「エン転職」は、人材サービスの領域では上位の規模を誇る転職サイトです。大手転職サイトにも、それぞれ長所・短所があるため、ユーザー自身との相性を確かめて利用することが大切です。

この記事では、エン転職の特徴や口コミ、メリット・デメリット、利用の流れなどを詳しく解説します。

エン転職とは?

(画像=PIXTA)

エン・ジャパンが運営する「エン転職」は、総合転職情報サイトです。ユーザーの希望する条件で求人情報を自由に検索して、気になるものがあれば簡単に応募することができます。

また、求人情報には「取材担当者のコメント」があり、エン・ジャパン社員による客観的で企業研究に役立つ情報が得られるようになっています。

また、無料会員登録をしておけば、求人企業からのアプローチを受けられるという機能もあります。さらに、面接対策レポートの転職活動を後押しするサービスを活用することが可能です。

エン転職を利用した方の口コミ

大手だけあり、エン転職を実際に利用した人の口コミを数多くネット上で見ることができます。ユーザーの主観や活動の結果も反映されることを前提として、代表的なものの概要を紹介しましょう。

●応募したい求人企業の情報を事前に入手できるため、ミスマッチが起こりにくいと感じた

●アドバイザーが真摯に向き合ってくれて、比較的速やかに転職先を決断できた。面接のアドバイスも丁寧に指導してもらったおかげで、自信を持って本番に臨めた。

●入社後1年しか経過していない社会人経験が浅い自分にも応募できる求人があった。転職できるか不安だったがサポートのおかげで成功した

●案件によってトップからのメッセージを教えてくれているので、応募にあたりモチベーションが上がった

このようにおおむね好評価が多くなっています。一部では「応募したらもう終わっていた」などのシステム上での行き違いを指摘する声もありました。

とはいえ無料でさまざまなサービスが利用できるので、転職活動にあたっての有力な選択肢になるでしょう。

エン転職はどんな人におすすめ?

エン転職は使いやすいシステムであるため、第二新卒や転職活動が初めての人に向いています。また、フリーターや社会人経験が浅い人でも応募できる案件が多くおすすめです。

中小企業の求人は条件が合えば、トントン拍子に採用されることが多く、スピーディに転職したい人が利用するのも向いています。

また、求人企業社員の口コミに基づく「カイシャの評判」というコンテンツを活用すれば、応募先企業の情報をあらかじめ把握することもできるでしょう。そのため、過去に入社してから思っていたのと違うということで離職した苦い経験がある人にも良いかもしれません。

エン転職を利用する流れ

利用開始にあたっては、会員登録ページから会員登録をするだけです。あとはどのサービスも自由に使えます。

求人に応募した場合は、およそ1週間程度で先方から連絡が入るでしょう。まれに第一次選考の通過者だけに連絡を行うケースもありますが、事前にそういうことを聞いていなければなければ、必ず結果連絡をもらえます。

企業からの連絡はサイト上の「応募・メッセージ管理」機能、メール(登録アドレス宛)、電話、郵送のいずれかです。応募から1週間以上経過しても連絡が来ない場合は、何か行き違いが考えられるため、求人企業の情報の下部に記載されている連絡先に直接問合せをするとよいでしょう。

エン転職を利用するメリット・デメリット

エン転職の利用においてのメリットとデメリット、それぞれを見てきましょう。

エン転職を利用するメリット

主なメリットは以下のとおりです。

●検索機能が優れている
●面接対策レポートが役に立つ
●サイトが使いやすい
●企業の内部情報を入手できる
●女性の求人に特化した「エン転職WOMAN」がある
●就職後のフォローもしてもらえる

個別に詳しく見ていきましょう。

【検索機能が優れている】

大手転職サービスは豊富な求人数を扱っているため、検索機能がおおむね充実している傾向にあります。エン転職はその機能に使いやすさが加わって、ハイレベルの検索を実現しているのです。

検索は職種・キーワード・勤務地以外に、誰に・どこで役立つかなどから検索できます。これは、ユーザーが誰のためにどういう目的で働きたいのかを重視して検索できる独自の機能です。

また、表示されているキーワードだけでも検索できます。

詳細条件での区分は、年収・学歴、こだわり条件では会社のタイプ・仕事の特長・職場環境・上場区分などです。細かい条件で探せるため、求めている求人に出会いやすいといえるでしょう。

【面接対策レポートが役に立つ】

求人案件に関して担当者が取材を行って、エージェント並みの内部情報を持っています。それを活かして、企業ごとの「面接対策レポート」を提供しています。

これによって選考前に、その企業を想定した面接対策を知ることが可能です。過去の試験や業界特有の面接情報を知ることができるため、周到な準備を行えます。

充実した事前準備をすれば自信を持って本番に臨めるため、98%という高いユーザー満足度が記録されているのでしょう。

【サイトが使いやすい】

登録会員数約600万人の内、6~7割が20~30代前半の青年層で構成されています。若いユーザーが気軽に利用できるように、使いやすいデザインとなっています。

マイページには画面上部に使う頻度が高い機能のメニューバーがあり、その時に使いたいサービスをクリックすれば速やかに遷移します。そのように必要情報だけを手早くチェックできるため、使いやすいと言われるのでしょう。

