みずほ銀行カードローンに借り換えるメリットとは?注意点も紹介

カードローンの利用を続けていると、会社ごとに金利やサービス内容の違いがあることが分かります。そうした中で、より良い条件で現金を借り入れたり、返済を行ったりするために、みずほ銀行カードローンへの借り換えを検討する人もいるでしょう。

この記事では、みずほ銀行カードローンへ借り換えを行う方法やメリット、注意点などについて詳しく解説していきます。他のカードローンも気になる方はおすすめのカードローンをチェックしてみてください。

  1. みずほ銀行で借り換えを行う方法とは?
    1. 多目的ローンで借り換えをする
    2. カードローンで借り換えをする
  2. みずほ銀行でカードローンの借り換えをするメリット
    1. 利用限度額の範囲内で複数借り入れが可能
    2. 多目的ローンよりも審査や手続きが簡単に進む
    3. ほかの銀行よりも金利が低くなりやすい
    4. 800万円を限度として借り換え可能
  3. みずほ銀行でカードローンの借り換えをするデメリットとは?
    1. 金利が高くなる場合がある
    2. 限度額によっては必要な現金が借り入れできない場合も
  4. みずほ銀行で多目的ローンに借り換えるメリットとは?
    1. カードローンよりも金利を抑えやすい
    2. 他社で借り入れがあっても審査を受けられる
  5. みずほ銀行で多目的ローンに借り換えるデメリットとは?
    1. 住宅ローンを利用している人でなければ借り換えできない
    2. 手続きの手間がカードローンよりも多い
  6. みずほ銀行でカードローンの借り換えをする際の注意点
    1. 返済額の設定に気をつける
    2. 借り入れをしている銀行によっては金利があまり変わらない場合も
    3. 過去に滞納などがあると審査に通りづらくなる
    4. 借り換え金額によっては追加融資が少なくなることも
  7. みずほ銀行でカードローンの借り換えを行う際の流れ
    1. みずほ銀行に借り換えの申し込みをする
    2. 必要書類を提出して現金を借りる
  8. みずほ銀行のカードローンの特徴を理解して借り換えしよう

みずほ銀行で借り換えを行う方法とは?

みずほ,ローン,借り換え
(画像=PIXTA)

みずほ銀行でローンの借り換えを行う方法は、「多目的ローン」と「カードローン」の2つがあります。それぞれの特徴を知り、ローンの借り換えについての知識を深め、有利な返済方法を選べるようにしておきましょう。

多目的ローンで借り換えをする

多目的ローン(住宅ローン利用者専用口)は、住宅ローンを利用している人や完済した人が選べる借り換え方法です。

ほかの金融機関の教育やリフォーム、新車のローンなど幅広い用途で利用できるため、金利を抑えて返済の負担を軽くできるのが魅力となっています。

カードローンで借り換えをする

みずほ銀行ではカードローンで借り換えをすることも可能です。ほかの金融機関のカードローンの返済が負担になっている場合、みずほ銀行のカードローンへ借り換えをすれば、返済の負担が軽減できる可能性があります。

銀行カードローン各社を選んだ理由

実査機関:クロス・マーケティング

みずほ銀行でカードローンの借り換えをするメリット

利用限度額の範囲内で複数借り入れが可能

みずほ銀行カードローンは、利用限度額の範囲内で複数回借り入れが可能です。カードローンを提供している会社によっては、利用回数に制限を設けていたり、利用するたびに手数料を請求されたりするケースもありますが、みずほ銀行なら安心してカードローンを利用できます。

多目的ローンよりも審査や手続きが簡単に進む

多目的ローンは借入額が多くなりがちなので、カードローンよりも審査や手続きが複雑になりやすい傾向があります。

カードローンであれば、審査をスムーズに進められることが多く、迅速に返済先を切り替えられる可能性があります。

ほかの銀行よりも金利が低くなりやすい

カードローン会社によっては設定されている金利の幅が狭く、借入限度額を多くしても金利が相場より高くなってしまうケースもあります。

みずほ銀行カードローンは、金利の設定幅が年2.0%~14.0%と幅広く、金利を低く設定しやすいのが特徴です。設定される金利によっては、借り換えることで返済の負担を大幅に下げ、生活を安定させながら返済を続けられるでしょう。

800万円を限度として借り換え可能

みずほ銀行カードローンでは、利用限度額が高く設定できるのも魅力です。

利用限度額を最大800万円まで設定できるため、ある程度まとまった金額を借り入れたいという人でも安心して利用できます。

最低金利が低い順ランキング

銀行カードローンおすすめランキング 銀行カードローンおすすめランキング
カードローン会社
おすすめ
ポイント
金利(年)
申込
王冠_gold1位
王冠_gold1位
金利が低め
借入限度額は最大800万円
1.5%~14.0%

