カードローン,審査,落ちた

カードローンを利用したいと思っていても、「審査に落ちてしまった」という経験はないでしょうか。この記事では、なぜ審査に落ちてしまうのかの原因や、審査基準・審査に通るための注意点を解説します。

この記事に登場する専門家
  1. カードローンの審査とは
    1. カードローンの審査基準は?
    2. 審査なしで利用できるカードローンは?
    3. 審査の甘いカードローンは?
  2. カードローンの審査に通るための基準とは
    1. 安定した年収がある
    2. 「ブラックリスト」に載っていない
    3. 現在の借り入れが少ない
    4. 住宅の居住年数と住宅ローンの有無
    5. 職業と在職年数
    6. 収入の安定度
  3. カードローン審査の手順とは
    1. 審査に必要な書類を準備する
    2. カードローンの申し込み条件を確認する
    3. 必要な情報を正確に記入・入力する
    4. 審査にかかる時間は会社によってまちまち
  4. カードローンの審査に通るための注意点
    1. 必要な情報は正直に、正確に提出する
    2. 審査の担当者に好印象を与える
  5. 借入金額はどのように決まる?
  6. 複数社のカードローンに申し込める?
    1. 大手消費者金融のカードローン
    2. 銀行カードローン
    3. ネット銀行カードローン
  7. カードローン審査のポイントを理解して申し込みを
  8. 複数社のカードローンに申し込める?
    1. プロミス
    2. アコム
    3. レイクALSA
    4. アイフル
    5. SMBCモビット
  9. 「銀行だから厳しい・大手より中小の方が甘い」という情報も間違い
  10. カードローンの審査基準はどのように設定されているか
  11. カードローンの審査難易度は比較できない理由
  12. カードローンの審査に関するQ&A

カードローンの審査とは

カードローンとは銀行やコンビニのATMから個人で借り入れができるサービスで、限度額以内ならば何度でも利用が可能です。

似たようなサービスとして、クレジットカードで現金が引き出せる「キャッシング」があります。キャッシングも気軽に借り入れができるので便利ですが、カードローンに比べて金利が高いというデメリットがあります。長期で借り入れをするのならカードローンのほうがお得と言えるでしょう。

初回30日間利息0円!

カードローンの審査基準は?

カードローンの審査にかかる時間は、各金融機関によって異なります。カードローンの申し込みでは利用者の以下の情報を金融機関が確認します。

カードローンの申し込みに必要な情報

  • 氏名
  • 連絡先
  • 住所
  • 家族構成
  • 年収
  • 勤めている会社などの情報

これまでにカードローンによる借り入れをした経験のある人は、借り入れしたときの情報も確認されます。何も問題がなければスムーズに進みますが、審査に必要な情報を誤って申請すると再度確認が行われます。余計な時間をかけないために、情報は正確に記入しましょう。

多くの場合、確認が取れると借入先の金融機関から本人に電話があります。その際に「お金が必要な理由」「希望の借入額」などを質問されるケースもあります。前もってどのような質問がされるのかを想定し、回答を準備しておきましょう。

初回30日間利息0円!

素早い融資が可能なカードローン会社一覧

消費者金融カードローンおすすめランキング 消費者金融カードローンおすすめランキング
カードローン会社
おすすめ
ポイント
融資
時間
申込
王冠_gold1位
王冠_gold1位
30日間利息無料
土日祝も申込可
実質年率17.8%
最短
30分

申込はこちら

申込はこちら

2位
2位
最大30日間利息無料
3秒で借入れ診断可能
最短
30分

申込はこちら

申込はこちら

3位
3位
5万円以内の借入なら
無利息期間は最大180日
Webで最短
25分(※3)

申込はこちら

申込はこちら

4位
4位
50万円以下なら
収入証明書原則不要(※1)
最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

5位
SMBCモビット,モビット
5位
Web完結なら勤務先への電話連絡をしないと公言している唯一のカードローン 最短
即日(※2)

申込はこちら

申込はこちら

このランキングは弊社が独自に行ったカードローンのイメージ調査の結果とカードローンの公式サイトの情報、当サイトからの申込数を総合的に判断し、順位をつけています。
→ランキングの根拠についてはこちら
※1 利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※3 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
参照元: プロミスレイクALSASMBCモビットアコムアイフル

プロミスは最高金利が17.8%と比較的低いので、少しでも安く借り入れした人におすすめです。また、アコムは3秒で簡単に借り入れ診断ができるため、すぐに借り入れできるかどうかを知りたい人におすすめです。

初回30日間利息0円!

審査なしで利用できるカードローンは?

日本では審査なしで利用できるカードローンはありません。日本には賃金業法という法律があり、会社が企業や個人に融資をする際には審査をしなければならないと定めています。

もし、審査なしでカードローンが利用できる場合には、サービスを提供している会社が法律を守っていないということになります。

審査では主に返済能力の有無を確認されることになる点を理解しておきましょう。

\40%を超える成約率!/

審査の甘いカードローンは?

