2017年上期最優秀ディスラプターインタビューVol.2

48_ext_01_0.jpg

2017年上期3名のDisrupter(ディスラプター)2人目の紹介です。
なんと、今回投票数が一番多い方が2名並びました。その内のひとりは、大手外資系コンサルティング企業出身、パートナーアライアンス統括本部中島さんです。

ーDisruptを設定した当時のお気持ちは?

中島: 私は2016年5月にZUUに入社し、これまで2回のdisrupterの発表を見届けてきています。その際、身近にいる人が受賞したことの影響は大きかったと思います。日々彼らからノウハウを学びとり、さらにお客様により高い品質のサービスを提供するには、という観点でチャレンジングな目標を設定しました。

ー具体的にどのような取り組みをされたのですか?

中島: お客様にとって最適なメディア運営を、自社でのZUU onlineの運営経験を上手く活かして実現できるように動きました。企画づくりから技術的な面でのプロジェクトの進行の面まで考え、作り上げていったことは大きな糧になりましたね。 各社様の課題を経営の目線で整理し、具体的なアクションに落としていくことで最大限の価値創出ができるよう常に考えていました。

ー今後の目標を教えてください。

中島: すでにZUUは、様々な金融商品・サービスを提供するお客様と数多くのプラットフォームを一緒に運営しています。今後はZUU onlineも含めてそれぞれがより密接に繋がり、金融経済メディアプラットフォームとしての世界観が拡大していくことを目指していきたいです。

何事にも動じずに物事を進められる中島さん、今後も周囲を巻き込みさらなる成果を生み出し続けていくことでしょう!