2)
取引所:-
12種類 販売所:0.0001BTC
取引所:-
2倍
4位 GMOcoin 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%
Taker 0.05%
14種類 販売所:0.00005 BTC
取引所:0.0001 BTC
2倍
5位 SBIVCトレード 無料 5種類 販売所:0.0001BTC
取引所:0.0001BTC
なし
※1.別途スプレッドあり
※2.BitMatch取引手数料を除く
2021年10月19日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC TradeLiquid by Quoineビットバンク

ビットコインの暴落は予想できるのか

結論から言うと、ビットコインの暴落を正確に予想することは、困難です。しかし、市場の動向や各国の金融政策など様々な情報から一程度の方向性を予想することはできるでしょう。そのため、日頃から様々な情報に対してアンテナを張り巡らせておくことが重要です。

また、暴落した場合でも自身の投資方針によって採るべき方針は異なります。長期での保有を前提としているのであれば、暴落を「買い増しのチャンス」と捉えることもできます。そのため、暴落時の対応を事前にある程度決めておくことで、精神的なダメージを減らすこともできるでしょう。

ビットコインと通常の投資の違いとは?

ビットコインなどの仮想通貨への投資と株式投資は、似ている部分もありますが、異なる部分もあります。例えば株式投資では平日の取引所が開いている間しか取引をすることができません。しかし、仮想通貨は常に取引をすることができます

biyFlyer

また、ビットコインに代表される仮想通貨投資の一番の特徴は、ハイリスクハイリターンを見込めることにあります。過去の値動きを見れば、長期にわたってビットコインを保有していた人は値上がりによって大きな恩恵を受けたと考えられます。

一定の余裕資金があり、「一攫千金を狙うためには多少のリスクも許容できる」という人にとって、ビットコインに代表される仮想通貨は非常に魅力のある投資対象と言えるでしょう。

暴落を予測しながらビットコインの取引を進めよう

大きな価格上昇が期待できると言う魅力をもつビットコインですが、これまで解説してきたように、常に暴落の可能性もあります。そのため、ビットコインを保有していく上ではリスク管理をすることが重要になってきます。

ビットコイン投資の上で気をつける事

  • 世界情勢をニュース等で入手する
  • 損切りラインをしっかり決めておく
  • 無理のない範囲の資金で投資をする
  • パスワード等のセキュリティ管理

ビットコインへの投資を行うのならば、こうした点に注意しながら取引を進める必要があるといえるでしょう。

繰り返しになりますが、ビットコインはハイリスクハイリターンな投資商品です。しかし、自身が許容できる範囲の資金で投資するならば、将来の大きな値上がりが期待でき、ポートフォリオに変化を与えてくれる貴重な存在ともいうことができるでしょう。

ビットコインの価格変動に関するQ&A

Q. ビットコイン(BTC)は値動きが激しい理由は何か?

A:”誰も経験したことがない新しいもの”であり、過去にない要因で価格が大きく変動することがある。
1つはオンライン特有の事例で、ハッキング問題などの不正アクセスによる信用度の低下がある。
法定通貨ではないため、避難通貨としての側面から金融情勢の影響を大きく受けることも多い。
また、日本国内外を問わず、関連する法律が整っているとは言い難く、今後の国による規制を懸念材料として投資家心理に影響を与えることもある

Q. ビットコイン(BTC)の値動きは予測できるのか?

A:他の投資商品同様、予測分析する手法がいくつかある。
過去の値動きをチャートで確認する「テクニカル分析」、政治動向や世界経済情報をもとに行う「ファンダメンタルズ分析」が主たる予測方法として挙げられる

Q. ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)と、株式投資は何が異なるか?

A:株式投資と異なる、暗号資産投資の大きな特徴は”ハイリスク・ハイリターンを見込める”点だ。
暗号資産は価格の変動が激しい特徴があるため、大きなキャピタルゲイン(売却差益)を狙える。
一方、価格の暴落により大きな損失が生じることもある。
また、暗号資産は常時取引ができることも、株式投資と異なる点だ

Q. ビットコイン(BTC)への投資は、ハイリスク・ハイリターンなのか?

A:価格の乱高下があった歴史からも、ハイリスク・ハイリターンを見込める投資商品といえる

監修者

実際に暗号資産投資を始めてみる

国内仮想通貨取引アプリダウンロード数 NO.1
>>コインチェックの口座開設はこちら

ビットコイン取引量国内 No.1!国内最大級の仮想通貨取引所
>>bitFlyerの口座開設はこちら

東証一部上場企業のGMOインターネットグループ、金融業界で培った信頼と豊富な実績
>>GMOコインの口座開設はこちら

出入金と現物手数料が無料な(※BitMatch取引手数料を除く)
>>DMM Bitcoinの口座開設はこちら