賃金業法に定められた方法で審査が行われるため、「審査の甘い」カードローンは存在しません。ただし各会社によって成約率が異なるので、成約率の高いカードローンに申し込めば審査を通過する可能性もあります。

一般的に消費者金融のほうが成約率は高く、大手消費者金融のアイフルやプロミスでは40%を超える成約率となっています。急な出費によって借り入れを必要とする場合は、消費者金融のカードローンを選択肢に含めるのがよいでしょう。

\40%を超える成約率!/

カードローンの審査に通るための基準とは

次にカードローンの審査に通るための基準を具体的に見ていきましょう。

cardloan-fail-examination.png

安定した年収がある

収入が少ないと高額の借り入れは難しいかもしれませんが、毎月安定した収入があるのなら借入金額を減らすことで審査に通る場合もあります。

参考までに、カードローン利用者の年収内訳をご用意しました。

カードローン利用者,年収

実査機関:クロス・マーケティング

\Webなら最短25分で融資可能!/

「ブラックリスト」に載っていない

過去に返済が滞ってブラック扱いになってしまうと、審査に通る可能性が低くなります。ブラックリストに載っていないことを確認した上で申し込みをしましょう。

また、短期間のうちに複数の金融機関への申し込みを行うことで、審査に通らなくなってしまうこともあります。これは、「たくさんの金融機関に借入を申し込むほどお金に困っている人」、すなわち「返済能力に不安のある人」と考えられてしまうからです。こうした状態は「申し込みブラック」とも呼ばれています。

\Webなら最短25分で融資可能!/

現在の借り入れが少ない

カードローンでは総量規制が設けられており、年収の3分の1の金額を他社から借り入れている場合には審査に通りません。すでに消費者金融、信販会社、クレジットカード会社からの借り入れがある方は、どのくらいの金額を借り入れているのか確認しておきましょう。

\Webなら最短25分で融資可能!/

住宅の居住年数と住宅ローンの有無

カードローンの審査では居住年数や住宅ローンの有無も確認されます。居住年数が短いと返済遅延が起きたときに逃げられてしまうというリスクがあると金融機関が考えるため審査が厳しくなることがあります。一方で持ち家の場合、こうしたリスクが低く、審査では有利に働く可能性があります。

実家に暮らしている方についても、返済が滞った場合に同居者による返済の肩代わりを期待できるので審査に通りやすいとされています。

職業と在職年数

カードローンは職業によって審査の有利度が変わります。上場企業の社員は収入が多く、返済能力が高いと考えられるため、審査に通りやすいでしょう。公務員についても、退職する可能性が低いので審査に通りやすくなります。

また、在職年数が長ければ、カードローンを利用した後に退職するというリスクが低いと考えられるため審査では有利になる可能性があります。

\最大30日間金利0円/!

収入の安定度

カードローンでは、収入額だけではなく安定度も確認します。自営業の人の場合、収入が一時的に多くても状況によっては収入が激減する可能性もあります。それに対して、公務員や会社員は安定して収入が得やすいので、審査を有利にできるでしょう。

パートやアルバイトについても、収入は会社員よりも少ない傾向にありますが、安定した収入を証明できるならば審査に申し込むことができます。

専門家のコメント

\最大30日間金利0円/!

カードローン審査の手順とは

カードローンに申し込むときには、書類の準備や申込書の正しい記入をしましょう。ここでは、カードローン審査の手順を紹介します。

審査に必要な書類を準備する

最初に審査に必要な書類を準備しましょう。書類に不備があると、審査が長引いたり審査に落ちたりする可能性があります。カードローンの審査では本人確認書類と収入証明書を用意しましょう。具体的な書類は以下の通りです。

カードローンの審査で必要となる書類
本人確認書類にあたる書類 収入証明書に該当する書類
運転免許証
健康保険証
パスポート
在留カード
特別永住者証明書
外国人登録証明書など
源泉徴収票
給与明細書
所得証明書
市民税や県民税額決定通知書など

「年収を証明する書類」としては、法令上、以下の書類が定められています。
(1) 源泉徴収票(直近の期間に係るもの)
(2) 支払調書(直近の期間に係るもの)
(3) 給与の支払明細書(直近の2カ月分以上(地方税額の記載があれば1カ月分)のもの)
(4) 確定申告書(直近の期間に係るもの)
(5) 青色申告決算書(直近の期間に係るもの)
(6) 収支内訳書(直近の期間に係るもの)
(7) 納税通知書(直近の期間に係るもの)
(8) 納税証明書(直近の期間に係るもの)
(9) 所得証明書(直近の期間に係るもの)
(10) 年金証書
(11) 年金通知書(直近の期間に係るもの)
※上記(4)から(9)の書類については、複数年分の事業所得を用いて年収を計算する場合には、その複数年分の書類が必要となります。

引用元:貸金業法Q&A|金融庁

\最大30日間金利0円/!

