「仕事を辞める」と決心した際に、実際に辞めるまで、どのような流れで進めたら良いのか、方法や注意点を知りたいと考える人も多いでしょう。

仕事を辞めるとなると、上司や同僚はもちろん、取引先や関連の会社にも影響があります。また、退職後も何らかの形で関係が続く可能性は少なくありません。そのため仕事を辞めるにしても、可能な限り円満に辞められるようにしたいところです。

仕事を辞める理由やタイミングなどは人それぞれですが、基本となる手順やポイントは共通しています。この記事では仕事を辞める際の流れについて、詳しくまとめました。

仕事を辞めるときの手順を紹介

仕事を辞める
(画像=PIXTA)

まず最初に、仕事を辞めるときの手順を簡単に確認しておきましょう。

仕事を辞める手順

  • 転職先を決める
  • 勤務先に仕事を辞めることを伝える
  • 引継ぎをする

転職先を決める

勢いで仕事を辞めてしまうと、次の仕事先が決まらず路頭に迷ってしまうリスクがあります。例えば仕事を辞めて1か月はゆっくりして、それから転職先を探そうなどと考えていると、ブランクが生まれたことで転職に不利になる可能性も出てきます。在職中に転職活動を進めておけば仕事を辞める時も安心できるでしょう。退職の3か月前には転職活動をスタートさせていると理想です。

なお、弊社が2021年5月に転職経験者2,400名を対象にした調査を実施したところ、転職で「年収が上がった」と答えた人は685人と全体の28.5%でした。今よりも給料が高い仕事を求めるのであれば、思い切って転職するのも一つの選択肢です。

転職による年収の変化
株式会社ZUU調べ
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2021年5月
有効回答数:2400
実査機関:株式会社クロス・マーケティング

\収入アップの転職にオススメ!/

転職エージェント6選

リクルートエージェント マイナビエージェント doda パソナキャリア ビズリーチ JAC recruitment
主な特徴 転職支援実績No.1 20代からの
信頼度No.1
転職者満足度No.1 年収アップ率
67.1%
国内最大級
ハイクラス
専門
ミドル・
ハイクラス
求人に特化
こんな
あなたに
おすすめ
多くの求人を
見たい方
20代・第二新卒
の方
IT業界・
エンジニア
転職を考えている方
年収アップ
したい方
年収600万円
以上の方
30代~50代
の方
公開
求人数
112,458件 26,028件 82,647件 34,520件 55,965件 非公開
非公開
求人数
166,026件 非公開 34,756件 非公開 非公開 非公開
対象
エリア
全国 首都圏
関西圏
全国 全国 全国+海外 関東・関西
中心
平均年収
アップ額
106万円 81万円 109万円 78万円 95万円 88万円
 詳細
※2021年6月1日時点の情報です
※平均年収アップ額は弊社が独自に行った転職エージェント利用経験者へのアンケート調査結果に基づきます。

勤務先に仕事を辞めることを伝える

転職先が決まったら、仕事を辞めるという意思を会社に伝えます。いきなり退職届を提出しても法的には問題ありませんが、上司など周囲を驚かせてしまうことになるので、まずは口頭で相談することをおすすめします。仕事を辞める日や引き継ぎの流れなどは、この時に決めるようにしましょう。

仕事を辞める意思を伝えると、場合によっては引き留められたり、希望の退職日より先の日程を提示されたりすることもあります。その際は、もちろん引き継ぎはしっかり行うと誠意を見せた上で、基本的には自分で決めた仕事を辞める日は、ずらさないことが得策です。

退職交渉の段階で会社の言い分に合わせて退職日を延ばした結果、結局仕事を辞めることができなくなったということもあるようです。すでに転職先が決まっていれば、転職先に迷惑をかけることにもなります。万が一引き留められても、自分で決めた退職日を先延ばしにする必要はありません。仕事を辞める日引き継ぎの流れが決まったら、改めて退職届を提出しましょう。

引継ぎをする

仕事を辞める日までのあいだに、自分の業務をしっかりと後継の方に引き継ぐようにしましょう。ルーティンワークであればマニュアル化しておくのもいいですが、可能な限り口頭で伝えるのがベストです。また引き継ぎと同時に、有給休暇が残っているなら退職日までに消化するようにしましょう。

そもそも仕事ってどうやって辞めるもの?

