みずほ銀行カードローンの返済方法は?スムーズに返済するポイントも紹介

みずほ銀行カードローンの利用を検討している人や、すでに現金を借りていて、これから返済を始めようとする人は、返済方法の具体的な流れや注意点を知っておく必要があります。

スムーズに返済を行い、安定した生活を続けていくためにも、今回はみずほ銀行カードローンの返済方法について、知っておくべき知識を紹介します。他のカードローンも気になる方はおすすめのカードローンをチェックしてみてください。

  1. みずほ銀行カードローンの返済方法とは?
    1. 毎月決まった日に引き落とし用口座から返済する
    2. 返済額が引き落とし用口座に入っているか確認しておく
  2. みずほ銀行カードローンを任意返済する方法とは?
    1. ATMを利用して返済する
    2. インターネットを利用して返済する
  3. みずほ銀行カードローンを返済する際の注意点とは?
    1. 月々の返済額を確認しておく
    2. 残高スライド方式を理解しておく
  4. みずほ銀行カードローンをスムーズに返済するためのポイントとは?
    1. 返済計画を立ててからローンを利用する
    2. ローン返済シミュレーションで返済方法をイメージしておく
  5. みずほ銀行のカードローンが計画的に返済しやすい理由とは?
    1. ローンの種類に合わせて個別に返済額をシミュレーションができる
    2. ローンの切り換えや繰り上げ返済のシミュレーションも簡単にできる
  6. みずほ銀行カードローンを利用中の人が使えるうれしい特典とは?
    1. 利用限度額に応じて金利が下がる場合もある
    2. 住宅ローンと併用すればさらに金利を下げられる
  7. みずほ銀行カードローンを一括返済する際に知っておくべきポイントとは?
    1. 店頭で手続きを行う必要がある
    2. 必要書類を準備しておく
  8. みずほ銀行カードローンの返済が遅れた場合の対処方法とは?
    1. 夜までに返済用口座に入金する
    2. 引き落としが完了するまではカードローンが使えなくなる
  9. みずほ銀行カードローンを解約したいときの対処方法とは?
    1. 店頭で解約する場合
    2. 自宅から解約する場合
  10. みずほ銀行カードローンの特徴を知ったうえで借り入れしよう

みずほ銀行カードローンの返済方法とは?

みずほ銀行カードローンで現金を借り入れる場合、返済方法を知っておかなければ計画的に返済ができないだけでなく、延滞や不払いにつながりかねません。

まずは、みずほ銀行のカードローンはどのような返済方法があるのかを知っておきましょう。

毎月決まった日に引き落とし用口座から返済する

みずほ銀行カードローンを返済する方法は、毎月決まった日に引き落とし用口座から返済するのが一般的です。

前月10日の時点での利用残高に応じて、所定の金額を毎月10日に支払っていきます。

返済額が引き落とし用口座に入っているか確認しておく

毎月所定の口座から返済額が引き落とされるようになっている場合、返済額が引き落とし用口座に入っているかを確認しておくことが大切です。

引き落としされるのは返済当日の夜間なので、時間に余裕を持ってお金を準備できるでしょう。残高が不足していると、引き落としができず延滞になってしまうので、注意が必要です。

みずほ銀行カードローンを任意返済する方法とは?

みずほ銀行カードローンでは、口座から返済額を支払う方法以外に、任意返済という方法で返済する手段もあります。返済方法ごとの特徴を知っておくことで、自分に合った返済方法を選べるようになるでしょう。

ATMを利用して返済する

任意返済では、ATMを利用して返済額を支払います。口座振替とは違って随時支払うことになるため、引き落とし日を気にしなくて良いというメリットがあります。

一方、返済計画をしっかり立てておかなければ、支払期間が長くなったり総支払額が増えてしまったりする危険性があります。あらかじめ返済計画を立てたうえで、任意返済を選ぶようにしましょう。

インターネットを利用して返済する

インターネットを利用して返済する「みずほダイレクト」を利用すれば、パソコンやスマートフォンから返済できます。

24時間返済できることや、ATMまで足を運ぶ必要がないことから、返済の手間を大幅に削減できるのがメリットです。

最低金利が低い順ランキング

銀行カードローンおすすめランキング 銀行カードローンおすすめランキング
カードローン会社
おすすめ
ポイント
金利(年)
申込
王冠_gold1位
王冠_gold1位
金利が低め
借入限度額は最大800万円
1.5%~14.0%

申込はこちら

申込はこちら

2位
2位
年収が安定した方であれば安心のサポート
納得の金利の三井住友銀行カードローン
年1.5%~14.5%

申込はこちら

申込はこちら

3位
3位
ガン保障特約付きプラン
借入限度額は最大800万円
1.7%~17.8%

申込はこちら

申込はこちら

4位
4位
一般的な銀行カードローンよりも
審査が早い可能性が高い
返済は1,000円~可能
1.8%~14.6%

申込はこちら

申込はこちら

5位
SMBCモビット,モビット
5位
楽天会員なら審査優遇あり※1
借入限度額は最大800万円
1.9%~14.5%

申込はこちら

申込はこちら

引用元: 三菱UFJ「バンクイック」三井住友銀行楽天銀行オリックス銀行みずほ銀行

※このランキングは弊社が独自に行ったカードローンのイメージ調査の結果とカードローンの公式サイトの情報、当サイトからの申込数を総合的に判断し、順位をつけています。
※1 必ずしもすべての楽天会員様が審査の優遇を受けられるとは限りません。

みずほ銀行カードローンを返済する際の注意点とは?