カードローンの申し込み条件を確認する

各会社でカードローンの申し込み条件を定めています。一例として年齢制限、収入に関する条件、過去のカードローンの使用に関する条件などがあります。条件に1つでも満たしていない場合は、他の条件をクリアしていても審査に通らないので注意しましょう。

カードローンの申し込み条件は、申し込みをする会社のホームページに記載されているので確認しましょう。

\最大30日間金利0円/!

必要な情報を正確に記入・入力する

カードローンの申し込みでは個人情報を記載します。返済能力を有しているか、融資をする上で問題はないのかを確認するために必要な情報なので、正確に記入または入力しましょう。審査で必要な情報は、大きく分けて個人に関する情報と勤務先に関する情報です。具体的な項目は以下の通りです。

申込に必要な個人に関する情報

  • 名前
  • 性別
  • 年齢
  • 連絡先
  • 住所
  • 住居の種類と居住年数
  • 年収
  • 他社の借り入れに関する情報

申込に必要な勤務先に関する情報

  • 勤務先の会社名
  • 勤務先の住所
  • 勤務先の連絡先
  • 勤続年数

入力項目に誤りがあると、審査に時間がかかります。場合によっては虚偽の記載をしたとして審査に落ちる可能性もあるでしょう。スムーズな審査をするためにも、正確な情報を記入しましょう。

\最大30日間金利0円/!

審査にかかる時間は会社によってまちまち

審査にかかる時間は各会社で異なります。一般的に消費者金融は即日融資が可能ですが、銀行系のカードローンは独自の審査基準や貸付金額の上限を設けているので時間がかかるでしょう。また、信販系や地方銀行はクレジットカードを作る時間と同じ審査期間を設けているケースが多く、1週間かかることもあります。他のおすすめのカードローンと比較してみましょう。

消費者金融カードローンおすすめランキング 消費者金融カードローンおすすめランキング
カードローン会社
おすすめ
ポイント
融資
時間
申込
王冠_gold1位
王冠_gold1位
30日間利息無料
土日祝も申込可
実質年率17.8%
最短
30分

申込はこちら

申込はこちら

2位
2位
最大30日間利息無料
3秒で借入れ診断可能
最短
30分

申込はこちら

申込はこちら

3位
3位
5万円以内の借入なら
無利息期間は最大180日
Webで最短
25分(※3)

申込はこちら

申込はこちら

4位
4位
50万円以下なら
収入証明書原則不要(※1)
最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

5位
SMBCモビット,モビット
5位
Web完結なら勤務先への電話連絡をしないと公言している唯一のカードローン 最短
即日(※2)

申込はこちら

申込はこちら

このランキングは弊社が独自に行ったカードローンのイメージ調査の結果とカードローンの公式サイトの情報、当サイトからの申込数を総合的に判断し、順位をつけています。
→ランキングの根拠についてはこちら
※1 利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※3 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
参照元: プロミスレイクALSASMBCモビットアコムアイフル

10秒で簡易審査完了!

カードローンの審査に通るための注意点

カードローンの審査の内容は各会社で異なっていますが、審査に通るためのポイントは存在します。ここでは、カードローンの審査に通るための2つの注意点をまとめました。

必要な情報は正直に、正確に提出する

審査に通りやすくするために、あえて年収を多く見せたり他社の借り入れ状況について記載しなかったりする人もいるといわれています。

しかし、信用に関する情報は、消費者金融系の場合「日本信用情報機構JICC」や「シー・アイ・シーCIC」の2社で、銀行の場合はさらに「全国銀行信用情報センター」が管理しています。そのため、虚偽の記載をしてもすぐに見破られてしまう可能性が高いです。

信用情報の内容と申込書の記載内容に差異が生まれると、審査結果に影響を与える可能性があります。必要な情報は正確に提出しましょう。

すぐにお金が手に入る!

審査の担当者に好印象を与える

カードローンを利用する際には「審査に必要な情報についての確認」や、「不備の確認」などで審査の担当者から連絡をもらうことがあります。審査に通りやすくするためには、担当者に好印象を与えるようにしましょう

例えば、担当者から質問をされたときには丁寧な言葉遣いで対応します。また、質問の回答については正直に話しましょう。

申込書でカードローンの申し込みをする場合でも、担当者が読みやすいように丁寧に記入すした方が好印象を与えられます。

すぐにお金が手に入る!

借入金額はどのように決まる?

他のカード会社などで借り入れしている場合、その金額を含めて年収の3分の1以上の借入をすることはできません。

借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。

引用元:貸金業法Q&A|金融庁

この金額を意識せずに借入金額を設定すると、審査に落ちる原因になることもあるので注意しましょう。審査通過のためにも、年収と借入金額のバランスが問題ないかどうか、一度自分の借り入れ状況も含めて確認するとよいでしょう。

最短25分で融資完了!

