人間関係や労働環境の悪化により「仕事をしたくない」という考えに陥っている人もいるでしょう。仕事に関するストレスを抱えながら生活して、限界を迎えてしまっている方もいるかもしれません。しかし、そのような状態を改善する方法は存在します。

今回は「仕事をしたくない」という心理の要因とその対処法について解説していきます。

仕事をしたくない理由によって対処法は変わる

仕事をしたくない
(画像=PIXTA)

仕事をしたくないという感情を「甘え」と考える人もいるでしょう。しかし、すべての人が甘えが原因で仕事への活力を失っているわけではありません。実際は、そうした感情へ行き着くまでに、何かしらの要因・葛藤を抱えている方がほとんどです。そして、その葛藤を乗りこえるためには、自身が本当の原因を把握し、適切な対処をしていく必要があります。そのために、まずは考えられる要因を模索するところから始めてみるべきでしょう。

精神的な苦痛などメンタル面の要因

考えられる要因としては、仕事での人間関係や環境が自分にうまく適用せず、精神的に負担がかかっていることが挙げられます。職場の雰囲気に馴染めず、悩みを抱えていても誰にも相談できず、結果として仕事がはかどらなくなったり、仕事へ行きたくないと思う方は多いでしょう。

人間関係で悩んでいる方の多くは、上司や同僚、部下などとうまくコミュニケーションが取れず、自分だけ周りのグループから外れてしまっているといううケースにあてはまります。特に、相談しやすい上司や話しやすい同僚が居ない、もしくは少ない場合、仲間外れにされていると疎外感を感じてしまうかもしれません。

また人間関係は良好であるにも関わらず、仕事内容が単調すぎて仕事に対してやりがいを持てず、モチベーションを落としてしまう方もいるでしょう。これは同じ会社や部署で長年働いている方によく見られる傾向のようです。

精神的に崩れてしまう場合、日常業務では気づきにくく、気づいたら不満が蓄積してしまっている可能性があります。少しでも人間関係や職場の環境に不満がある方は、仕事をしたくないという心理がメンタル面の要因かもしれないと疑ってみてください。

ケガや疲労など身体面の要因

次に考えられる要因として、事故によるケガや働き過ぎによる疲労など、身体的な要因を抱えている可能性が考えられます。仕事量が多い方は残業も多くなり、生活リズムが乱れることで身体を十分に休めることが出来ず、結果として精神的にも追い詰められてしまうことも心配されます。

活動限界量は人によって異なりますが、長時間の労働は多くの人にとって厳しいものです。長時間残業で仕事の生産性や効率が下がることで自信を失ってしまい、結果的に仕事への意欲を低下させてしまう方も少なくないようです。

精神面の要因と同様に、身体的ストレスも自分ではなかなか気づくことが出来ません。大丈夫だと思っていても、知らぬ間に疲労は蓄積されます。長時間労働している傾向にある場合、仕事をしたくない原因は身体的な疲労かもしれません。

社内での相談や解決が難しい場合には、転職をして環境を変えるのも一つの手段です。

\転職はプロに相談/

リクルートエージェント doda パソナキャリア ビズリーチ キャリアカーバー マイナビAGENT type転職エージェント
 主な特徴  転職支援実績
No.1
 転職者満足度
No.1
 年収アップ率
67.1%
 国内最大級
ハイクラス
専門
 スカウト型
ハイクラス
専門
 20代からの
信頼度No.1
 女性の転職
に強い
 こんな
あなたに
おすすめ
 多くの求人を
見たい方
 IT業界・
エンジニア
求人を探す方
 年収アップ
したい方
 年収600万円
以上の方
 現職が
忙しい方
 20代・
第二新卒の方
 女性の方
 公開
求人数
 112,458件  82,647件  34,520件  55,965件  66,575件  26,028件  8,803件
 非公開
求人数
 166,026件  34,756件  非公開  非公開  非公開  非公開  12,342件
 対象地域  全国  全国  全国  全国+海外  全国+海外 首都圏
関西圏
 一都三県
 詳細
※2021年6月1日時点の情報です

