「次に転職するならば、外資系や国内大手企業で働いてみたい」。

そう考える人が、転職エージェントを選ぶ際に有力な選択肢となるのが、「JACリクルートメント」です。主に30代以上の求職者を対象に、外資系企業や海外に販路を持つグローバル企業への転職をサポートしているエージェントとして知られています。

この記事では、世界11ヶ国に拠点を持つ国際的エージェント会社として注目されるJACリクルートメントの評判に解説していきます。

JACリクルートメントとは?

JACリクルートメント
(画像=JACリクルートメント)

グローバル企業に独自のルートを持つJACリクルートメントの特徴について、以下で解説してきます。

JACリクルートメントの特徴
  • イギリス発祥の日系人材紹介会社
  • グローバル企業に強みがある
  • 社名・ロゴに込めたコンセプト

イギリス発祥の日系人材紹介会社

日本では「JACリクルートメント」と表記されることが多いようですが、正式な社名表記は「ジェイエイシーリクルートメント株式会社=JAC Recruitment」です。

1975年にイギリス在住の日本人への就職支援を目的として起業された「JAC(Japan Agency & Consultancy)」という会社が母体となっており、その後同社はイギリス以外の国々でも人材紹介業を行う「JACグループ」として事業を拡大。現在は世界11ヶ国に関連会社を有する国際的企業として発展しています。

グローバル企業に強みがある

JACリクルートメントは、1988年3月にJACグループの日本法人として設立されました。グローバル企業に強みがある転職エージェントとして、業界の中でも異彩を放っている存在といえるでしょう。

現在JACリクルートメントは、東京都千代田区神田神保町を本社として関東・中部・関西・中国地方を中心に国内9支店、アジア・欧州を中心に海外11ヶ国に拠点を有しています。2021年5月現在、子会社を含む従業員数は1,350名、資本金6億7,226万円という規模です。

社名・ロゴに込めたコンセプト

社名の「JAC」は「Japan(日本)」「Agency(代理人)」「Consultancy(相談相手)」という3つの単語のアルファベット頭文字で構成されています。文字通り、異国における日本人の手助けをするという想いが込められているようです。

そしてJACリクルートメントの企業ロゴマークには、ジグソーパズルのイラストがシンボライズされています。これは、企業を意味する「大きなピース」と職を求める人材を意味する「小さなピース」を合わせたものです。同社の「人と企業と経済と社会をつなぎ、その成長に貢献する」コンセプトが表現されています。

JACリクルートメントを利用した人からの評判は?

実際にJACリクルートメントを利用した経験者の生の声を拾ってみると、人材紹介業としての評価がかなり高いことに気付かされます。以下にその代表例を紹介しましょう。

アイコン

「コンサルタントのスキルが高い」

JACリクルートメントの人材コンサルタントと面談した利用者からは「プロ意識の高さ」「仕事の緻密さ」「信頼度の高さ」などの感想が多いようです。

アイコン

「業界の情報が豊富」

外資系やグローバル企業の情報は個人で収集するのは困難なだけに、企業情報の豊富さ情報の正確さに驚いた利用者がかなりいます。

アイコン

「担当者の気配りに共感」

求職者は、何かと不安な気持ちを抱えているものですが、そのような不安感を払拭してくれるような「細かな気配り」「スピーディーな仕事ぶり」を評価する意見が多く見られました。

JACリクルートメントを利用しようとする転職希望者には、キャリアアップを目指す人や外資系企業を希望する語学に堪能なインテリ層が多くなっています。そのため、JACリクルートメント社自身の採用基準が高く設定されており、新入社員への教育制度も充実していることで知られています。

「スピード」「誠実」「態度」の3点を社の方針として掲げていることが、求職者と社員が接する現場に生かされているようです。

JACリクルートメントはどんな人におすすめ?

どのようなタイプの人が、JACリクルートメントの利用に向いているのでしょうか? 以下で具体的なポイントを挙げて解説してきます。

JACリクルートメントがおすすめの方

  • 海外を舞台とする仕事を希望する人
  • 優秀なスタッフのコンサルティングを希望する人
  • ハイクラス転職を望む人

海外を舞台とする仕事を希望する人

JACリクルートメントには、一般の転職エージェントとは異なり、海外に11ヵ所の拠点を有するグローバル企業だという特徴があります。そのため独自の海外コネクションを有しており、外資系海外ビジネスを行う企業への転職を目指す人に適しているでしょう。

優秀なスタッフのコンサルティングを希望する人

JACリクルートメントでは、厳しい教育プログラムをクリアした優秀なスタッフが親身にコンサルティングする体制がとられています。経験豊富なスタッフのサポートによって、適職をすばやく見つけたいと願う人のためのシステムが構築されているのです。

ハイクラス転職を望む人

30代以上で一定以上の語学力があり、前職でそれなりのスキルを身につけたという人にこそおすすめです。さらなる飛躍を目指しキャリアアップできる環境を求める人にとって、最適な環境といえるでしょう。