複数社のカードローンに申し込める?

カード会社は個人に融資をするかどうかの判断を、信用情報をもとに調べています。信用情報の中には「カードローンをどれくらいの会社に申し込んでいるか」という内容も含まれていると考えられます。

たとえ複数社のカードローンに申し込めるとしても、件数が多いほど金銭的に余裕がないとみられ、審査に影響するおそれがあるでしょう。また、場合によっては前述した「申し込みブラック」の状態になってしまう可能性もあります。

カードローンを利用したいと考えているのなら、複数社のカードローンに申し込むのではなく、自分が希望する条件で審査に通りやすそうな1社に絞り込んで審査に申し込む方が賢明といえるでしょう。

すぐにお金が手に入る!

ここで各カードローンの特徴を簡単にご紹介します。

大手消費者金融のカードローン

大手おすすめの消費者金融ランキング消費者金融のカードローンは即日融資に対応している会社が多いので、すぐに借り入れをしたい方にはおすすめです。注意点として、当然ながら消費者金融のカードローンも総量規制の対象となっており、限度額が高かったとしても実際に借入できるのは年収の3分の1までになっています。

最短25分で融資完了!

銀行カードローン

銀行系のカードローンは、他のカードローンよりも低金利で利用できます。メガバンクの銀行系カードローンはATMが普及しているので、返済のときに手数料がかからないというメリットもあります。一方で審査には時間がかかることがあり、即日融資は難しいでしょう。

すぐにお金が手に入る!

ネット銀行カードローン

ネット銀行のカードローンも銀行系のカードローンと同じように低金利での融資を提供しています。ただし、審査は厳しく、条件に適合していないと審査に通らないので注意しましょう。

すぐにお金が手に入る!

カードローン審査のポイントを理解して申し込みを

これまで解説してきたようにカードローンは各会社によって審査の条件を設けています。スムーズな審査をするには、書類の準備と正確な記入を心掛けましょう。

審査の担当者から連絡を受けたときは、丁寧な言葉遣いで対応するとよい印象を与えられます。

これらのポイントを理解した上でカードローンの審査に申し込むようにしましょう。

すぐにお金が手に入る!

すぐにお金がほしい!即日融資可能なカードローンとは?

「カードローンを使うなら、なるべく早くお金を借りたい」と考える人もいるでしょう。とくに必要な支払いの期限が間近に迫っている場合は、その日のうちに借りたいケースもあるかもしれません。

即日融資はプロミスやアコムのような、消費者金融系カードローンで可能です。この章ではすぐにお金を借りられる場所として、おすすめの機関を5社紹介します。今すぐお金が必要ならぜひ参考にしてください。

プロミス

プロミス

プロミスは申請から借り入れまでスピーディな対応を求めている人におすすめです。審査時間が最短30分なので、急ぎの用事がある人でも借りやすいといえます。

審査時間が短いだけでなく、即日融資も認めているからです。支払期限が当日に迫っている場合でも解決できるでしょう。生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)に限ります。

ローンの種類も多岐にわかれています。女性専用のレディースキャッシングや自営業者用のカードローンなども利用可能です。

プロミスはスピード感のある対応を期待できるだけでなく、柔軟にサービスを受けられます。
プロミスのサービス概要
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査期間 最短30分
融資スピード 即日融資可能
WEB完結可否 可能
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済期間・回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
必要書類 本人確認書類および
収入証明書類
担保・保証人の
要不要
不要

引用元: プロミス

\最高金利17.8%!/

実際の申し込み方法

ステップ1

まず、公式サイトの申し込みボタンをクリックします。

申し込みボタンをクリックすると、以下のような画面が表示されます。表示に従って本人情報を入力します。

入力内容は「個人情報」「住所情報」「勤務先情報」「契約方法」です。

ステップ2

本人情報の入力をしたら入力内容を確認します。

内容が正しいことを確認したら「この内容で申し込む」をクリックし、申し込みが完了します。

\土日祝日も即日融資が嬉しい!/

プロミスのメリット

最短1時間で融資が可能

プロミスはWebからの申し込みだと最短1時間で融資が可能なのが特徴で、即日でお金が借りられます。最短15秒で事前に審査結果を知ることができて、ここで審査に通れば安心して本審査に申し込みができるため、本審査の前に融資してもらえるか心配だという人にWeb上で事前審査をすることをおすすめします。

すべての審査の申し込みをWeb上でできるのもプロミスの大きなメリットだと言えます。

\土日祝日も即日融資が嬉しい!/

Webからの申し込みは24時間365日対応

プロミスはWebからの申し込みは24時間365日対応しているので、お金が必要になったときにいつでも申し込みが可能です。初回の申し込みは審査が必要ですが、審査をパスして一度契約してしまえば必要な時にWebからの申し込みなら最短10秒で指定の口座に融資額が振り込まれ、振込手数料も無料なので急な出費にも対応できます。