 

精神的な要因によって仕事をしたくない場合

仕事をしたくない要因を自己分析した後は、自身に合った正しい対処法を実践してみることをおすすめします。

精神的な疲労が溜まるとモヤモヤした気持ちになってしまい、対処をしない限り悩みが解決することは少ないでしょう。ただし、いざ対処しようとしても、どのようにすれば良いか自身で判別するのは難しいかもしれません。そのため、ここでは一般的に効果があるとされる対処法について紹介していきます。

仕事をしたくない時の対処法

  • 十分に休息をとって「しなければならない」を1つずつ外してみる
  • 仕事での「したい」を一つずつかなえてみる
  • プライベートでも「したい」を一つずつかなえてみる
  • 「ここじゃできない」場合は転職に踏み切ろう

1.十分に休息をとって「しなければならない」を1つずつ外してみる

まずは十分に休息をとって「しなければならない」ことを少しずつ整理していきましょう。「仕事をしたくない」という感情は、自身が耐えきれない程のストレスを抱えてしまっていることへのSOSだという可能性があります。その状態で仕事を続け、更に体調を悪化させてしまったり、うつ病などの精神障害に陥ってしまうケースも珍しくありません。

そのような状態で仕事を続けても「失敗が増えてしまう」「職場でトラブルを起こしてしまう」など、会社に迷惑をかけてしまうでしょう。休暇を取ることに抵抗がある方もいるかもしれませんが、あまり無理をせずしっかり身体を休めて精神を安定させることも重要です。

また1日や半日でも休むことで、自分を見つめ直す良い機会になるでしょう。可能であれば、長期休暇を取るのもよいかもしれません。仕事から少し距離を置くことで、今までと同じ仕事でも、新たな視点から取り組めるようになります。疲れ切った精神をリセットするためにも、十分な休息を取ることが最優先です。

2.仕事での「したい」を一つずつかなえてみる

仕事でモチベーションを保てない場合、特に目標が無いまま漠然と与えられた仕事をこなしていることがあります。目標を持てないまま仕事を続けていると、何のために働いているのか分からくなるかもしれません。

そこで仕事に関することで、自分が「したい」と思っていることを一つずつ叶えてみてはいかかでしょうか。例えば「今の部署で30歳までに管理職に就く」や、「TOIECのスコア800点を目指し、キャリアアップにつなげる」などです。人によって目指すゴールは違いますが、何か具体的な目標を掲げると、自然と仕事へのモチベーションが湧いてくるかもしれません。

また日々の業務でも「何時までに書類、メールの整理を済ませる」や、「最低でも何件以上のテレアポをする」など、短期的な目標を持つことも効果的かもしれません。つまり仕事に対して意欲的に取り組むことが重要です。

何も目標が無いままでは、どうしても仕事が単調になってしまい、仕事へのモチベーションは下がる一方。しかし、意欲的かつ挑戦的に仕事をすることで、自然と「仕事をしたくない」という感情は和らいでいくでしょう。

3.プライベートでも「したい」を一つずつかなえてみる

休暇を取った時、ただ心身を休めるのも良いですが、ふだん出来ない「したい」ことを一つずつ叶えてみてはいかがでしょうか? 特に仕事が忙しい方は、朝起きて会社に行き、仕事をして帰宅して寝るというルーティンになってしまい、趣味などに時間を割くことが少なくなっているかもしれません。一時的に仕事や職場の人間関係を忘れるためにも、自身の好きなことに時間を費やすことをおすすめします。

例えば、旅行に出かけたり、お洒落なカフェで読書したり、仲の良い友人と食事に出かけたりしてみましょう。どれだけ些細なことであってもかまいません。リフレッシュする時間を確保することで、仕事への意欲が戻ったり精神的に安定したりする効果も期待できます。

4.「ここじゃできない」場合は転職に踏み切ろう

仕事のやりがいを感じられなかったり、単調な仕事でマンネリ化してしまい「仕事をしたくない」と思っている方は、思い切って転職をするのも1つの選択肢です。家族や親戚、友人など周りの人の評価を気にして転職を断念する方もいるかもしれません。しかし、今や転職は珍しくなく、キャリアアップする上でも重要な選択です。