みずほ銀行カードローンをスムーズに返済するためには、注意点を知っておくことが大切です。

月々の返済額を確認しておく

返済をスムーズに行うためには、月々の返済額をこまめに確認しておきましょう。

金額によっては返済額が足りなくなってしまう場合もあるので、返済額をこまめにチェックしておくことが大切です。

残高スライド方式を理解しておく

みずほ銀行カードローンでは、残高スライド方式が適用されています。

毎月の残高に応じて適用される利息が変わってくるため、月ごとに支払額が変化するという特徴があります。そのため、月々の返済額をしっかり確認しておくことが大切です。

みずほ銀行カードローンをスムーズに返済するためのポイントとは?

みずほ銀行カードローンを滞りなく返済するためには、返済のコツを知っておくことが大切です。

返済計画を立ててからローンを利用する

カードローンの返済をスムーズにするためには、カードローンを利用する前に返済計画をしっかり立てておくことが大切です。

借入金額に対してどれくらいの期間でいくらずつ支払うのかをはっきりさせたうえで、自身の支払い能力と照らし合わせておきましょう。こうすることで、確実に支払いを終えられるようになり、長期的に安定した生活を送れるようになります。

ローン返済シミュレーションで返済方法をイメージしておく

借入金額や返済期間によっては、自分で返済計画を立てるのが難しくなってしまいます。そこで、カードローンを使用する前に「ローン返済シミュレーション」の使用をおすすめします。より具体的に返済計画をイメージできるようになるでしょう。

銀行カードローン各社を選んだ理由

実査機関:クロス・マーケティング

みずほ銀行のカードローンが計画的に返済しやすい理由とは?

みずほ銀行カードローンでは、カードローンに限らず住宅ローンなど他の種類のローンも返済しやすくなっています。借り入れたお金を計画的に返済しやすくなっている理由を知っておくと、みずほ銀行でカードローンを利用するメリットが分かるようになるでしょう。

ローンの種類に合わせて個別に返済額をシミュレーションができる

みずほ銀行では、ローンの種類に合わせて個別に返済額をシミュレーションできるようになっています。

カードローンに限らずローンの種類ごとに、生活に合わせた返済シミュレーションが具体的に提示されます。どのタイプのローンを組んでも、支出のバランスを崩さずに返済を続けることができるでしょう。

ローンの切り換えや繰り上げ返済のシミュレーションも簡単にできる

ローンの返済状況によっては、ローンの切り替えや繰り上げ返済を考える人もいるでしょう。

難しい計算が必要な返済方法でも、みずほ銀行ならしっかりとシミュレーションできるので、安心して返済を続けられます。

みずほ銀行カードローンを利用中の人が使えるうれしい特典とは?

みずほ銀行カードローンを利用すると、現金を借り入れられるだけでなく、特典も利用できます。

利用限度額に応じて金利が下がる場合もある

みずほ銀行カードローンでは、利用限度額が増えると金利が下がります。返済を確実に行い、利用額の増枠を申請してみましょう。その時の年収や勤続年数などによりますが増枠が成功して利用限度額が増えれば、金利を下げることができます。

利用可能限度額が800万円の場合、金利が年2.0%になり、返済の負担をより少なくできるのです。

住宅ローンと併用すればさらに金利を下げられる

カードローンのみを利用している場合、最も安い金利は年2.0%ですが、住宅ローンと併用すると、さらに0.5%金利を低くできるため、年1.5%でカードローンが利用できます。

ほかの利用限度額においても、通常より0.5%金利を低くできるので、お得にカードローンを利用できるでしょう。

みずほ銀行カードローンを一括返済する際に知っておくべきポイントとは?