\土日祝日も即日融資が嬉しい!/

50万円以内の借入なら収入証明は必要なし

プロミスは18歳以上で月々の安定した収入のある方の場合、希望融資額が50万円以下の場合は年収証明などの収入に関する証明書を提出する必要がありません。申し込みに必要なのは運転免許証か、免許証がない場合はパスポートまたは保険証と住民票などの自分が実際に住んでいることが確認できる住所を証明できる書類(発行日から6ヶ月以内)となっています。

\土日祝日も即日融資が嬉しい!/

プロミスのデメリット

消費者金融なので利子は最高で17.8%と高め

プロミスは消費者金融のカードローンなので、貸し付け利子が4.5%~17.8%と高めの利率になっています。初めての借り入れ契約の場合は30日間の無利子期間があり、給料日前に急な出費があって融資が必要な場合などすぐに返済のメドがつく場合は無利子期間に返済すれば返済額が小さくて済みますが、融資額が大きい場合や長期にわたって返済が必要な場合は利率に注意が必要です。

申し込みの時間帯によっては融資までに時間がかかることも

プロミスで「少ない質問事項で最短15秒の事前審査」を申し込める時間帯は9:00~21:00となっていて、これ以外の時間帯は利用できません。申し込み自体はWebから24時間申し込む事が可能ですが、審査が行われる時間帯もこれに準ずるため申し込みのタイミングや借り入れ額によっては審査結果がでるのが翌日にずれ込むこともあるので注意が必要です。逆にこの時間帯なら即日融資も可能だと言えます。

融資額が50万以上だと即日融資が難しい場合も

プロミスで即日融資を受けたい場合は、融資希望額を50万円以下にしておかないと厳しい場合があります。融資希望額が50万円以上になると、本人確認書類の他にも収入証明のできるものが必要になりそれだけ審査に時間もかかるからです。

また、申し込みの時間も余裕をもって21:00よりも2~3時間は早めに見ておかないと即日融資してもらえない可能性があるので注意が必要です。

初回30日間利息0円!

アコム

アコム

アコムもすぐにお金を借りられる金融機関として有名です。審査時間が最短30分で、申請と同じ日に借り入れをはじめられます。営業日の午前のように早い時間から申し込めば、余裕をもってのある形で即日融資を受けられるでしょう。

公式サイトでは3秒診断も設けています。こちらに必要事項を入力すれば、アコムでお金を借りられる可能性がわかるのです。審査に通過できないと、申し込んでからの時間が無駄になるでしょう。そうした意味でも事前に可能性を検討できるのはメリットです。

\最高金利18.0%!/

パソコンかスマートフォンがあれば、いつでも申し込めます。たとえば残高や所持金の計算ミスでお金が足りなくなったときでも対応可能です。スマートフォンでアプリをダウンロードすればすぐに申し込めます。

手軽にアクセスできるうえに、申請から借り入れまでを素早くこなせるのがアコムの特徴です。

アコムのサービス概要
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査期間 最短30分
融資スピード 最短即日可能
WEB完結可否 可能 (※在籍確認が行われる場合がございます。)
学生の利用可否 -
利用対象 20歳以上69歳以下の安定した収入と
返済能力を有する人で、
基準を満たす人
返済方式 定率リボルビング方式
遅延損害金 20.0%
返済期間・回数 最終借入日から
最長9年7ヶ月・1~100回
必要書類 本人確認書類および
収入証明書類
担保・保証人の
要不要
不要

引用元: アコム

\無利息期間30日間!/

実際の申し込み方法

ステップ1

まず、公式サイトの申し込みボタンをクリックします。

申し込みボタンをクリックすると、以下のような画面が表示されます。表示に従って本人情報を入力します。

入力内容は「個人情報」「住所情報」「家族情報」「勤務先情報」「他社借り入れ情報」「希望限度額」「暗証番号」です。

ステップ2

本人情報の入力をしたら次に同意事項を確認します。

ページ上部にある同意事項を確認し、「同意して入力内容を確認する」をクリックします。入力内容を確認し「申し込みを完了する」のボタンをクリックしたら申し込みが完了します。

アコムのメリット

初めての申し込みなら金利が30日間0円

アコムで初めて融資を申し込んで契約した人は、初めて借り入れしてから30日間は金利が0円で借り入れが可能です。給料日前などですぐに返済のメドがついていて、融資額もそれほど多額ではないという人なら30日以内に完済すれば金利がかからずに借り入れすることができます。例えば10万円の借り入れをして、30日以内に8万円返済出来たとすると金利がかかるのは残りの2万円からということになります。

\最短3秒のスピーディな審査!/

Web申し込みなら24時間申し込み可能

アコムの無人契約機「むじんくん」や店舗は全国に897ヶ所もあり、全国のどこからでも即日融資が申し込めます。

Webからの申し込みなら来店が不要で審査も最短30分で完了するので、急な出費に対応したいと言う人におすすめです。契約後はWebやアコムのATM、コンビニなどの提携ATMから24時間借り入れが可能になり、急な出費がかさむ際の強い味方になってくれます。

