「FIND JOB」は、IT・Web業界特化型の転職サイトです。20年に渡り運営されてきましたが、2020年9月にリニューアルされ、さらに企業情報がわかりやすくなったことでマッチング率が格段に上がったといわれています。

今回はFIND JOBの評判やクチコミ、注意点などを解説します。

FIND JOBとは?

(画像=PIXTA)

「FIND JOB」の運営会社は「株式会社ミクシィ」の子会社「株式会社ミクシィ・リクルートメント」です。

 
運営会社 株式会社ミクシィ・リクルートメント
対象地域 全国(主に首都圏)
20~30代の会員の割合 約80%
利用料金 無料
その他サービス スカウトメール
公式サイト https://www.find-job.net/

対象地域は全国とありますが、首都圏の求人が比較的に多くなっています。しかし地方向けの求人も用意されています。会員の約80%が20代~30代。その他サービスに記載されている「スカウトメール」は、会員登録後に企業側からのスカウトが求職者にメールで届くサービスです。スカウトメールの中には、他の転職サイトには載せていない、いわゆる非公開求人もあるため、選択肢がひろがるでしょう。

FIND JOBを利用した人からの評判は?

FIND JOBの評判はどうなのでしょうか?口コミと共に解説していきます。

・IT・WEB業界の求人に特化したサイト。その業界以外への転職は考えていなかったので、このサイトはまさにうってつけだった。ちょうど自分の興味のある分野の求人特集が組まれていたので、たくさん比較できたのも良かった。

・すごく操作性がいい。自分の希望する求人がすぐに見つけられた。特に複数県が選択できるという機能は重宝しました。

・サイト自体はとても使いやすいとは思ったが、カテゴリが職種、勤務地、雇用体系しか選択できなかったので、もっと他の条件、年収や会社の形態、雰囲気などでも絞ることができるともっといいと思う。でもこの業界に特化しているからこそできるといえるほど求人内容は豊富で相対的に満足。

・求人の質としては普通?かなと思う。求人の内容が「英語を使って大手に常駐できる」、「未経験歓迎」、「2ヶ月間のプログラミング研修がある」など自分の希望に合っているものがピンポイントで見つけることができた。ベンチャーと大手と同じくらいの求人率に思えた。

・FIND JOBの転職ガイドは重宝した。転職活動の基本的な方法から、IT業界へ転職するには、どのような人が望まれるのかという細かいところまで記載されているものが多く、とても親切だと思いました。IT業界の経験者ではあったものの、自分の知らないこともたくさん書かれていたので勉強になった。今までの経験則でやってきた知識が実は違った…ということもあり、おすすめできる内容でした。

上記のように比較的良い口コミが多い印象です。

FIND JOBはどんな人におすすめ?

エンジニアやデザイナーなどIT・WEB業界への転職を検討している人

求人がITとWEB系に限定されているため、その業界を専門に考えている人にはおすすめです。IT・WEB系に特化しているからこそ、他の求人サービスでは掘り下げられない限定的・専門的な求人を探せる可能性が高いです。

自分のペースで転職活動をしたい人

FIND JOBには専門のアドバイザーに相談することは可能ですが、転職エージェントによくある面接対策や企業とのやり取りなどのサポートはありません。自分のペースで転職をしたいという人にお勧めできます。

まずは情報収集をしたい人

FIND JOBでは求人情報の他のコンテンツも充実しています。特に企業インタビューではその企業の特徴や動向を見ることができます。転職をしたいと思っても何から始めていいのかわからない時に自分の興味のある企業や職種についても知ることができる、今まで知らなかった企業に触れることができるのはとても大きなメリットでしょう。

FIND JOBでは掲載している求人を自由に検索し、自分で転職活動を進めることができます。経験者向けの求人情報はもちろん、未経験でWEB業界への転職をしたい人向けの求人情報もあります。

FIND JOBbを利用する流れ

FIND JOBを利用するにはどのような作業が必要なのでしょうか。ひとつずつ解説していきます。

1.会員登録

FIND JOBのサイトトップページにある「新規登録」をクリックします。メールアドレスか既に登録済みのSNS(「GitHub」「Googleアカウント」「Twitter」「Facebook」)のアカウントでも登録は可能です。合わせてパスワードを設定すると、登録したメールアドレス宛に登録URLが送られるのでログインできるようになります。

