転職活動をスムーズに進めていくためには、 自分自身のビジョンに合った転職サイトを選んで利用することが大切となります。数ある転職サイトの中でも「転職ナビ」は、 正社員の案件が多いことで有名です。

この記事では転職ナビの評判やメリット・デメリット、利用の流れなどについて詳しく紹介します。転職サイトの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

転職ナビとは?

(画像=PIXTA)

転職ナビは、株式会社リブセンスが2008年に開始した次世代タイプの転職メディアです。大手であるリクルートやエン・ジャパン、マイナビなどに迫る勢いで成長を遂げて来たことで話題になりました。

求人掲載費無料を武器に発展

「求人掲載費が無料」というこれまでの転職サイトとは異なるモデルによって、競合の転職サイトにひけをとらない求人掲載に成功しました。採用が決まったら報酬を請求する、いわゆる転職エージェント的な成果報酬型のメディアです。実際に無料提供しているサービスの中で、後述する「転職ナコウド」は転職エージェントの機能を持っています。

また転職が確定したユーザーに「お祝い金」を出すシステムを打ち出すことによって、当初は認知度が低かったメディアに多くのユーザーが集まり、広く知られるようになったのです。

掲載する側の企業にとっても、自社とマッチする求職者と出会いたいニーズに、AIによる機械学習の効果と転職ナコウドのキャリアアドバイザーのマッチング作業が応えてくれます。現在では、企業の求人掲載は無料から掲載プランによっては有料のものもあります。

完全無料の転職サポートサービス「転職ナコウド」が使える

ユーザーは転職エージェント機能を持つ「転職ナコウド」を無料で活用できます。そして、転職アドバイザーによるカウンセリングによって、転職に関するどんなことでも相談できます。

ビジョンが定まってきて、気になる企業が見つかればキャリアアドバイザーが推薦してくれます。応募書類をブラッシュアップし、面接対策もサポートしてもらえ、相談日の予約は24時間受付けています。

「スカウト」機能が使える

スカウトは、ユーザーが登録した希望条件やWeb履歴書の内容をもとに、企業からのオファーが届くサービスです。

この機能を利用すると、企業側からユーザーに応募してほしいというアプローチを受けられるため、自分から仕事を探す余裕がない多忙なユーザーにもチャンスが回って来ます。このサービスはプライバシーに配慮されており匿名で利用できる上に、特定の企業から閲覧されることもブロックできます。在職中の求職活動も安心して進められるでしょう。

転職ナビを利用した人からの評判は?

転職ナビを実際に利用した人からの評判はどのようなものでしょうか。代表的な声の概要を紹介しておきましょう。

●求人の種類はたしかに豊富で、多種多様な職種から仕事を探すことができ、比較的スムーズに転職先を見つけることができてとても良かったです

●転職ナコウドのサービスである応募書類のブラッシュアップサポート、面接対策のアドバイスなどが充実しており、応募先企業についての質問にも丁寧に、良い点だけではなく悪い点も隠さず応えてくれたので迷いなく決められた

●新着求人が毎日100件単位で更新されるので、それまで出会っていなかった優良案件に突然出会える可能性があります。他の転職サービスも併用していましたが、中でも転職ナビは使いやすいと思いました

●スカウト機能によって私のスキルや希望している条件に見合う求人が企業からダイレクトに届きました。他では見ることが不可能な求人案件など、とても有益な情報が多くて転職先の幅が広がって良かったです

●案件にいくつか目星をつけた上で、転職ナコウドのキャリアアドバイザーに相談しました。選んだ案件の中で評判の良くないものなどを詳しく教えてくれて、求職者ファーストだと思いました

こうしてみると、転職ナコウドのキャリアアドバイザーの対応はおおむね高評価のようです。職種や業界へのこだわりが強いと選択肢がかぎられる場合もありますが、アドバイザーと相談しつつ理想的な転職を目指しましょう。

転職ナビはどんな人におすすめ?

転職ナビユーザーの声などをトータルで考えれば、転職ナビの利用をおすすめできるのは主に以下のような人たちです。

●多種多様な求人から選びたい人

●活動にそれほど時間を割けないため、企業からスカウトを受けてスムーズに転職したい人

●初めて転職をするため活動の仕方がわからず、アドバイザーのサポートも受けながら活動したい人

転職ナビにかぎらず転職サービスは基本的に無料であるため、できれば複数の転職サービスを併用しつつ、自分に合うサービスを中心に転職活動を進めるのが賢明です。

転職ナビを利用する流れ

転職ナビを利用するには、まず会員登録です。以下のページから登録できます。

[【会員登録 | 転職/求人情報なら転職ナビ】]https://job.j-sen.jp/member/new)

登録が済めば、求人をさまざまな条件で絞り込んで検索し、気になるものに応募するのも自由にできます。

また、スカウト機能を設定しておくことで、あなたのキャリアやスキル、希望条件に見合う企業からのオファーがもらえる可能性が生まれます。

そして転職サポートを受けたいなら転職ナコウドを以下の手順で利用しましょう。

【フェーズ1:応募先の選定】

気になる企業の長所短所や雰囲気など、判断するための企業情報掲を細かく説明してもらいながら、応募先を絞り込みます。

【フェーズ2:応募書類の作成~応募】

応募書類をキャリアアドバイザーが確認し、より効果的な内容にするためのアドバイスをもらってブラッシュアップして応募します。

【フェーズ3:面接対策~面接】

キャリアアドバイザーが企業によっての面接の傾向や聞かれそうな質問内容をリサーチした上で、面接対策をサポートしてくれます。面接の練習なども行った上で面接本番に臨みます。