\最短3秒のスピーディな審査!/

クレジットカードも即日発行可能

アコムではカードローンだけでなく、カードローンの利用ができるクレジットカードの発行も即時にできます。

急な海外出張などでも利用できる国際ブランドのMastercardなので、世界のどこでも利用が可能です。クレジットカードを作っておけばネットや実店舗での支払いはクレジットカードで、現金が必要な場面ではカードローンでなど使い分けができるのも大きなメリットだと言えるでしょう。

\最短3秒のスピーディな審査!/

アコムのデメリット

長期的な返済には向いていない

アコムの貸付金利は3.0%~18.0%とプロミスの4.5%~17.8%と比べてやや高めとなっています。短期で返済できる場合は問題ないですが、長期にわたって返済が必要な場合は注意が必要となります。

ただしアコムはカードローンが使えるクレジットカードも合わせて作ることが出来るので、出費のシーンごとにクレジットカードとカードローンを使い分けることも可能です。

郵便物が届く可能性がある

アコムで借り入れを申し込むと契約書やローンカードなどの郵便物が届くことがあります。送り先の名義はアコムとわからないようにしてありますが、見られる事で借り入れが家族にバレてしまうというリスクが生じる可能性があり注意が必要です。

どうしても家族にバレたくないという場合は無人契約機でその場でカードを受け取ったりWebからの申込みでWeb明細にする事をおすすめします。

30日間無利息の期間が契約日の翌日から開始される

アコムには初めて契約した人には30日間の金利0円期間を設けていますが、これが適用されるのは契約した翌日以降で、契約日に即日借り入れしてしまうとタイミングによっては適応されない場合があるので、注意が必要です。

この問題を解消するには、融資が必要な日の前日に申し込みしておき、契約を先にしてから後日借り入れを申し込むとよいでしょう。

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSAはインターネットの有効活用により、融資を受けるまでの時間を短くできます。パソコンやスマートフォン完結の申請により、Webで最短25分で融資可能だからです。

審査結果は最短15秒になります。必要事項を記入するだけで、時間を置かずに結果がわかるのは助かるでしょう。お金を借りられるかがわからないと、その間は不安になるからです。すぐに結果がわかれば、余分なプレッシャーを受けなくてよいといえます。

\Webなら最短25分で融資可能!/

借り入れも都合に合わせて選択可能です。レイクALSAの場合は、銀行振込かATMの二択です。ネット銀行を使えば、家から出ずに申し込めます。雨が降っていたり、体調がよくなかったりするときは便利でしょう。

ネットとのつながりが強いサービス内容のおかげで、レイクALSAは手軽に使える金融機関です。

レイクALSAのサービス概要
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査期間 お申し込み後、最短15秒
融資スピード 最短即日融資可能
WEB完結可否 可能
学生の利用可否 可能
※一定の収入がある場合申込み可能
利用対象 満20歳から満70歳までの人
「国内に居住する方」「ご自分のメールアドレスをお持ちの方」「日本の永住権を取得されている方」
返済方式 ・残高スライドリボルビング方式
・元利定額リボルビング方式
遅延損害金 20.0%
返済期間・回数 最長5年・1~60回
必要書類 本人確認書類および
収入証明書類
担保・保証人の
要不要
不要

引用元:レイクALSA

実際の申し込み方法

まず、公式サイトの申し込みボタンをクリックします。

申し込みボタンをクリックすると、以下のような画面が表示されます。表示に従って本人情報を入力します。

入力内容は「個人情報」「住所情報」「勤務先情報」「契約方法」です。

レイクALSA申込1

申し込みが完了するとおよそ30分ほどで審査結果がわかります。

レイクALSA申込2

\審査結果は最短15秒!/

アイフル

アイフル

アイフルは融資時間の短さや、条件つきの利息なしというサービスなどが特徴です。融資時間は最短25分なので、急にお金が足りなくなったときでも助かるでしょう。

事前に融資できる可能性がわかる「1秒診断」もあります。年齢や年収・雇用形態を入力するだけですぐに結果がわかるしくみです。

\最短25分で融資可能!/

初回利用者に限り最長で30日間利息0円になります。利息という余分なコストがなければ、返済計画を組みやすいでしょう。アイフルでは即時振込も24時間対応しているうえに、土日や祝日でも依頼の連絡をすれば借りられます。

アイフルはスピーディかつ柔軟性のあるサービス内容が特徴です。さまざまな人のお金の事情に対応できるでしょう。

アイフルのサービス概要
金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査期間 25分
融資スピード 最短25分
WEB申込

