アイフルではスマートフォンアプリを使って、手続きを手軽に進めることができます。しかし、「アイフルの公式アプリって本当に便利なのだろうか?」と疑問に思う人もいるでしょう。

今回はアイフルの公式アプリについて知りたい人のために、特徴や使い方などを紹介します。この記事を参考にスマートフォンアプリを使って借り入れや返済をスムーズに進めましょう。

アイフルの公式アプリとは

アイフル,アプリ
(画像=PIXTA)

アイフルはスマートフォンで使える公式アプリを配信しています。iPhoneならApp Store、AndroidならGoogle Playからダウンロードできるので、利用を考えている人はダウンロードをおすすめします。

24時間365日利用可能なので、店舗を利用できないときでも手続きができます。簡単なログインや利用状況の確認など、お金の管理に必要な作業をスムーズに進められることが特徴です。また、新規申し込みなどの手続きもすぐに終わらせることができます。

アイフルの公式アプリのメリット

アイフルの公式アプリをダウンロードすれば、どのような恩恵を受けられるのでしょうか。生体認証によるログインや返済計画のサポートなど、充実したサービスがアイフルの強みです。

・生体認証でログイン可能

ログインする際に、多くのサイトで見られるようなIDとパスワードの入力は必要ありません。生体認証またはPINコードを入れるだけで会員メニューを利用できます。セキュリティのために、パスワードを複雑な文字列で設定することが多いですが、複雑な分、忘れてしまうリスクもあります。

生体認証やPINコードといった簡単なログイン方法を利用できることは、アイフルのアプリの魅力の一つです。

・カードなしでも借り入れや返済が可能

アイフルでは、申し込み時にカードを受け取る必要がなく、簡単な手順で借り入れや返済ができます。全国のセブン銀行ATMを中心に多くの金融機関で手続きできるので、自宅近くで取引が完結する人も多いのではないでしょうか。インターネットバンキングの口座があれば、自宅にいながら取引することもできます。

・スマホならプライバシーにも配慮

スマートフォンアプリを使えば、誰にも知られずに申し込みや借り入れなどができます。お金を借りていることを家族や友人、勤務先などに知られたくない人でも、余計な心配をしなくてもよいでしょう。

アプリを起動することで、場所を問わず新規申し込みができるほか、借り入れや返済も完結できます。全国のコンビニにあるセブン銀行ATMやアイフルATMを使えば、誰にも知られずに返済を進められます。

・返済計画につながるサポートの充実

アイフルのアプリを使えば、利用状況などもチェックできます。返済金額や利用残高をリアルタイムでチェックできるほか、利用限度額を引き上げたいときの申し込みもアプリから可能です。

アイフルのアプリで申し込み前にできること

借り入れを申し込む前でも、アイフルのアプリは役に立ちます。事前診断や返済シミュレーションもスマートフォンだけで完結できることを覚えておきましょう。

・申請前の1秒診断

アイフルのアプリでは事前診断も可能です。年齢や雇用形態、年収などの必要事項を入力したら1秒後に診断結果が出ます。診断結果を参考にアイフルを利用すべきかどうかを判断できます。

本当にお金を借りられるか不安な人でも、1秒診断を使えば、そのモヤモヤを解決できます。自身のお金に関する信用状態を見極める意味でも有効だと言えるでしょう。

・返済シミュレーションを利用しよう

アプリからも返済シミュレーションを行えます。スマートフォンから申し込む前の準備を簡単に済ませられるというメリットがあります。借りたい金額、利率、返済予定の回数を指定するだけでシミュレーションが可能です。適切にお金を管理できれば、シミュレーションどおりに完済できる可能性もあるので、計画的な利用を心がけましょう。

アイフルのアプリは申し込みもラク

アイフルの公式アプリを使えば、シンプルな手順で申し込みが可能です。基本的な流れや必要な書類を解説します。

・新規申し込みの流れ

ログイン後に申し込みフォームへ入りましょう。本人確認書類の読み込みがありますが、運転免許証を使えば、本人情報の入力を省略できます。車の免許がない人は健康保険証や住民基本台帳カードなどを使いますが、その際は通常どおりに個人情報入力へ向かいます。

最短30分で審査が終わり、電話またはメールで結果を確認しましょう。審査通過後は本人確認書類のほか、場合によっては収入証明書の提示も必要なので、メールで提出方法を確かめてください。スマートフォンから契約手続きを済ませれば、お金を借りられるようになります。

・必要な書類をチェックしておこう

スマートフォンからアイフルへ申し込む場合も指定の書類が必要です。本人確認書類は運転免許証を使えば、プロフィールなどの入力をカットして審査に入れます。それ以外でもパスポートや住民基本台帳カードなどが提出書類として有効です。