申込はこちら

申込はこちら

2位
2位
借入限度額は10~800万円
(上限)金利が低め
年1.5%~14.5%

申込はこちら

申込はこちら

3位
3位
ガン保障特約付きプラン
借入限度額は最大800万円
1.7%~17.8%

申込はこちら

申込はこちら

4位
4位
一般的な銀行カードローンよりも
審査が早い可能性が高い
返済は1,000円~可能
1.8%~14.6%

申込はこちら

申込はこちら

5位
SMBCモビット,モビット
5位
楽天会員なら審査優遇あり※1
借入限度額は最大800万円
1.9%~14.5%

申込はこちら

申込はこちら

引用元: 三菱UFJ「バンクイック」三井住友銀行楽天銀行オリックス銀行みずほ銀行

※このランキングは弊社が独自に行ったカードローンのイメージ調査の結果とカードローンの公式サイトの情報、当サイトからの申込数を総合的に判断し、順位をつけています。
※1 必ずしもすべての楽天会員様が審査の優遇を受けられるとは限りません。

みずほ銀行でカードローンの借り換えをするデメリットとは?

みずほ銀行でカードローンの借り換えをすることには、メリットもあればデメリットもあります。デメリットも理解しておけば、トラブルを防ぎながらカードローンを返済できるでしょう。

金利が高くなる場合がある

すでに説明したように、みずほ銀行カードローンでは設定されている金利の幅が広くなっています。設定する利用限度額によっては金利を下げることもできますが、利用限度額の設定が低いと、金利が高くなり返済の負担が増えてしまう可能性があります。

限度額によっては必要な現金が借り入れできない場合も

みずほ銀行でカードローンの借り換えをする場合、審査結果によっては限度額が低く設定されることもあります。

設定された限度額によっては、必要な現金を新たに借り入れられなくなり、安定した生活が送れなくなるリスクがあります。

みずほ銀行で多目的ローンに借り換えるメリットとは?

住宅ローンを利用していたり、返済が終了したりする場合、カードローンの借り換えを行うよりも、多目的ローンを選んだほうが良いケースもあります。多目的ローンに借り換えるメリットを知っておくことで、賢く返済できるようになっておきましょう。

カードローンよりも金利を抑えやすい

カードローンでは金利が幅広く設定されているため、設定された金利によっては返済の負担が大きくなってしまいます。しかし、多目的ローンに借り換えると、金利を抑えやすくなるため、返済の負担を低く抑えられる可能性があります。

他社で借り入れがあっても審査を受けられる

カードローンの場合は、他社で借り入れがあると審査に通りにくくなったり、そもそも審査をしてもらえなかったりすることもあります。

多目的ローンを選べば、他社で借り入れがあっても審査を受けられるので、借り換えを行うことで返済の負担を減らすことができる可能性があります。

みずほ銀行で多目的ローンに借り換えるデメリットとは?

みずほ銀行で多目的ローンに借り換えることには、メリットもあればデメリットもあります。デメリットを理解したうえで多目的ローンへの借り換えを検討しましょう。

住宅ローンを利用している人でなければ借り換えできない

みずほ銀行多目的ローン(住宅ローン利用者専用口)は、住宅ローンを利用している人や返済が終わった人しか借り換えができません。そのため、今までの借り入れがカードローンだけであれば、多目的ローンのメリットを受けられないのです。

手続きの手間がカードローンよりも多い

多目的ローンに借り換えを行う場合、必要書類が多くなったり、審査に時間がかかったりするなど、手続きに手間がかかります。スムーズに借り換えを行いたい人には、多目的ローンへの借り換えは負担になるかもしれません。

みずほ銀行でカードローンの借り換えをする際の注意点

みずほ銀行カードローンの借り換えを検討している場合、注意点を理解しておかなければ、思わぬトラブルを引き起こしかねません。ここからは、みずほ銀行でカードローンの借り換えをする際の注意点について、詳しく説明します。