さらに、スマホアプリもPCサイトと遜色ない充実した機能が使えます。検索機能はもちろん、各種メッセージをスマホでチェックすることもできます。アラート機能によって、興味がある求人・メッセージが来た際は通知を受け取ることが可能です。

【企業の内部情報を入手できる】

最大のメリットと考えられるのは「カイシャの評判」で企業の内部情報を入手できることです。求人企業社員の100万件以上の口コミをベースに、内部情報を掲載しています。

興味がある企業の名前を検索するだけで、職場の雰囲気・平均年収・福利厚生・仕事のやりがい・研修制度・残業時間などの情報を知ることが可能です。他社との比較機能もあるため、リアルな特徴をチェックして保存できます。

企業のレーダーチャートで総合スコアを表示し、カテゴリー別に詳細情報が掲載されており、気になればそのまま求人をチェックすることも可能です。

【女性の求人に特化した「エン転職WOMAN」がある】

女性の求人に特化した姉妹サイト「エン転職WOMAN」で女性の転職をサポートしています。

職種や勤務地から検索する方法以外に、子育てママ活躍中・土日祝日休み・産休育休ありなどの女性が気になる条件に絞って検索が可能です。

【就職後のフォローもしてもらえる】

入社はゴールではないと考えるエン転職は就職した後も、こまめにフォローしてくれます。用意されているのは「アンケート&プレゼント」「活動サポートメール」「エンカレッジ無料講座」の3サービスです。

「活動サポートメール」は職場で活躍するためのコツを入社3年後まで、こまめにメールで送付してくます。

「エンカレッジ無料講座」は、企業向けに展開する150以上の講座で培ったノウハウを活かした、就職したユーザーへの無料動画講座の配信です。「アンケート&プレゼント」は、入社1年後のアンケートに答えると高級文具やギフト券などから好きなものをプレゼントしてもらえます。

エン転職を利用するデメリット

主なデメリットは以下のとおりです。

●スカウトメールが多過ぎる
●エリアによっては求人が少ない
●他のサイトと比較して求人数が少ない
●紹介された求人と希望条件が合っていないこともある
●企業の返信が遅いこともある

【スカウトメールが多い】

実はスカウトメールが多いのは、エン転職だけの話ではありません。また、その中には非常に好条件な案件が紛れていることもあるため、一応軽く目を通して確認するのが賢明です。

しかしながら、複数の転職サービスを利用していると1日だけでも相当な数のメールが来る可能性があります。状況に応じて配信設定を変更するのもよいでしょう。

また、前述のようにスカウトを受けたからといって採用されるというものではありません。あくまで大枠の要件がマッチしているだけであるため、期待しすぎないようにしましょう。

【エリアによっては求人が少ない】

基本的に全国の案件を扱っていますが、エリアによっては求人が少ないこともあります。

大都市圏は企業数も多いため、案件が多い傾向にあるものの、地方だと必然的に少なくなるのです。地方での案件を求める方には物足りなく感じます。

そういう方はそれぞれのエリアの求人に特化したサイトもあるため、それらを利用することがおすすめです。

【他のサイトと比較して求人数が少ない】

求人数が特に多くないのは、量より質にこだわっているからです。少ないからこそ、1社ずつきめ細かく調べた内部情報を提供できます。また、大手サービスとの比較では少なめですが、業界全体で見れば多い部類に入ります。

【紹介された求人と希望条件が合わないこともある】

転職活動ではユーザーが求める条件を基に、求人を選びます。エン転職の方からも条件と合うものを提示できますが、ユーザーからの条件に合っていないこともあるでしょう。

特にメールの場合に発生しやすいようです。メールでの紹介には、企業の求める人材像とユーザーのプロフィール情報が合致した際に発送される場合もあるため、違和感がある紹介となる場合もあります。

【企業の返信が遅いこともある】

担当者にもよりますが、ユーザーが連絡しているのにもかかわらず返信が後回しになることもあります。選考結果の連絡が遅れてしまうと、次なる求人に応募できなくなり、転職が先延ばしになるおそれもあるでしょう。

もし連絡が遅いと感じたら、担当者を変更してもらう相談してみるのもよいかもしれません。

エン転職で理想的な転職を実現しよう

人材紹介サービスの領域では上位の規模を誇る転職サイト「エン転職」の特徴や口コミ、メリット・デメリット、利用の流れなどを詳しく紹介しました。

求人数においては大手の他社に劣るかもしれませんが、質を重視しており、機能やサービスが無料にもかかわらず非常に充実しています。どちらにせよ転職サービスは複数社の併用が有効であるため、エン転職も登録しておく価値があるでしょう。