2.Web履歴書の登録とスカウトサービスを利用

会員登録と一緒にWeb履歴書を登録しておくことで、気になる求人情報があった時スムーズに応募を進めることができます。また、求人掲載企業からのスカウトを受け取ることもできるため、忘れずに設定を「受け取る」にしておきましょう。

自己PRや職務経歴書は詳細に作成することをおすすめします。そうすることで、希望に合うスカウトを受け取ることもできます。提出できる作品がある方はポートフォリオも登録するとスカウトが増える可能性が高まります。

3.求人検索と応募

もしも希望する職種に求人があった場合は、応募管理画面で応募の履歴を確認することも可能です。応募の履歴やサイト内の応募管理画面で確認が可能です。面接の日程調整など、企業とのやり取りは自分でしましょう。

FIND JOBを利用するメリット・デメリット

FIND JOBの評判や詳細などを見てきましたが、メリットとデメリットがあるのも事実です。運口コミを交えて紹介していきます。

メリット

・就職支援サービスがある

前職でファインドジョブを使っていました。自分自身がいざ転職するとなったときに、真っ先に思い出した転職サービスです。 やはり登録してみると、同業の求人が豊富ですね!WEB業界以外の転職は考えていなかったので、ファインドジョブだけで十分だなと思いました。

FIND JOBには「転職支援サービス」と「専任のキャリアアドバイザー」の2種類のサービスがあります。自分専任のキャリアアドバイザーが、書類作成のお手伝いから内定後の様々な交渉まで、手の届かない部分をサポートしてくれます。

・求人保存機能

FIND JOBでは「ブックマーク」に興味のある求人を保存できます。このリストに情報を入れておくと、求人をいつでも素早くチェックする事ができます。

・様々な形態の求人がある

FIND JOBには正社員に限らず「パート・アルバイト・委託」など様々な雇用形態の応募も載っています。初心者の方はアルバイトから気軽に始めることもできます。

・非公開求人のスカウトが来る

最大の特徴は、スカウトメールを受け取る事が出来る点です。これは自分のスキルなどをFIND JOBに登録すると、自分に興味を持った企業から詳しい求人内容が知らされます。その中には自分が知らなかった企業や興味がなかった企業からもあり、驚くこともありましたが、固定観念にとらわれず、いろいろ挑戦してみる気にもなりました。とても面白いサービスです。

情報を登録しておくことで、それを見た企業からオファーやスカウトが来ます。とくにスキルや実務経験がある場合は、登録しておいて損はないでしょう。

・デメリット

・首都圏の求人が中心で、地方の求人数がは少ない傾向に

やはり埼玉県など東京から離れると、求人の数が激減するという印象は否めませんでした。都心に近くないと応募がしづらいように感じました。

FIND JOBは対応エリアを全国としていますが、ほとんどが首都圏の求人になっています。

例えば、「九州エリア」と広く検索しても11件の求人しかヒットしません。また大阪でも78件のみと非常に少なめです。

・IT・Web系以外の求人数が少ない

Web系に関しては技術職としてのコーディングなどの募集が多く、また実務経験有りを探している企業が圧倒的に多かった気がしました。私は営業としての職歴とWebデザインやプログラミングを少し勉強したことを活かし、Web業界のディレクターというクライアントとデザイナーの間に立ってスケジュール管理をしたり、情報交換をしたりする仕事を探してました。しかし、マッチする求人と出会うことが出来なかったです。

しかしWeb系の仕事を探すならとても良いサイトだと感じました。

FIND JOBに掲載されている求人はIT・Web系の企業が中心になっています。それ以外の職種を希望する方には物足りないかもしれません。

FIND JOBで理想的な転職を実現しよう

あなたがIT・Web業界に転職したいと考えているなら、このFIND JOBに登録しておいて損はないでしょう。IT・WEB業界に特化しているからこその情報量により、業界ならではの転職スキルも知ることができます。

また未経験者でも可の求人も多数揃っているため、この業界に興味はあったけどためらっていた人にもおすすめです。