返済額の設定に気をつける

みずほ銀行でカードローンの借り換えをする場合、返済額の設定に気をつける必要があります。

設定する返済額によっては、金利が増えたり返済期間が長期化したりすることもあります。生活を安定させながら返済を終えるためにも、現実的な返済額を設定しましょう。

借り入れをしている銀行によっては金利があまり変わらない場合も

借り換えの審査の結果によっては、現在借り入れをしている銀行と金利が変わらない場合もあります。

せっかく借り換え手続きを行ったにもかかわらず、適用される金利が変わらなければ、支払いの負担を減らすことができません。

専門家のコメント

過去に滞納などがあると審査に通りづらくなる

借り換えの審査を申し込む場合、過去に滞納や不払いといった履歴があると、審査に通りづらくなります。

審査に通らなければ、みずほ銀行カードローンを利用できなくなり、支払いの負担を抑えて生活を続けるのが難しくなってしまいます。スムーズな借り換えを行うためにも、日頃からカード会社とのトラブルを避けておくことが大切です。

借り換え金額によっては追加融資が少なくなることも

みずほ銀行カードローンでも、利用限度額が決まっているため、借り換えを行う金額や設定される利用限度額によっては、追加融資が限られることもあります。

追加融資が可能な金額が限定されていると、必要な金額を借り入れられなくなってしまい、生活が不安定になるリスクがあります。

みずほ銀行でカードローンの借り換えを行う際の流れ

みずほ銀行カードローンへ借り換えをしようと考えている場合の手続きを解説します。借り換え手続きに時間をかけたくないという人は、借り換えの流れをしっかり理解しておきましょう。

みずほ銀行に借り換えの申し込みをする

まずは、みずほ銀行に借り換えの申し込みをします。申し込みは直接店舗に足を運んでもよいですが、インターネットで申請する方法が便利です。

みずほ銀行の口座を持っていればスムーズに手続きが進みますが、口座を持っていない場合は、手続きに時間がかかることがあります。借り換えを考えている場合は、あらかじめみずほ銀行の口座を作っておくとよいでしょう。

必要書類を提出して現金を借りる

カードローンの借り換えの申し込みが完了したら、必要書類をみずほ銀行に送付します。本人確認書類をはじめ、収入や納税を証明する書類、他社での借り入れ状況が分かる書類などを送付します。他社での借り入れ状況によっては、書類の追加を求められる場合があります。

どのような書類が必要かをしっかり確認しておき、不備のないよう準備を進めていきましょう。審査に通ると現金を借り入れできるようになるので、他社の借り入れを返済しましょう。

みずほ銀行のカードローンの特徴を理解して借り換えしよう

この記事では、みずほ銀行カードローンで借り換えを行う方法や、メリット、デメリットなどについて説明しました。

銀行ごとに借り換えに対して設定している条件や必要書類が異なります。他社での借り入れ状況によって審査の進め方や結果が大きく変わってくるので、心配な場合は事前にみずほ銀行に相談しておくのがおすすめです。

今回説明した内容を参考に、カードローンの借り換えによって返済の負担を減らして、安定した生活を維持できるようにしましょう。

調査概要

当ページは、株式会社ZUUによるカードローン利用者のユーザー満足度アンケート調査を元に、客観的なデータを算出しております。

 実査機関  株式会社クロス・マーケティング
 調査目的  カードローンのご利用経験がある方への利用状況に関する調査
 調査対象  カードローンのご利用経験がある方
 調査方法  インターネットリサーチ
 調査対象者数  1000名(男:500 女:500)
 調査実施期間  2022年6月
 調査対象地域  日本国内
 母集団  カードローンのご利用経験がある、20歳~69歳の男女500名

みずほ銀行

社名 株式会社みずほ銀行
社名(英文名) Mizuho Bank, Ltd.
本社所在地 東京都千代田区大手町一丁目5番5号
電話番号 0120-3242-86
URL http://www.mizuhobank.co.jp/
設立 2013年
資本金 1,404,000,000千円
主要株主 株式会社みずほフィナンシャルグループ(100%)
事業内容 銀行業
登録番号 関東財務局長(登金)第6号
加盟団体 -
個人信用情報機関 全国銀行個人信用情報センター
株式会社日本信用情報機構
株式会社シー・アイ・シー
お問い合わせ先 カードローン専用ダイヤル
0120-324-555(携帯電話からもご利用いただけます)

記事の監修者及びコメントいただいた専門家

監修者・金子賢司

ファイナンシャルプランナー

立教大学法学部卒業後、東証一部上場企業に入社。その後、保険業界に転身し、ファイナンシャルプランナー(FP)として活動を開始。FPの最上級資格CFP資格を取得し、個人・法人のお金に関する相談を受けながら、北海道のテレビ番組のコメンテーターなどとしても活動している。

■保有資格:CFP資格
住宅ローンアドバイザー
損保マスタ

HP:ファイナンシャルプランナー(FP) 金子賢司
Twitter:@NICE4611


金子賢司の関連記事一覧