みずほ銀行カードローンを一括返済しようと考えている場合、具体的な手続き方法と必要書類について知っておかなければ、スムーズに返済を進められなくなってしまいます。

ここからは、みずほ銀行カードローンを一括返済する際に知っておくべきポイントについて、詳しく説明します。

店頭で手続きを行う必要がある

みずほ銀行カードローンは、ATMやネットバンキングでも返済可能です。しかし、一括返済を行う場合は、利息などを含めた最終的な支払額を計算してもらう必要があるため、店頭で手続きを行う必要があります。

事前に連絡してから足を運ぶと、スムーズに手続きが進むでしょう。

必要書類を準備しておく

一括返済で支払う金額を計算するためには、借り入れの状況や過去の支払い状況が分かる書類の提示を求められる場合もあります。

ATMやネットバンキングで支払いを行った直後など、支払い状況がみずほ銀行の口座に反映されていない場合があるため、カードローンに関する書類を持参すると安心です。

みずほ銀行カードローンの返済が遅れた場合の対処方法とは?

借入金額や収入の状況によっては、返済が遅れる月もあるでしょう。みずほ銀行からの信用を低下させないためにも、支払いの延滞はできるだけ避けたいものです。しかし、万が一のことを考えて、返済が遅れた場合の対処方法を知っておきましょう。

夜までに返済用口座に入金する

返済額を引き落とす口座に残高が足りずに返済が遅れてしまった場合、返済日当日の夜までにみずほ銀行の返済用普通預金口座に入金すれば、引き落としに間に合います。

返済額を入金した日が銀行の休業日であれば、次の銀行営業日の夜に引き落とされるようになっているため、余裕を持って返済ができるでしょう。

引き落としが完了するまではカードローンが使えなくなる

利用限度額の範囲内でいつでも現金を借りれるカードローン。しかし、返済が間に合わなかった場合、みずほ銀行の返済用普通預金口座からの引き落としが完了するまで、新たな借り入れができなくなります。

そのため、新たに現金を借り入れる予定がある人は、返済が遅れないようにしましょう。

みずほ銀行カードローンを解約したいときの対処方法とは?

「カードローンを完済した」「契約したけれどカードローンを使わなかった」などの理由で、みずほ銀行カードローンの解約を考える人もいるでしょう。

カードローンを解約しようと考えている場合、解約する方法を知っておくとスムーズに手続きを進められるようになります。

店頭で解約する場合

店舗で解約する場合、カードローンのカードや返済用普通預金口座の取引印鑑、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を持参しましょう。

必要なものがそろっていなければスムーズに解約できないので、あらかじめ店舗に電話して確認しておくと安心です。

専門家のコメント

自宅から解約する場合

自宅で解約する場合、「みずほ銀行カードローン専用ダイヤル」に電話して解約手続きを進めます。

その際、返済額が残っていないことを確認するとともに、返済額が残っている場合はATMやみずほダイレクトで支払いを済ませてから連絡しましょう。

みずほ銀行カードローンの特徴を知ったうえで借り入れしよう

今回は、みずほ銀行カードローンをスムーズに返済するためのコツや注意点を説明しました。

ほかの会社のカードローンと共通点もありますが、独自の特徴もあり、サービスを提供している会社ごとの特徴を知ったうえで、適切に返済を進めることが大切です。

ここで説明した内容を参考にして、カードローンをスムーズに返済する方法を身に付け、安定した暮らしを続けられるようにしましょう。

調査概要

当ページは、株式会社ZUUによるカードローン利用者のユーザー満足度アンケート調査を元に、客観的なデータを算出しております。

 実査機関  株式会社クロス・マーケティング
 調査目的  カードローンのご利用経験がある方への利用実態に関する調査
 調査対象  カードローンのご利用経験がある方
 調査方法  インターネットリサーチ
 調査対象者数  1000名(男:500 女:500)
 調査実施期間  2022年6月
 調査対象地域  日本国内
 母集団  カードローンのご利用経験がある、20歳~69歳の男女1000名

みずほ銀行

社名 株式会社みずほ銀行
社名(英文名) Mizuho Bank, Ltd.
本社所在地 東京都千代田区大手町一丁目5番5号
電話番号 0120-3242-86
URL http://www.mizuhobank.co.jp/
設立 2013年
資本金 1,404,000,000千円
主要株主 株式会社みずほフィナンシャルグループ(100%)
事業内容 銀行業
登録番号 関東財務局長(登金)第6号
加盟団体 -
個人信用情報機関 全国銀行個人信用情報センター
株式会社日本信用情報機構
株式会社シー・アイ・シー
お問い合わせ先 カードローン専用ダイヤル
0120-324-555(携帯電話からもご利用いただけます)

記事の監修者及びコメントいただいた専門家

監修者・金子賢司

ファイナンシャルプランナー

立教大学法学部卒業後、東証一部上場企業に入社。その後、保険業界に転身し、ファイナンシャルプランナー(FP)として活動を開始。FPの最上級資格CFP資格を取得し、個人・法人のお金に関する相談を受けながら、北海道のテレビ番組のコメンテーターなどとしても活動している。

■保有資格:CFP資格
住宅ローンアドバイザー
損保マスタ

HP:ファイナンシャルプランナー(FP) 金子賢司
Twitter:@NICE4611


金子賢司の関連記事一覧