2018年6月MEP受賞者インタビューvol.1

587_ext_01_0.png
MEPとは、ZUUメンバーの中で、その月に会社に対して圧倒的(Extraordinary!)なイノベーション、業績貢献、組織改善をもたらしたメンバーに送られる賞です。
今回は2018年6月に受賞されたのは2名。
まずはお一人目、ビジネスソリューション部柘原さんに、受賞時のお気持ち、業務内容、今後の目標など、さまざまなお話を伺いました。

【インタビュー】
ビジネスソリューション部 柘原さん(写真左)

ーまずは柘原さんのお仕事について詳しく教えてください。

柘原:ビジネスソリューション部(以下BS)に所属しており、BSではインサイドセールス、フィールドセールス、コンサルチームがあるんですが、僕はフィールドセールスを担当しています。一日に3~5件ほどお客様とご面談しています。訪問先の業種は金融・不動産・経営コンサルタントと多岐に渡り、各企業の部長クラス以上の方々とお話しする機会が多いです。

ー面談をされる際に大切にされていることはありますか?

柘原:2つあります。お客様が自身に相談しやすい関係を構築すること、経営課題にインパクトのある解決策をご提案することです。そのためにはお客様が気付いていない課題や可能性を見つけることが必要なので、その意味ではZUUのValueである、”鬼速PDCA“でお客様の課題を仮設設定し、提案、検証というフローをPDCAを回すことで仮説提案力が向上する経験を多く積ませてもらっていますね。と胸を張って答えておきます。(笑)

ーなるほど、たくましいですね。ではMEPを受賞したときのお気持ちはいかがでした?

柘原:受賞の半年前に転職したばかりだったのですが、半年で成果が見えるカタチになったということがとても嬉しかったです。実は初転職でZUUに入り、転職=即戦力のイメージでしたので、結果をださなければとプレッシャーを感じる毎日でした。営業は売上数字が一番の評価ポイントなので。とは言えど、ZUUはここが違うなと感じるのが、売上数字をつくる過程をきちんと見てくれていること、そして何のスキルが付いているのかを教えてもらえることが、日々の営業のモチベーションになっていました。そのような評価をしてくださる会社への貢献や、高い目標を達成できたことは大きな充実感に繋がりました。
 

ーMEPの受賞後は何か変わりましたか?

柘原:運も味方に付いてきてくれていると感じます。数字が苦しい時に、インサイドチームから受注しやすい案件をパスしていただいたり、前任者が良い関係構築をしてくれていたおかげもあり、すぐに案件が進められるタイミングに出くわす、何故だかそんな運気が上がっているように感じることもありました(笑)

ー環境的にもだいぶ変化があったのではないですか?

柘原:そうですね、数字だけではなくもっと全体を見ようという意識も芽生えていて、会社全体のことを考えながら仕事をするようになりました。それから新しく入ってくる方のフォローも任せていただくことになりました。一緒に目標に向かって打ち込める仲間が増えることはとても楽しみですね。

ーそうするとプライベートの時間はあまりない……?

柘原:いえ、プライベートの時間もしっかりと充実していますよ。お酒が好きなので、
同僚と誘い合わせることも多くて、そのおかげでコミュニケーションも深まっています。
 

ーオンオフともに充実しているんですね。では最後に今後の目標について教えてください。

柘原:この会社はValueに基いて個人の努力をしっかり見てくれる良い会社だと思います。例えばですが、私も入社当時は売上や数字に捉われて、プロセスを楽しめない時期もありました。しかし、”鬼速PDCA“という、常に仮説や課題は何かという視点を持ち、PDCAで行動し続けることが大切だというフレームワークのおかげもあり、そこをきちんと実施できているかどうか、過程も重要視されていると感じています。今後は新たなメンバーも増えるので、BS全体がより良いチームとしてレベルアップを図っていけるように、仕組み化とPDCAをまわしやすい体制構築に携わっていきたいです。

ありがとうございます。柘原さんの今後の活躍を期待しています!
インタビュアー :コーポレート部 広報 湯本