仕事を辞める
(画像=tamayura39/stock.adobe.com)

正式に仕事を辞めるには、どのような作業が必要になるのでしょうか。

仕事を辞めるために必要な作業

  • 退職願や退職届を用意して直属の上司へ提出する
  • 引き継ぎの準備などを進める
  • 退職するなら転職活動も同時に行おう

退職願や退職届を用意して直属の上司へ提出する

正式には、退職願や退職届を直属の上司あるいは会社が受理することで退職が確定します。退職願や退職届にも正しいフォーマットがあるので、マナーを守って提出するようにしましょう。円満に仕事を辞めるためには、後に残る印象が悪くならないようにすることも大切です。

引き継ぎの準備などを進める

仕事を辞める時には、後任の方にきちんと仕事を引き継ぐ必要があります。自分では頭の中に入っていることでも、新しく仕事を覚える人にとっては初めてのこともあるでしょう。その前提が抜けていると、いざ後任者が仕事を引き継いだ時にミスをしてしまったり「聞いておけばよかった」と後悔したりすることになります。つつがなく引き継ぎできるように準備を進めておきましょう。

退職するなら転職活動も同時に行おう

退職するだけでなく転職も考えているなら、同時に進めておくのがベストです。有給休暇の消化中に活動しようと考えている人や、退職した後は少し休んでから次の仕事を始めたい、と考えている人もいるかもしれません。しかし、都合よく次の仕事が決まらない可能性もあります。

次の仕事に就くまでの間に休むのは問題ないですが、次の仕事が始まるまでという期限があるからこそ、貴重な休みを満喫できるはずです。無期限に休んでしまったことで、次の仕事を探す意欲がなくなってしまう人もいるので注意しましょう。

\収入アップの転職にオススメ!/

転職エージェント6選

リクルートエージェント マイナビエージェント doda パソナキャリア ビズリーチ JAC recruitment
主な特徴 転職支援実績No.1 20代からの
信頼度No.1
転職者満足度No.1 年収アップ率
67.1%
国内最大級
ハイクラス
専門
ミドル・
ハイクラス
求人に特化
こんな
あなたに
おすすめ
多くの求人を
見たい方
20代・第二新卒
の方
IT業界・
エンジニア
転職を考えている方
年収アップ
したい方
年収600万円
以上の方
30代~50代
の方
公開
求人数
112,458件 26,028件 82,647件 34,520件 55,965件 非公開
非公開
求人数
166,026件 非公開 34,756件 非公開 非公開 非公開
対象
エリア
全国 首都圏
関西圏
全国 全国 全国+海外 関東・関西
中心
平均年収
アップ額
106万円 81万円 109万円 78万円 95万円 88万円
 詳細
※2021年6月1日時点の情報です
※平均年収アップ額は弊社が独自に行った転職エージェント利用経験者へのアンケート調査結果に基づきます。

退職理由の伝え方は?

仕事を辞める
(画像=shironagasukujira/stock.adobe.com)

仕事を辞めるといっても、理由なしに辞めることはできません。とはいえ、上司や会社にとっては仕事を辞めるということ自体、マイナスな印象に感じられます。上司や会社に納得してもらえるように、退職理由の伝え方にも気を遣いましょう。

「一身上の都合」以外にも使えるフレーズ

退職の理由として、一般的にあまり詳しく理由を話したくないときに使われるのが「一身上の都合」です。基本的に退職の理由を明らかにする義務はなく、「一身上の都合」は自己都合退職であることを伝えるという点でも有効なフレーズです。ただし上司や会社によっては具体的な退職理由がわからず、かえって納得がいかないという人もいるでしょう。

そんな人に対しては「自分のやりたいことができる会社が見つかった」「スキルアップのため勉学に励みたい」といった前向きな理由や、「家庭の都合で」「健康上の理由で」といった生活の変化を理由にしたフレーズをつかうのがおすすめです。本音は会社への不満などネガティブな内容であったとしても、それは伝えないほうが円満に退職できる可能性が高くなるでしょう。

退職願や退職届のテンプレートを活用する

退職願や退職届の文言をそのまま活用すると、シンプルで伝わりやすくなります。その場合、理由は「一身上の都合」となるでしょう。ちなみに退職願いの文面は「退職いたしたくお願い申し上げます」とお願いするのに対し、退職届は「退職いたします」と宣言する文面です。テンプレート通りとはいえ、最初に口頭で伝えるときは「お願い申し上げます」を使うのがベストです。

角を立てずに退職するためにもこまめにあいさつ回りを

自社の社員はもちろん、他社の担当者にもこまめに挨拶まわりをすることは大切です。仕事によっては、退職するならば他社とのつながりを引き継いでいく必要もあるでしょう。

もしそれをしないと、会社同士のつながりがなくなって業務に支障が出るからです。相手からしても、これまでの繋ぎ役だった人に何の挨拶もなしに辞められてしまったら、失礼な会社だなという印象を持ってしまうでしょう。角を立てずに退職するためには、こまめなあいさつ回りが必要です。