JACリクルートメントを利用するメリット

JACリクルートメントは外資系企業や海外取引をメインとする企業など、ハイクラス転職を目指す人に特化した人材紹介会社だけに、同業他社に比べて同社を利用するメリットはいくつもあります。その中の代表的な利用メリットを紹介すると同時に、気になるデメリットも挙げておきましょう。

JACリクルートメントのメリット

  • 非公開求人がある
  • エキスパート職に適した職が探せる
  • エグゼクティブ層の求人に強い
  • キャリアプランのサポートがある

1.非公開求人がある

JACリクルートメントの他社とは異なる特徴の1つが「非公開求人」の多さです。一般に公開されない求人情報の中には、新規事業や海外進出のためにスキルの高い人材をピンポイントで募集する企業が多い傾向があります。JACリクルートメントだけが所有できる情報を得ることができる点は、JACリクルートメントを利用する最大のメリットといえるでしょう。

2.エキスパート職に適した職が探せる

習得に数年かかる特殊な技術や資格をすでに取得している人には、JACリクルートメントが持つ多くの業種におけるエキスパート職の求人情報は役立つ可能性が高いといえます。

3.エグゼクティブ層の求人に強い

JACリクルートメントは、30代から40代で転職を目指し企業の経営幹部管理職として前職の経験を生かしたい人、なおかつ収入を落としたくないと願う人におすすめできるエージェントです。また、新たなエグゼクティブ・ポジションを得るためのサポート体制がJACリクルートメントには整っています。

4.キャリアプランのサポートがある

自分自身のキャリアプランを作成するために、知見と経験が豊富なコンサルタントが親切にサポートしてくれる点も、JACリクルートメントを利用する大きなメリットです。社会人としての「個人の棚卸し」ともいえるキャリアプランの作成は、自分ひとりでは難しいものです。コンサルタントの助けを得て、自分を見つめなおす良い機会にしましょう。

JACリクルートメントを利用するデメリット

JACリクルートメントのデメリット

  • 求人企業の数が少なめ
  • コンサルタントとの相性が合わないことも

1.求人企業の数が少なめ

同業他社に比べて、提示される求人企業の数が少なめです。これはJACリクルートメントがキャリアハイを目指すレベルの求職者をターゲットにしているからで、むしろ「数よりも質」を重要視している結果ともいえます。したがって「数多くの企業の中から選択したい」という人には向いていないといえるかもしれません。

2.コンサルタントとの相性が合わないことも

JACリクルートメントでは、求職者とコンサルタントがマンツーマンで適正な転職先企業を探していくというスタイルです。この方法は良い面が多い一方で、求職者がコンサルタントとの相性が合わないと、望みどおりに職探しが進まない場合が出てきます。つまり、お互いのコミュニケーションがうまくいかないとマッチング作業も成功しないのです。

JACリクルートメントを利用する流れ

キャリアハイを目指す転職希望者のニーズに応えるため、JACリクルートメントでは求職者とコンサルタントとの面談をより充実させることに腐心しています。面談の中身を濃くし、できるだけスピーディーに理想の転職先とのマッチングが実現するためには、前準備利用の流れを知っておくことが大切です。以下にそれらの手順を紹介しましょう。

事前に準備するもの

履歴書の他には「職務経歴書」が重要視されます。前職での経験や資格、転職理由、アピールしたいスキル、希望する職種など、一読して自分のキャリアが分かる内容にまとめましょう。面談時には、コンサルタントの言葉をメモするための筆記用具の持参が賢明です。

面談の手順

コンサルタントとの面談は次のステップで進行します。

1.自己紹介

コンサルタントに自分の人となりを知ってもらうと同時に、自分を最大限にアピールするときです。自分の性格や趣味などを簡単に伝え、自分がこれから「どこで・なにを・どのように」働きたいかなどの項目を明快に伝えましょう。

2.転職理由

前職でのキャリアを伝えると同時に、どのように転職先でスキルアップしたいのか、できるだけ具体的に伝えることを心がけましょう。自分の希望に適した転職先をコンサルタントが探すために重要なポイントとります。ここでコンサルタントからいくつかの質問を受けますが、臆さずにはっきりと応えるようにしましょう。

3.求人紹介:

いくつかの求人情報が提示されます。目に留まった企業の仕事内容や条件面など、気になる点は遠慮せずに質問してみることです。経験豊富なコンサルタントの言葉をメモしておくとよいでしょう。

以上が面談の流れです。1回目で希望の転職先がなければ、何度か面談を繰り返すことになります。自分の希望に近い転職先が見つかるまで、コンサルタントと二人三脚で根気よく探すことが大切です。

JACリクルートメントで理想的な転職を実現しよう

ハイレベルなスキルと豊富な業務経験があり、さらにステップアップした職場環境で飛躍してみたいと願う方は少なくないでしょう。しかしながら、キャリアハイを願う求職者にとって希望にマッチした転職先を自力で探し出すのは至難の業です。

JACリクルートメントは、そのようなニーズに応えられる人材紹介会社として高い評価を得ています。グローバル社会に通じたJACリクルートメントのサポートを得て、新しい人生を踏み出しましょう。