大手企業グループ・オリックス傘下のオリックス・クレジットが提供するカードローンサービスは、その安心感から多くのユーザーから支持を集めています。

この記事では、ネット上の口コミや評判をとあわせて、その特徴やメリットなどを紹介します。

オリックス・クレジットの基本情報

(画像=PIXTA)

ス クレジットとは?

最初にオリックスクレジットの会社概要や取扱サービスについて解説します。

会社概要

オリックスクレジットは1979年に設立された、個人向けの貸金サービスを展開している会社です。東京の立川市に本社があり、本社の他にも浜松町や大阪にもオフィスを構えております。

1987年にはVIPローンカードと呼ばれる、大型の融資枠を設けたサービスを開始しました。そのことで業界では、プレミアム・カードローンのパイオニアと呼ばれることもあります。

特徴

オリックスクレジットの特徴として、多様な商品を提供している点が挙げられます。用途に応じたローンを提供することで、自分に合ったローンを組みやすくなっています。また「即契(そっけい)」と呼ばれる、店舗に出向くことなく最短即日で融資可能なサービスも特徴の一つです。

これは全ての手続きがウェブ上で完了するもので、郵送物も一切なく、即日で借り入れもできるので、急に現金が必要になったときに重宝するでしょう。使い勝手のよい商品を提供している会社といえます。

オリックスクレジットは、インターネットによるサービスのみである点も特徴です。実店舗を持たないことでコストカットに成功し、その分を顧客に還元していると言われています。

取扱ローン

オリックスクレジットでは、カードローンの他にもフリーローンや目的別ローンなども提供しています。目的別については「教育」や「ブライダル、」葬祭資金やお墓の購入のための「メモリアル」、「トラベル」がラインナップされております。カードローンは融資枠の大きさが特徴の一つです。VIPローンカードやカードレスVIPは、最高800万円までの貸し出しに対応しております。それぞれ金利はローンカードが1.7~17.8%、カードレスは1.7~17.6%となっています。

一方初心者用には「VIP Y's CARD」という少額融資の商品もあります。100万円までの融資で、金利は13.2~17.6%に設定されており、はじめてキャッシングを利用する人も借り入れしやすいといえるでしょう。

オリックス銀行カードローンとは異なる

オリックスは傘下にさまざまな企業を抱えており、そのなかのひとつにオリックス銀行も含まれます。このオリックス銀行でもカードローンを提供しています。しかし両社は業種が異なりオリックス銀行は銀行業、オリックスクレジットは貸金業に該当します。

後者は貸金業法に基づくサービスをしなければならず、その中の一つに総量規制があります。総量規制とは、借入人の年収の1/3を上限として貸し出すルールです。よって最高800万円まで借り入れ可能といっても、2400万円以上の年収を有していないと、借入枠を確保できません。

オリックス・クレジットのよい評判

オリックスクレジットの良い評判としては、以下のようなものが挙げられます。

・他の消費者金融と比較して金利が低くて返済も楽だと思う。

・申し込みがネットだけで審査も早かったので、すぐに現金が必要だったからありがたかった。

・繰り上げ返済もやりやすく、電話で申し込みながらネットで手続きできた。

オリックス クレジットの悪い評判

一方で、悪い評判としては以下のようなものが見られました。

・全国のATMが利用できるのはよいけれども、有料なのでかなりのコストがかかる。

・元本がなかなか減らなかった。

・私の場合審査に時間がかかったうえに、連絡も来なくて対応が最悪だった。

・申し込みの内容が少々わかりにくかった。

オリックス・クレジットのメリット

まずはメリットについて主だったものをピックアップします。まとまった金額を借り入れたいと思っている人は、有力な選択肢になるでしょう。

金利は低めの傾向

オリックスクレジットのカードローンは、金利が低く設定されていることがメリットで、最高金利は17%台となっています。

主要な大手消費者金融の上限金利18%前後に設定されているので、他と比べて低めといえるでしょう。新規申し込みの際には上限金利が採用される可能性が高いので、少しでも利率の低いことは魅力です。

ネットバンクなら返済時手数料無料

パソコンやスマートフォンを使ったネットバンクからの返済手続きであれば、借り入れでも返済でも手数料無料になるのもメリットといえます。しかも24時間365日手続き可能で、三菱UFJ・三井住友、ゆうちょ・りそな・楽天・ジャパンネットなどのネットバンクが利用可能です。

借り入れ可能額も高い

借入限度額が最大800万円というのも、貸金業者のなかではかなりの高額です。主要な消費者金融を見てみると、借入可能額の上限は300~500万円のところが多くなっています。まとまった金額の借り入れを検討しているのであれば、利用を検討するだけの価値があるかもしれません。