【フェーズ4:内定】

内定をもらった後の給与交渉、および入社時期の交渉などのアドバイスも受けられます。

【フェーズ5:入社】

入社すると最大で2万円のお祝い金がプレゼントされます。

転職ナビを利用するメリット・デメリット

転職ナビを利用するメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

転職ナビを利用するメリット

転職ナビには主に以下のようなメリットがあります。

●スカウト機能で企業からオファーが届く

●日本全国の多種多様な求人に対応している

●キャリアアドバイザーの対応が真摯である

●転職に役立つ「JOBSHIL」のコラムが充実している

それぞれを詳しく見ていきましょう。

【スカウト機能で企業からオファーが届く】

転職ナビは、希望条件やWeb履歴書を登録しておけば、企業からのスカウトを受けることが可能です。

スカウト機能を活用すれば、それまで名前も知らなかった企業と出会えて、選択肢が広がります。

スカウトはマッチングの可能性が高いと判断した企業から届くため、実際あなたの適性に合った企業と出会える可能性が高まるからです。

スカウト機能を使うことで、仕事を自分で探さなくともチャンスがあるため、在職中で活動にあまり時間が取れない人も転職活動が行えます。

口コミでも「定期的にスカウトメールが届く」や「たくさんのスカウトメールが来る」などがたくさん見られます。

【日本全国の多種多様な求人に対応している】

転職ナビは、日本全国各地からのさまざまな職種の求人に対応しています。

エリアごとの求人数です。

北海道・東北:438 件
関東:1983件
甲信越・北陸:475 件
東海:930件
関西:916件
中国・四国:502件
九州・沖縄:557件
※2021年5月26日現在

また、対応している職種は以下のとおりです。

営業系/技術系(IT・通信)/事務・経営管理系/クリエイティブ系/企画・マーケ・経営企画系/専門職(コンサル・金融・不動産など)/飲食・フード系/販売・サービス系/技術系(電気電子・機械・半導体)/技術系(医薬・食品・素材)/建築・土木系/製造・設備・運輸系/ビューティー系/医療・福祉・保育系 その他(公務員、講師など)

このように、勤務地や職種にかぎらず、あなたの希望のエリアで望む職種での求人案件を探しやすくなっています。

【キャリアアドバイザーの対応が真摯である】

転職ナビは、転職エージェントの働きにかなり近いサービスである転職ナコウドが完全無料で受けられます。キャリアアドバイザーによる丁寧なサポートが受けられ、真摯な対応であるという好評価が多く見られます。

口コミでも「担当者は話しやすかった」「話しやすく対応がとても良かった」「登録してすぐ電話が来た」「対応が丁寧だった」などが見られます。

信頼に足るキャリアアドバイザーがいると、ユーザーにマッチした案件探しや応募するかどうかを判断するためのリアルな企業情報も得られるため、転職活動をスムーズに進められます。

また、精神的にも心強いため、独力で転職活動をすることに不安がある方は、転職ナコウドのようなサービスはかなり有益といえるでしょう。

【転職に役立つ「JOBSHIL」のコラムが充実している】

転職ナビの「JOBSHIL」というコラムは転職活動に役立つ特集が豊富に用意されています。

転職活動自体の進め方やそれぞれの業界のリアルな情報、選考を通過するためのコツなどがまとめられているコラムです。

たとえば「履歴書の効果的な書き方」「ビジネスマナー」「面接時の対策」「経営トップのインタビュー」「業界別のリアルな情報」「転職活動の進め方」などの転職にかかわる基本知識が網羅されてまとめられています。

とりわけ初めて転職活動をする場合は、現職の勤務先にいつどのようなタイミングで退職の意向を伝えれば良いのか、面接で何を質問されるのだろうかなどと心配な人もいるでしょう。

「JOBSHIL」ではそういったよくある疑問をおおむね解決できるため、読むだけで転職活動に臨むハードルが下がる読み物です。

転職ナビを利用するデメリット

転職ナビはユーザーにとって費用をかけずにさまざまなサービスを受けられるため、取り立ててデメリットはないともいえるでしょう。

強いていえば、その方の転職ビジョンによっては求人数が少ないと感じたり、求人の質にムラがあると感じたりすることでしょうか。

また、転職エージェントに近いサービスである転職ナコウドも、たとえば面接の日程調整や給与交渉などは、アドバイスはもらえても自分で行わなければならないため、その点では転職エージェントほどサポートの徹底さはありません。

転職ナビで理想的な転職を実現しよう

転職ナビの評判やメリット・デメリット、利用の流れなどについて詳しく紹介しました。おおむね良い評価を得ているサービスであるため、他のサービスと併用する分には充分な利用価値があります。

あくまで何を期待するかによって、それにふさわしい転職サービスを選び、転職ナビの強みを活かせる転職ビジョンを持つ方は積極的に利用しましょう。