引用元: アイフル

\初回は最長30日間利息0円!/

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットも、申請から借り入れまでの時間を短くできます。申請後にコールセンターへ申し込めば、優先的に審査を受けられるからです。

借り入れの方法は2種類あります。振込かモビットカードの利用です。振込ならカードを郵送してもらう必要がないのでおすすめです。借金を周囲に知られたくない人にとっては、プライバシーを守れるでしょう。

\最短30秒で審査可能!/

SMBCモビットは10秒で簡易審査の結果がわかります。本審査も最短30分なので、すぐにお金が必要な人でも対応できます。支払期限が迫っているお金が必要なときは、SMBCモビットに頼るのも選択肢のひとつです。

SMBCモビットのサービス概要
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査期間 最短30分(※)
融資スピード 即日融資可能
WEB完結可否 可能
学生の利用可否 -
利用対象 年齢満20歳以上69歳以下の
安定した定期収入のある人
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済期間・回数 最長60回(5年)。ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があると認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)
必要書類 本人確認書類および
収入証明書類
担保・保証人の
要不要
不要
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

引用元: SMBCモビット

\最短30秒で審査可能!/

おすすめカードローンランキング

以下、弊社独自のカードローンランキングとなります。審査に落ちた場合でも、他社なら通る場合があります。

ランキングを参考に、他のカードローンにも申し込んでみてはいかがでしょうか。他のおすすめのカードローンと比較してみましょう。

※ボタンを押してランキングを切り替えられます

「銀行だから厳しい・大手より中小の方が甘い」という情報も間違い

カードローンの審査難易度について、はっきりとした基準はこちらから申し上げられません。「銀行だから厳しい」「大手より中小の方が甘い」という考えもあるようですが、これらも間違っています。

同じ消費者金融でも学生や主婦が借りやすいところもあれば、そうでないところもあります。同じ銀行系カードローンでも、審査に通りやすいところとそうでない業者がいるのです。

職業や収入などから、申請者はどれだけ貸せば返してくれるかを金融機関が見極めます。しかしほとんどの金融機関は、ローンの審査基準について細かくは公表していません。

すぐにお金が手に入る!

ただし一般論として、支払能力が低いと審査に通りづらいでしょう。過去に借金の延滞を繰り返したり、債務整理や自己破産などの金融事故を起こしていたりしても、お金を借りづらいといえます。金融機関が借りたお金の踏み倒しを警戒するからです。

お金に責任感のない人に何人もお金を貸していると 貸し倒れのリスクが上がります。そうなると経営が成り立ちません。金融機関はどこも、借金の踏み倒し対策として審査を設けているのです。

審査に通過できるかどうかは「借りたお金を全額返せるか」に限ります。自身で支払能力をたしかめるのもよいでしょう。たとえば毎月の収入から光熱費や、食費などの生活コストを差し引いてみます。他社からの借り入れがあれば、そのぶんの月々の返済額も収入から引くことになるでしょう。

初回30日間利息0円!

計算の結果として残った手取りが、返済に回せるお金です。借金の返済計画においては、利息もセットで払うことを考慮しましょう。

ここから返済シミュレーションを使い、無理なく借りられるお金や返済期間などを検討します。カードローンの審査難易度は金融機関によってバラバラですが、日ごろからお金への責任を意識することで、審査に通りやすくなる可能性はあります。

カードローンの審査基準はどのように設定されているか

カードローンの正確な審査基準は金融機関によって異なります。詳細な内容はどこも非公開です。しかし一般的に次の3つの基準は、ほとんどの金融機関が重視しています。安定した収入、・総量規制違反の可能性、ローンやクレジットにおける利用状況の健全性です。

収入が安定していることは、借金を返せる可能性につながります。逆に年収に対して借入希望金額が多すぎると、返済を見通しづらいでしょう。

初回30日間利息0円!

正社員であれば、月々の収入が安定しやすいといえます。しかしアルバイトやパートは雇用が短期になったり、複数の仕事をかけもっている期間があったりします。以上から月によって収入がバラつくせいで、審査に通過できないこともあるでしょう。

総量規制は「年収の3分の1を超えるお金は、金融機関が貸してはいけない」という法律です。たとえば年収300万円なら、100万円を超えて以上は借りられません。他社からの借り入れが残っている段階では審査に通りづらかったり、借入限度額が低くなったりします。

過去にクレジットカードやローンの利用があった場合、健全に返せているかもたしかめましょう。期限までに必要な支払いができていなかったら要注意です。

何度も繰り返してカードの利用を停められたり、借金の延滞を繰り返したりすると金融事故になります。これがある状態では金融機関から踏み倒しを警戒されて、審査に通りづらいでしょう。安定した収入と金銭の管理体制が、ローンの審査に通過するポイントです。

初回30日間利息0円!