Web契約で最短即日融資可能

オリックスクレジットでは「即契」というWeb契約を用意しています。こちらを利用すれば、最短申し込んだ当日に借り入れも可能なので、今すぐにお金が必要な人は重宝するでしょう。ただし平日14時半までに 契約手続きが完了していなければならないので、注意が必要です。

Pontaポイントが貯まる

Pontaポイントがたまるのもメリットの一つです。借入残高に応じてポイントが付与され、利用頻度などによって変わってきますが、年間最大2万Pontaポイントの貯まる可能性もあります。Pontaポイントはローソンやauをはじめ、多様な店舗で利用できるので、買い物がお得になるでしょう。

オリックス クレジットのデメリット

オリックスクレジットはメリットのある半面、デメリットもさまざまなものがあります。利用者の口コミを基に、主要なデメリットについて解説をします。

対応がよくない場合がある

口コミでしばしば「対応が悪かった」という意見がみられました。これは特に延滞した場合や他社に借り入れのある場合に顕著のようです。契約中に他社で借り入れをしたところ、一括返済するように求められたという話もあります。

無利息サービスがない

大手消費者金融を中心として、無利息キャンペーンを実施しているところが多いです。初回30日間無利息というものが多いですが、こちらのキャッシングサービスではこのような無利息期間が設定されていないのはデメリットといえるでしょう。

もし30日以内に給料が入るなど返済のめどが立っているのであれば、無利息サービスのあるカードローンのほうが、余計な利息を支払わずに済むでしょう。

店舗や無人契約機がない

オリックスクレジットは基本的にウェブを介したサービスになり、店舗や無人契約機がありません。これも人によってはデメリットに感じるでしょう。たとえば店でスタッフに確認しながら申し込みたいという人は、不便に感じるかもしれません。

また即日融資を受けるためには銀行振り込みを利用することになります。平日14時半までに手続きが完了していないと、その日のうちにお金を借りられない点にも留意しなければなりません。

ATMは有料

手続きをする際、日本全国にある提携ATMを利用できます。ただし一部ATMを除き、利用する際に 手数料が発生するのがデメリットです。こまめに何度も手続きをするとそのたびに手数料がかかってしまいます。そこでまとまった金額を返済するなど、できるだけ利用する頻度を少なくして、無駄なコストを圧縮するのがおすすめです。

ただし三井住友銀行ATMなら借り入れのみ無料で利用できます。

完済までに時間がかかることも

オリックスクレジットでは「新残高スライドリボルビング返済」を採用しています。新しく借り入れた金額に応じて月々の最低返済額が決まり、また新たに借り入れするまでは返済額は変わりません。50万円未満の残高であれば月々1万円の返済でも問題ないとされています。

しかし返済額が少なければ、なかなか完済できない可能性が高まります。完済するまで利息は発生し続けるので、繰り上げ返済を駆使して金銭的に余裕があれば、次々にお金を返していって返済期間を短縮するのが好ましいでしょう。

小口融資に未対応

融資枠は上限だけでなく、下限も高めに設定されています。ローンカードビジネスは50万円・カードレスは30万円、その他は20万円からの貸し出しになります。つまり小口融資には対応していないので、ちょっとしたお金を借りたいという人には向いていないかもしれません。

オリックス クレジットでの融資申し込みの流れ

オリックスクレジットに融資申し込みをするのであれば、Webと郵送の2種類のうちのいずれかから選択することになります。いずれも申し込みはホームページの申し込みフォームからになり、「即契」を利用するのであれば、更に本人確認書類と収入証明書をアップロードして提出します。受理されると速やかに審査が行われ、結果はメールもしくは電話にて連絡されます。

ここでウェブ上に契約内容が表示されるので、内容に納得できれば同意ボタンをクリックしましょう。先方での事務手続きが完了次第、利用が可能になります。この方法であれば、カードがなくても即日で振り込みによる借り入れが可能です。

郵送の場合、審査通過すると契約書類が郵送されます。契約書類の内容を確認し必要事項を記入し、捺印の上で、書類の中で案内されている必要書類を添付して返送します。申込内容の確認書類がウェブ上か、もしくは郵送にて送られてくるので確認します。確認が取れ次第、サービス利用開始になります。

郵送の場合何度か書類のやり取りをする必要があるので、利用できるまでに時間がかかります。できるだけ早く借り入れを希望するのであれば、Weを利用したほうがよいでしょう。

まとまった金額の借り入れ予定のある人におすすめ

オリックスクレジットは最高800万円までの融資に対応しています。よってまとまったお金を借り入れる可能性のある人は、利用を検討するとよいでしょう。

またフリーローンの他にも目的別ローンも、さまざまなものがラインナップされています。もし用途にマッチする商品があれば、こちらの借り入れを検討してみるとよいでしょう。