\収入アップの転職にオススメ!/

転職エージェント6選

リクルートエージェント マイナビエージェント doda パソナキャリア ビズリーチ JAC recruitment
主な特徴 転職支援実績No.1 20代からの
信頼度No.1
転職者満足度No.1 年収アップ率
67.1%
国内最大級
ハイクラス
専門
ミドル・
ハイクラス
求人に特化
こんな
あなたに
おすすめ
多くの求人を
見たい方
20代・第二新卒
の方
IT業界・
エンジニア
転職を考えている方
年収アップ
したい方
年収600万円
以上の方
30代~50代
の方
公開
求人数
112,458件 26,028件 82,647件 34,520件 55,965件 非公開
非公開
求人数
166,026件 非公開 34,756件 非公開 非公開 非公開
対象
エリア
全国 首都圏
関西圏
全国 全国 全国+海外 関東・関西
中心
平均年収
アップ額
106万円 81万円 109万円 78万円 95万円 88万円
 詳細
※2021年6月1日時点の情報です
※平均年収アップ額は弊社が独自に行った転職エージェント利用経験者へのアンケート調査結果に基づきます。

退職に最適なタイミングはいつ?

退職を告げるタイミングですが、一般的には退職の1~2か月前に伝えるのがマナーとされていますが、就業規則に記載がある場合がほとんどです。あるいは雇用契約書に記載があるはずなので、基本的には就業規則に則るのがベストでしょう。

たとえ社員が1人抜けて入れ替わったとしても、問題なく業務をこなしていくのが会社の役割ですが、社員が退職する場合は会社側にも準備が必要です。

また、業務の繁忙期人事異動のタイミングで退職することは出来る限り避けましょう。会社全体が忙しいと引き継ぎもおろそかになってしまう可能性があり、上司や同僚に迷惑をかけることになります。退職する自分も仕事を引き継ぐ側も気持ちよく終われるように、退職のタイミングはよく考えて上司とも相談して決めるようにしましょう。

退職を考えたときに振り返るべきポイント

退職することが頭をよぎったとき、勢いで退職を伝えてしまう前に振り返るべきポイントを2つにまとめました。

勤務期間で自分が得たスキルや経験を棚卸しておく

自分が今の会社で得られたスキルや経験は何があるか、見直してみましょう。がむしゃらに仕事しているうちは気づかなくても、知らないうちにできるようになっていることが増えているはずです。その中には新しいフィールドで活躍するのに役立つ能力もあるかもしれませんし、あるいはその会社でまだまだ極められるものもあるかもしれません。

自分の今後のキャリアプランを考えるうえでも、自分に何ができるのか、勤務期間中で得たことは何かを確認してみましょう。

本当に退職しなければならない理由か検討する

退職理由の多くは、職場に対する不満だといわれています。一時の感情で退職を決めてしまうかもしれませんが、よくよくその理由を掘り下げてみると、実は退職以外で解決できたかもしれない、ということも少なくありません。

たとえば人間関係が原因で退職を考えたのだとしたら、部署を異動したり、上司に相談してうまく間に入ってもらったりすることで改善が望めるかもしれません。仕事にやりがいが感じられないなら、なぜそう思うのか、どんな環境ならやりがいを感じられるのか考えてみると、会社の中でもできることが見つかるかもしれません。

給料が安いと感じている場合は、会社四季報などで客観的な数字を知り、自分のスキルとを見比べて、本当に自分のスキルに合っている給料なのかどうかを調べてみるのもいいでしょう。会社に将来性が感じられないというのであれば、どんな会社であれば将来性が感じられるのか、そのような環境であれば自分に何ができるのか、人に説明できるくらいまで考えてみてください。

そうした理由を突き詰めて考えてみたときに、それでも退職でしか解決できないと思ったら、仕事を辞める決意をすればいいのです。

退職は次のステージへのスタートライン

仕事を辞める時の方法や注意点についてまとめました。

仕事を辞めるということは会社にとってはマイナスとなるかもしれませんが、辞める側にとっては次のステージに進むスタートラインです。次の仕事を見つけることや辞める時の交渉など、円満に仕事を辞めるには気を遣うべきポイントがたくさんあるので、気を付けましょう。

退職するかどうか自分と向き合う時間を作ることで、今後のキャリアプランも明確になってくるはずです。次の新しいステージでどんな力が生かせるのか、前向きに検討してみてください。

調査概要

実査機関 株式会社クロス・マーケティング
 調査目的  転職エージェント各社の利用状況および満足度に関する調査
 調査対象  転職経験のある国内の20歳以上の男女
 調査方法  インターネットリサーチ
 調査対象者数  2400名
 調査実施期間  2021年5月
 調査対象地域  日本国内
 母集団  転職経験のある20歳~59歳の男女2400名