カードローンの審査難易度は比較できない理由

カードローンの審査基準がわからないのは、金融機関側の事情と考えられます。基準を公表すると、それを参考にした人々が悪い策略に出るかもしれません。

たとえばお金を借りる可能性を上げるために、申請情報を細工することがあるでしょう。アルバイトなのに正社員と偽ったり、収入を多めに申告したりするのが好例です。しかしこのような虚偽申告は、審査に落ちやすいといえます。

初回30日間利息0円!

ほかにも「◯◯なら簡単に借りられる」とインターネットで周知され、お金に責任をもたない人が殺到するかもしれません。借りるだけ借りて踏み倒す人が現れるリスクが高まるのです。

以上から金融機関はカードローンに限らず、住宅ローンやクレジットカードなど、あらゆるサービスの審査基準を明かしません。

審査に通過できるポイントは情報を正直かつ正確に書くことです。誤字脱字も印象が悪くなります。借りたぶんを返せるだけの継続収入があることも重要です。

お金に対する責任感も守りましょう。月々の収入をぜいたくに使いすぎないことや、お金を銀行口座に収めたりなどの丁寧な管理をすることが重要です。カードの支払いは常に期限を守り、ローンは決まった時期に一定のお金を返し続けましょう。

カードローンの審査基準は正確に知れませんが、常識的にお金を扱っていれば多くの金融機関で審査に通れるでしょう。

初回30日間利息0円!

カードローンの審査に関するQ&A

カードローンの審査基準とは?
ほとんどの場合、審査基準は非公開ですが、一般的には「年収」「勤続年数」「家族構成」「勤務先が上場企業か否か」「持ち家の有無」といった情報に基づいて貸し出しできるか否かを判断していると考えられます。
審査に必要な年収を証明する書類は?
「年収を証明する書類」としては、法令上、以下の書類が定められています。
(1) 源泉徴収票(直近の期間に係るもの)
(2) 支払調書(直近の期間に係るもの)
(3) 給与の支払明細書(直近の2カ月分以上(地方税額の記載があれば1カ月分)のもの)
(4) 確定申告書(直近の期間に係るもの)
(5) 青色申告決算書(直近の期間に係るもの)
(6) 収支内訳書(直近の期間に係るもの)
(7) 納税通知書(直近の期間に係るもの)
(8) 納税証明書(直近の期間に係るもの)
(9) 所得証明書(直近の期間に係るもの)
(10) 年金証書
(11) 年金通知書(直近の期間に係るもの)
※上記(4)から(9)の書類については、複数年分の事業所得を用いて年収を計算する場合には、その複数年分の書類が必要となります。
審査には何日くらいかかりますか?
会社にもよりますが、最短で30分で借りることができるカードローン会社もあります。
審査結果はどのようにして連絡がくるのですか?
一般的には、審査結果のお知らせは、メールまたはお電話にてお知らせします。電話による確認をされたくない場合は、事前に伝えることでメールのみの対応をしていただける会社も存在します。

調査概要

調査目的 カート゛ローンのこ゛利用経験か゛ある方への満足度に関する調査
調査対象 カート゛ローンのこ゛利用経験か゛ある方
調査方法 クロス・マーケティング
調査対象者数 500名
調査実施期間 2021年4月
調査対象地域 日本国内
母集団 カート゛ローンのこ゛利用経験か゛ある、20歳~69歳の男女500名

10秒で簡易審査結果表示!

記事の監修者及びコメントいただいた専門家

監修者・金子賢司

ファイナンシャルプランナー

立教大学法学部卒業後、東証一部上場企業に入社。その後、保険業界に転身し、ファイナンシャルプランナー(FP)として活動を開始。FPの最上級資格CFP資格を取得し、個人・法人のお金に関する相談を受けながら、北海道のテレビ番組のコメンテーターなどとしても活動している。

■保有資格:
CFP資格(日本FP協会)・住宅ローンアドバイザー・損保マスタ・TLC損害保険トータルプランナー

■専門分野:
保険 生命保険 損害保険 資産運用 iDeCo NISA ローン カードローン 住宅ローン 介護 相続 ライフプラン

HP:ファイナンシャルプランナー(FP) 金子賢司
Twitter:@NICE4611


金子賢司の関連記事一覧
大森隆一郎
コメントいただいた専門家
大森隆一郎

みずほ銀行執行役員
J.Score代表取締役社長CEO

大阪大学法学部卒業後、旧富士銀行入行。みずほ銀行の個人部門にて、金融マーケティングやコンサルティングビジネス、チャネル開発を中心に行う。2012年から4年間ローン業務開発部長をつとめ、2015年みずほ銀行執行役員に就任
2016年、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資するFintech事業である「株式会社J.Score」代表取締役社長CEOに就任。日本初のAIスコアサービスをローンチ、「情報銀行」参入を整備するなど創業期としての事業基盤を構築し、2020年3月退任。
その後、株式会社みずほプライベートウエルスマネジメントの取締役副社長に就任。
2020年9月より株式会社ZUUに参画し、新たなスコアビジネスの立ち上げを推進。