収入証明書は50万円超の限度額を設定したり、他社と合わせて借入総額が100万円を超えたりする場合などに必要になります。状況に応じて必要な書類を確認し、不備がないように手続きを進めましょう。

契約成立後にアイフルのアプリでできること

契約が成立した後で、スマートフォンアプリを使ってできることをまとめました。ATMでの取引やキャンペーンなど充実したサービスを受けられるので注目です。

・セブン銀行「スマホATM」で取引できる

アプリを使えば、セブン銀行ATM「スマホATM」をはじめ、さまざまな金融機関で借り入れや返済ができます。「スマホATM」では、ログインをして融資ボタンを押し、ATMの画面にある所定のQRコードをかざします。アイフルの企業番号、アプリの暗証番号、借入金額を入力すれば、お金を借りられる仕組みになっています。

また、返済ボタンでお金を返す手続きもあります。QRコードをかざしたり、企業番号を入れたりするなど基本的な手順は借りるときと同じです。

・利用可能な金融機関も検索できる

スマートフォンアプリからアイフルでの取引に使える金融機関を検索できます。地図や最寄り駅の名前などからアイフルの店舗、ATMを探し出せるので試してみましょう。自宅や勤務先、よく利用する店などの最寄りの金融機関を調べるうえで大切な機能です。金融機関までの経路を確認したり、移動時間の想定ができたりする点で、金融機関の検索機能も有用でしょう。

・利用限度額アップもアプリから申し込み可能

利用限度額の引き上げもWeb完結で可能なので、スマートフォンアプリから申し込めます。追加借り入れの場合は簡単な手続きで済ませられますが、利用限度額のアップは追加審査が必要です。増額専用の申し込みフォームから必須情報を入力し、審査結果を待ちましょう。

新規申し込みのときは通過できても、金銭面での信用度合いによっては限度額アップを認めてもらえない可能性もあるので注意です。

・キャンペーンもアプリで確認できる

アプリから、アイフルが実施しているキャンペーンをチェックすることも可能です。

キャンペーンの例として、初めての利用者は30日間無利息というキャンペーンがあります。30日のうちに借りた分を返しきれる見立てがあれば、利息と無縁で借金を終えられるチャンスです。

ほかにも、特別なキャンペーンを展開することがあるかもしれません。定期的に新情報を見ながら、参加できそうなものがあればチャレンジしてみましょう。

アイフルのアプリに関するFAQ

アイフルのアプリを使うにあたり、対処法が分からないこともあるでしょう。以下によくある3つの質問への回答をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

・アプリのインストールや起動ができない場合はどうする?

推奨環境でない端末の場合、アプリを使えないときがあります。公式アプリの推奨環境は、iOSなら10.0、Androidは4.1以降です。スマートフォンが古すぎると使えないおそれがあるので、バージョンを確認しておきましょう。

・QRコードが読み取れないが、どうすればよい?

コンビニやスマートフォンの照明の影響でQRコードを読み取れないことが主な原因と考えられます。特にスマートフォンの画面が暗いときに起こりやすいと言えます。ブルーライトカットモードを解除するなど、明るさを調節しながら再度試してみましょう。

解決しない場合は、コンビニの店員に相談してもよいでしょう。それでも読み取れなければ、別のコンビニやATMを使いましょう。

・カードをもらったが、スマホアプリでも利用できる?

カードを持っていてもアプリは利用可能です。スマートフォンから手続きをした場合、カードレスになりますが、後からカードを発行してもらえます。ただし失くさないように気をつけましょう。状況に応じてカードとアプリを使い分けることで、返済などを効率よく進められるかもしれません。

まとめ

アイフルの公式アプリを使いこなせば、借り入れや返済だけでなく、新規申し込み、利用状況の確認などをスムーズに行えます。シンプルな手順で充実したサービスを受けられることが魅力です。

アイフルの特徴でもある1秒での事前診断や最短30分での審査、即日融資などの強みはスマートフォンアプリでも健在です。お金に困ったときはアイフルのアプリをダウンロードして、借り入れを考えてはいかがでしょうか。

金子賢司
監修者・金子賢司(ファイナンシャルプランナー)
立教大学法学部卒業後、東証一部上場企業に入社。その後、保険業界に転身し、ファイナンシャルプランナー(FP)として活動を開始。FPの最上級資格CFP資格を取得し、個人・法人のお金に関する相談を受けながら、北海道のテレビ番組のコメンテーターなどとしても活動している。

■保有資格:CFP、住宅ローンアドバイザー、損保マスター