現状を打破するには、その環境から身を引くことも一つ。心機一転、新しい仕事に就くことで、根幹から自分のマインドをリセットできるでしょう。

最近は転職エージェントも多彩であり、自身に合ったエージェントから手厚い転職サポートを受けることも可能です。同じ職場で我慢して働き続けるのではなく、次のキャリアをスタートさせることを検討してみても良いかもしれません。

\転職はプロに相談/

リクルートエージェント doda パソナキャリア ビズリーチ キャリアカーバー マイナビAGENT type転職エージェント
 主な特徴  転職支援実績
No.1
 転職者満足度
No.1
 年収アップ率
67.1%
 国内最大級
ハイクラス
専門
 スカウト型
ハイクラス
専門
 20代からの
信頼度No.1
 女性の転職
に強い
 こんな
あなたに
おすすめ
 多くの求人を
見たい方
 IT業界・
エンジニア
求人を探す方
 年収アップ
したい方
 年収600万円
以上の方
 現職が
忙しい方
 20代・
第二新卒の方
 女性の方
 公開
求人数
 112,458件  82,647件  34,520件  55,965件  66,575件  26,028件  8,803件
 非公開
求人数
 166,026件  34,756件  非公開  非公開  非公開  非公開  12,342件
 対象地域  全国  全国  全国  全国+海外  全国+海外 首都圏
関西圏
 一都三県
 詳細
※2021年6月1日時点の情報です

 

身体的な要因によって仕事をしたくない場合

身体的な疲労やケガで仕事をしたくない場合、早急に対処することが必要です。身体的な疲労は精神的に疲労にも直結します。そのため要因が判明したら、正しい対処をいち早く行う必要があるのです。

労働時間や勤務内容を見直してみる

身体的な疲れが原因と感じたら、まずは自身の労働時間や勤務内容について見直しましょう。自分が気づいていない間に、長時間残業をしていたり、能力以上の仕事をしていたりする場合があります。

通常通り週5日で働いた場合、年間約240日は労働している計算になります。人生の中でも多くの時間を費やす労働は、私たちにとって非常に重要な時間です。自分に見合った労働時間や環境で働けていない場合、ストレスを強く感じてしまうかもしれません。

また、仕事の効率を上げるためにも、日々の勤務管理は重要です。そのことからも、労働時間や勤務内容を見直し、再調整を計るのが一つの対象方法といえるでしょう。

同僚や上司と話し合って労働環境の改善を求める

労働環境を改善したい場合、全ての方が自主的に改善できるわけではありません。自分ではどのようにするのが得策か判断するのも難しいでしょう。

しかし自分ひとりで悩む必要はありません。職場内で近い存在である上司や同僚に相談し、労働環境改善を求めることも出来るのです。人に話すことで、自分の中のモヤモヤが少し落ち着くこともあります。

また、周りの人に相談することで、自然とコミュニケーションを図ることができ、今までよりも良好な人間関係を形成出来るかもしれません。あまり話したことがない上司や同僚でも、職場の人の悩みとなれば親身に聞いてくれる可能性もあります。思い切って相談してみることをおすすめします。

「仕事をしたくない」理由に着目して対策を練ろう

「仕事をしたくない」と思う気持ちは、多くの人に起こり得る感情です。ただし、その感情に辿り着くまでの道筋は人それぞれでしょう。正しい対処法を見つけるためには、まず「仕事をしたくない」要因を明確にする必要があります。

その上で、長期休暇を取ったり上司や同僚に相談したりするなど、自分に合った対処法を実践しましょう。また仕事やプライベートで、「したい」ことを少しずつ叶えることで、意欲的になったり、気持ちをリフレッシュすることが可能です。それでも仕事へのモチベーションが上がらない方は、転職することを視野に入れてみても良いかもしれません。

また、今は「仕事をしたくない」と悩んでいない方でも、いざという時のためにいくつか対象法を知っておきましょう。その時が来たら、きっと問題解決に繋がります。