自分の実力をより発揮できる職場を見つけるために、転職を希望している人も多いでしょう。そうした場合に頼りになるのが転職支援サイトです。

なかでも、リクナビネクストは、転職サイトの代名詞ともいえる存在です。この記事では、リクナビネクストのサービス内容や利用するメリット・デメリットについて解説していきます。

リクナビネクストとは?

リクナビネクスト
(画像=リクナビネクスト)

リクナビネクストは、その名の通り株式会社リクルートが運営している転職サイトで、その膨大な情報量に定評があります。企業からのオファーを受け取る機能もあるため、自身の能力を認めてくれる存在に出会える可能性もあると言われています。

業界大手のサイトであるため、利用者数も多く、サイト内のコンテンツも充実しています。単純にマッチングする企業を探すだけではなく、自分のスキルを改めて棚卸ししたり、目指している企業の雰囲気なども知ることができるなど、様々な角度から転職活動を支援してくれる存在と言えるでしょう。

リクナビネクストを利用した人からの評判は?

リクナビネクストは、業界最大手の転職支援サイトです。そのため、転職活動を行っている人の約8割が利用していると言われています。その理由としては、「利用が簡単である」「掲載されている求人情報やコンテンツの数が多い」という点が挙げられます。

アイコン

「リクナビネクストは他社と比べて圧倒的に求人数が多く、取り扱いのある職種・業種も幅広かった。自分のスキルや希望する条件に合った企業を探すことができた。」

企業登録数は約40,000件もあると言われており、自分の得意とする分野の仕事に絞って探しても、相当数の求人にたどり着けるでしょう。年収別や勤務地などを絞って探すこともできるため、希望する求人にたどり着きやすいのも大きなポイントです。

また、転職を期に新しいことにチャレンジしてみようという人は、職務経歴を登録することで、様々な企業からオファーをもらうことができる可能性があります。

マイページの使い勝手もよく、あらゆる情報をわかりやすく、まとまっている点も利用者には嬉しいポイントと言えるでしょう。

アイコン

「登録も簡単だったため、スムーズに転職活動に踏み切ることができた。」

経歴などを入力するだけで、簡単に登録することができ、企業への直接応募も可能となります。また、企業からのオファーを受け付ける状態にしておくと、積極的な転職活動が難しい場合でも、様々な企業から声がかかり、自身の選択肢を広げることができるでしょう。

企業側からオファーをもらうことにより、全く予想していなかった業界にもチャレンジしてみようというキッカケにもなる可能性があります。自分の能力の幅をもっと広げたい人には嬉しいポイントといえるでしょう。

アイコン

「転職サイトの多くがブラウザを開かなくてはならず億劫に感じることもあったが、リクナビネクストは専用アプリがあるので助かった。」

在籍中に転職活動をする場合には、手軽に求人情報のチェックや企業とのやり取りができる仕組みが必要です。リクナビネクストは、そうした人たちのために、専用アプリが用意されています。これにより、いつでも情報をチェックでき、貴重な求人やオファータイミングを逃すということがなくなります。

利用者にとって手軽に利用できる環境が整えられている点は嬉しいポイントの1つでしょう。

リクナビネクストはどんな人におすすめ?

リクナビネクストは、どのような人にも対応できるように様々な求人を取り扱っています。その中でも特に利用していただきたい方をまとめました。

リクナビネクストがおすすめの方

  • 時間や手間をかけずに活動をしたい人
  • 転職活動の方向性が明確に定まっていない人

時間や手間をかけずに活動をしたい人

上述の通り、リクナビネクストはサイトが操作しやすく、専用アプリも用意されています。現職で忙しい人も、隙間時間に求人情報をチェックすることが可能です。

転職活動の方向性が明確に定まっていない人や漠然と活動をし始めた人

リクナビネクストでは様々な企業からのオファーを受け取ることもできます。プライベートオファーからオープンオファーまで、自分が予想しなかった企業からもオファーを受け取ることで、新しい職場と出会いが増えるでしょう。

企業からのオファーは、転職活動の方向性が明確に定まっていない人や、漠然と活動をし始めた人にとっては、自分がやりたいことなどを真剣に考えるきっかけとなるシステムといえるでしょう。

プライベートオファーの場合、関心があればそのまま面接に進むことも可能です。自分の能力がある程度相手側に認められていると考えられるため、スムーズに選考が進む可能性もあります。

多くのオファーが届く場合があるため、一つ一つをしっかりと見極めて、自分の進むべき道を選んでいきたい人には魅力的でしょう。

リクナビネクストを利用するメリット・デメリット

リクナビネクストを利用する際、知っておきたいメリットとデメリットを解説します。

メリット

リクナビネクストを使う最大のメリットは求人数の多さです。業界最大規模の転職サイトということもあり、提携している企業の多さやノウハウの多さは群を抜いています。

どこにも登録せずに地道に企業のホームページをあたるよりも、遥かに効率が高く、転職活動が成功する可能性も高まるでしょう。転職活動を行う際は、早い段階で登録を検討すべき代表的なサイトということができます。

デメリット

デメリットとしては、首都圏の求人が多く、地方で働きたいといった人のニーズに対応しきれてない点が挙げられます。リクナビネクストは、中小企業から大企業まで様々な企業の案件を網羅していますが、主要都市と比べると地方の案件は少なく、自分の理想に合致しなかったという意見も多く見られます。

リクナビネクストを利用する流れ

リクナビネクストの利用には必ず会員登録が必要です。特別費用などは必要ありません。メールアドレスを入力し、指示に従って必要な情報を入れていくだけで、登録は完了します。

各項目の入力の際、企業側からの連絡アドレスの入力間違いなどがないように注意して編集するようにしてください。

基本情報に続いてパーソナルな部分を登録

基本情報の登録完了後、自身の学歴や職歴などを詳しく入力していきます。こうした情報はリクナビネクスト内で自身にあった求人を表示するために必要な情報です。これまで何を経験してきて、どんな実績を挙げてきたか、持っている資格などの情報を詳細に書き込んでいきましょう。

登録された情報を元に求人の方向性も決まってくるため、その中で自分にマッチしたものがあれば積極的にエントリーしていきましょう。登録後の使い方は人によって異なりますが、自身の転職活動に有意な情報が入手できることがあるため、小まめに情報をアップデートするとよいでしょう。

また、企業へ応募した後は、選考の流れを把握して必要な書類などがあれば早めに用意しておきましょう。

リクナビネクストで理想的な転職を実現しよう

転職を決めたきっかけは様々でしょう。例えば現職の職場環境が劣悪であれば、もっと良い環境の企業を探し、収入面で不安があれば年収がアップするような企業を探すことになります。

まずは自分が何のために転職するかを明確に決めて活動を始めると、より有益な情報をつかみ、スピーディーに行動することができます。結果として転職が成功する可能性が高まるでしょう。

「年収を上げることが第一」「職場環境の良いところを選びたい」など、まずはしっかりと自分が一番優先したい事項を明確にした上で、求人を探すと良いでしょう。

転職を考えるならリクナビネクスト

リクナビネクストについて、様々な視点から解説しました。リクナビネクストは、求人サイトの中でも最大手であり、転職を考えているなら、まず登録すべきサイトといえるでしょう。

求人案件を探すだけでなく、書類選考や面接対策など掲載されている情報を上手に活用することで、転職活動の成功率を高めることができます。登録に費用はかからないので、今の職場に少しでも違和感があるならば、登録を検討してみてはいかがでしょうか。